42℃のお風呂で免疫力アップ!

ここでは、「42℃のお風呂で免疫力アップ!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


風呂

昨年末以来、日本列島をノロウイルス被害が被っています。その上、寒さが増すにつれてインフルエンザに罹る人も急増しているようです。

それだけではありません。日本列島は依然として、福島原発事故処理が終わっていないために連日、放射能の飛散という悲劇的な状況に置かれています。

この放射能飛散という未曾有の災害の中にありながら、政府は知らんぷりを繰り返しています。国民が次々に放射能被害に遭っても、それが元で大病になったり死亡しても、吾関せずといったところです。



もう、こうなったら政府や医者をあてにすることはできません。国民一人一人が自分の肉体の免疫力を高めて、放射脳汚染やノロウイルスが蔓延する日本の中で生き抜いて行くしかありません。

そもそも免疫力というのは、体内に入った細菌やウィルス、また体内で発生したガン細胞などの異物から身を守る力のことです。

本来生まれながらにして人間が持っている、自分で自分を守る力のことを言います。その免疫力のほとんどは、血液中の白血球に存在しているそうです。



それでは免疫力を高めるためには何をしたらいいのか、と言うことですが、一般的には下記のようなことが挙げられます。

1.適度な運動をする:体を温め、免疫力を高めるために欠かせません。

2.質の良い睡眠をとる:ぐっすり眠ることです。ご存知のように、心も身体も昼間の活動の緊張から解放され、リラックスできるのが睡眠中です。その睡眠中には、免疫細胞の働きがとても活発になり、免疫力が高まるというわけです。

3.バランスの良い食事を心がける:免疫力を高める食べ物を上手に摂ること。そのためにも、日本の伝統食とも言える、玄米や野菜中心の食生活を心掛けること。

4.入浴:ゆっくり入浴することは、身体を芯から温め、全身を心地よくほぐしながら免疫力を高める良い方法です。このことに関しては下記の、Yahooの記事も参考にしてください。

5.よく笑うこと:笑うと免疫細胞が活性化するという研究データが出ているぐらいですから、笑えば血行が良くなり、ストレスに関するホルモンが減って、心が穏やかになるなどの効果があります。

6.薬や抗生物質を乱用しない:薬や抗生物質への安易な依存は、長期服用の副作用は言うに及ばず、免疫力の低下につながります。



ところで、免疫力を高めるために、バランスのいい食事が大事だと言いましたが、それは、食べた物がすぐに腸内の働きに影響を与えてしまうからです。

その腸の中には、免疫細胞が身体全体の約6割も存在しているそうです。それだけに、腸に存在する免疫細胞の力を活性化できる食べ物を摂っているかどうかが、免疫力を大きく左右することになります。

つまり、腸内の免疫細胞を強くすることが、免疫力を高める一番の方法だと言えます。



では、免疫力を高める食べ物とは、いったい何なのでしょうか? それは、私たち日本人が昔から続けている食生活の中にあります。

ご存知のように、漬物(ぬか漬け)、味噌、醤油などの発酵食品が身体を丈夫にすることは、古くから日本人の知恵として受け継がれてきました。

この日本文化の土台とも言える、その発酵食品づくりに不可欠なのが、植物由来の乳酸菌です。和食には、この乳酸菌で発酵させた多くの発酵食品があります。



これは、海に囲まれた高温多湿な日本の風土・気候が関係しているようです。日本は自然の恵みが豊かな反面、食べ物が腐りやすいという弱点がありました。

そこで発酵食品が造られるようになったわけですが、発酵食品は保存がきくだけでなく、風味や健康面でも優れており、日本人にピッタリ合った食品です。

要するに、日本人は、昔から植物由来の乳酸菌を摂ることで免疫力を強化してきたと言うことになります。

しかしながら、現代の日本人は食の欧米化とともに、植物由来の乳酸菌を摂取する機会が減ってきました。ですから、今こそ植物由来の乳酸菌を積極的に摂取して、免疫力を高めるようにすることが大切です。



この乳酸菌に関しては色々な商品が、乳酸菌入りとして市販されています。ですが、それらの多くには何かしらの添加物が混入されていますし、結構、値の張るものもあります。

ですから、家庭で乳酸菌飲料を作るようにすると、より安価で、より安全なものができます。ネット上でもよく紹介されていますが、下記のサイトでは豆乳ヨーグルトの作り方を紹介されていますので、参考にされるといいと思います。

http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-293.html

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14152650



さてその他、免疫力を高める方法として、上記にも言いましたが入浴に関して「Yahooニュース」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

12月に入り、日本各地でノロウイルスが猛威をふるっている。山梨では619人が、広島では1381人がそれぞれ仕出し弁当を食べて集団食中毒になり、どちらもノロウイルスが検出された。

また、国立感染症研究所の調査では、インフルエンザの報告数が7週連続で増加しており、寒さや乾燥が本格化するこれからの時期、注意が必要だという。

予防のためには、うがいや手洗いをすることが基本中の基本だが、「それに加えて、体の免疫力を上げることで、風邪はもちろん、ノロウイルスインフルエンザなども予防する方法があります」と話すのは、修文大学健康栄養学部教授の伊藤要子さん。

伊藤さんが勧める予防法は、ヒートショックプロテイン(以下HSP)を活用する方法だ。

「病気やけがによって、体内のたんぱく質(細胞など)は損傷しますが、その傷ついたたんぱく質を修復しているのが、HSPです。

さらに、修復不可能になってしまった不要なたんぱく質を分解に導くのもHSP。HSPが増加すれば、自己修復力を高めることができるのです」(伊藤さん、以下「」内同)

だが、HSPの効果は、それだけにとどまらない。

「人間には、体内に侵入した細菌やウイルスを死滅させるナチュラルキラー細胞や、細胞にウイルスなどが侵入したことを伝達する樹状細胞などの免疫細胞がありますが、HSPはそれらを増加させたり、活性化させたりする働きがあるので、免疫力を高めてくれるのです」

つまり原理的には、HSPを増加させれば体全体の免疫力がアップし、風邪はもちろん、インフルエンザノロウイルスなどにも感染しにくくなるというわけだ。今後、糖尿病治療やうつ病、がん治療にもなることを期待されている。

HSPはもともと体内にあるが、伊藤さんによれば、加齢とともに減少してしまうのだという。特に、60才を過ぎるころから激減するとか…。

そこで登場するのが、「42℃のお風呂」。これは伊藤さんが提唱する“HSP入浴”で、週2回、42℃のお風呂に入れば、誰でもHSPを簡単に増やすことができるというものだ。基本的には42℃のお湯に肩まで10分間つかるだけ。

「HSPは体温が1~2℃上昇する環境で作られます。運動などでも増加しますが、42℃くらいのお湯につかることで体温も38℃以上に上がるため、HSPが増加します。入浴習慣がある日本人にとっては、お風呂こそ手軽な方法です。

40℃でも41℃でもHSPは増加しますが、温度が高いほうが効率的に増やすことができる。ただし、高温だと皮膚に炎症を起こす危険性もあるので、42℃の“HSP入浴”がベストなんです」(※女性セブン2013年1月10・17日号)

ーー引用はここまでーー




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/96-6bf6f0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。