健康への脅威は飢餓よりも肥満

ここでは、「健康への脅威は飢餓よりも肥満」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


肥満問題

これまでに何度も肥満問題について言及してきましたが、世界的に見て、飢餓よりも肥満の方が人々の健康にとって大問題である、とまで言われるようになっているとは驚きです。

アメリカのCNNが報じているところによりますと、イギリスの医学雑誌『ランセット』に「肥満は今や世界中で、飢えよりも深刻な健康上の大きな問題となっており、身体的な障害を引き起こす最大の原因にもなっている」、との研究リポートが掲載されたそうです。

更に、CNNでは下記のように報じております。(「Yahoo」より)



ーー引用はここからーー

50カ国の研究者約500人が、「世界における疾病がもたらす負担」と題された研究リポートのために、1990年から2010年までの健診データを比較し、世界の人々の健康状態の傾向に大きな変化があることを発見した。

リポートの共著者で、この共同研究を主導した米ワシントン大学のアリー・モクダッド教授によると、伝染病で命を落とす子どもの数が予防接種のおかげで激減したため死亡率には大きな変化が見えたが、その一方で、肥満が世界的に増加しており、その影響が表れ始めているという。

サハラ以南のアフリカ諸国を除く全ての国で肥満率は驚くほど高くなっている。肥満は、世界全体では調査期間の20年間で82%増加し、中東諸国では倍増して過去最高水準になった。

いわゆる「欧米型ライフスタイル」が世界中に行き渡りつつあり、どこにおいても同じ影響をもたらしているとモクダッド教授は指摘する。

また、肥満による健康への悪影響は飢えによるものを上回っている。今回の研究で明らかになったのは、糖尿病や脳卒中、心疾患などの非伝染性疾患が初めて、長期的な疾患やけがの主要な原因となったということだ。

モグダッド教授は、肥満が多くの人々の腰痛の原因にもなっており、肥満率が下がれば、非伝染性疾患や腰痛に苦しむ人も減少するとの見通しを示す。

平均寿命では1990年の予測よりも、男性は10.7年、女性は12.6年長生きしており、医療技術の進歩がその要因だと考えられている。

しかし、人生を終える時まで平均14年間を病気や痛みを抱えて過ごしており、延びた分の人生における生活の質は決して高くはないこともこの研究で明らかになった。

脳卒中に襲われた人の命を救えるようにはなったが、命を救われた人は、その後何年も障害を抱えて生きることになり、生活の質は大きく低下することになる。

欧米諸国では、心疾患で死亡する人は70%減少したが、心疾患と診断される人の数は驚異的ペースで増加している。

世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長によると、非伝染性疾患は世界に蔓延(まんえん)する重大な脅威だ。2011年の国連総会での演説で同氏は、非伝染性疾患を「やがて堤防を決壊させるかもしれないスローモーションの大災害」に例えている。

同じ年には、国連総会でハイレベル会合が開かれ、肥満などの非伝染性疾患の蔓延を防ぐための「政治宣言」が採択された。疾病問題のための特別会合開催は、約10年前のエイズ対策会合の開催に次ぎ2度目のことだった。

非伝染性疾患の治療よりも、その予防に力を入れる方が経済的メリットは大きい可能性がある。

世界経済フォーラムと米ハーバード大学の2011年の共同研究リポートによると、今後20年間で非伝染性疾患により30兆ドル(約2500兆円)の費用負担が生じ、これと精神疾患による負担の16兆ドル(約1300兆円)とが重なって、何百万人もの人を貧困に追いやりかねないことが懸念されている。

政治家らがこれらの数字に注目し、この悪い流れを変えるために取れる対策を見出すことが望まれるとモクダッド教授は指摘した。

ーー引用はここまでーー



こうした情報を見る度に、人間とは何と愚かな存在だろうと思わざるを得ません。一方で日々の食料にも事欠き、必要最低限の栄養すらも摂取できずに餓死している人々が大勢いると言われているのに、他方でこうして、肥満で健康を害している人々も沢山いるという訳ですからね。

しかし、よく考えて見ますと、飢餓も肥満もどちらも人為的な原因が元になっています。飢餓で苦しんでいるアフリカの人々はそれぞれの国が内線などを繰り返して、人々を苦しめてきた結果です。

そして、その内線を煽ってきたのが背後で武器を供与して利権を漁ってきた、欧米各国の先進国です。それも主に、多国籍大企業や国際金融資本家と言われる連中です。



彼等は自らがアフリカ諸国が内線に突入するように仕向けて置いて、武器を供与して、その見返りに莫大な利権を手に入れ、その後で、国連などを利用して自分達の金は出さずに、難民救済などを謳った活動をさせているだけです。

内線を起こす火種を創り、戦争をさせるというマッチポンプの役目をしておいて、一方で難民救済などの人道支援などをアピールしているのですから、全く厚顔無恥な連中です。

また、肥満の問題にしても、先の多国籍企業がハンバーガーなどのジャンクフードを世界中に普及させて、人々を肥満にさせて健康を害して、大製薬会社などの同じ多国籍企業が病院や医者と結託して大量の医薬品などを販売して膨大な利益を上げているのです。



アメリカの大手保険会社なども、こうした連中の仲間と見て間違いないと思います。不健康な人々が増えるほど、その健康不安に乗じて生命保険などを売りまくっているわけです。

日本でも、テレビコマーシャルに占めるアメリカの大手保険会社の頻度は大変なものがあります。日本の保険会社のコマーシャルなどは微々たるものになっています。

とにかく、飢餓にしても肥満にしても、全ては或る目的を持って、世界の人々を欺き、自分達の想い通りにしたいと画策している連中の深慮遠謀による結果である、と思わざるを得ません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/89-b7b30b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。