精神医療の問題点

ここでは、「精神医療の問題点」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


誤診

近年は「うつ病」を始めとして精神的な疾患を患う人々が急増して、精神科病棟は患者が押し掛け、精神科医は多忙を極めているようです。

その所為でしょうか、精神科での医師達の対応に対して多くの問題点が指摘されるようになってきました。

その一つが、「抗不安薬・睡眠薬依存」という問題です。精神的疾患の患者に医師がやたらに向精神薬や睡眠薬を投与した結果です。



何と、病院で専門治療を受ける薬物依存症患者の2割が、処方薬依存の患者となっているそうです。特に、女性患者は処方薬依存の割合が高く、入院する薬物依存症患者の4割を占める病院もあると言うのですから、正に驚きです。

ご存知の方も多いかも知れませんが、こうした精神薬には麻薬と同様の副作用を呈する薬剤が含まれています。ですから、薬によって自殺衝動に駆られたという患者も結構おられますし、実際に薬が原因と思われる突発的な自殺をした方も報告されています。

唯、自殺者の検死なども十分に行われているかどうか分かりませんので、精神薬が原因で自殺した人がどの程度いるのかは定かではありません。



私の知人の弟さんも長らく統合性失調症で薬を服薬していましたが、普段から衝動的な行動を取ることが多かったようで、最後は2階から飛び降りてしまい、それが元で病院で亡くなった方があります。

それから、精神科医の患者に対する暴言などが多く指摘されているのも大きな問題です。これは他の総合病院などでも、医師の横柄で冷ややかな言動にショックを受けたという患者からの苦情を、よく耳にすることと同様です。

しかし、精神科医の場合は精神に不安を感じている患者が相手ですから、医師の態度に対して、余計に患者側の反応が敏感になるものと思います。



昔、私の所に指圧の勉強に来ていた女性が、或る精神科医と付き合っていた時の話を聞いたことがありましたが、その精神科医が彼女に言った言葉や言動を聞いて、これはその精神科医の方が狂っているなと感じ、彼の方こそ、精神病ではないかと疑ったことがありました。

その精神科医は、非常に無神経に彼女を傷付けるような言動を続けていたように感じましたので、彼女に対して直ぐに別れるように助言したほどでした。幸い、その後、彼女も縁を切りましたがね・・・。

指摘されている精神科医の言動のなかには、下記のようなことが上げられています。

「精神科医の言動が変だ」「どちらが病気なのか分からない」「主治医に処方薬依存の記事を見せたら急に怒り出した」「インクのシミの見え方(ロールシャッハテスト)だけで人格に問題があると決めつけられた」「初診で抗不安薬が2剤と睡眠薬が3剤出た」「担当医が変わる度に診断名が変わる。私は一体なんなのでしょうか」



他の肉体的な症状と違って、患者自身も自分の症状に対して、何処がどうなっているのかがハッキリしない精神的な症状をいいことに、精神科医は好き勝手に患者をいじくり回している、と言えるほどの精神科医が結構いるということです。

勿論、患者のことを真剣に考え、真摯に対応している精神科医が大多数でしょうが、上記に上げたような苦情をもたらされる精神科医もいると言うことです。

最後に、「ヨミドクター」に寄せられていた患者さんの苦情の内容を下記に紹介しておきます。



ーー引用はここからーー

精神医療が、あたり前のようにまかり通っている世の中が嫌でたまりません。患者の心を救うはずの向精神薬の中には、依存性の高い、言わば麻薬の様な薬もあります。それなのに、精神科医は平気でそんな薬を処方する。

どんなに薬の事を精神科医に話しても、「ネットの情報は見るな!」「薬の本は見るな!」と言う。しかも、私が通院する病院の医師や看護師、精神保健福祉士、作業療法士はみな、言葉が横柄。

一番、患者を傷付けてはいけないそんな医療スタッフが、平気で患者を傷つけるありさまなのです。

医師にそれを訴えたところで、改善されるどころか薬を増やし、あろう事か「うっぷんがたまっていますね。カウンセリングを受けた方がよい」と言う。「は?」。意味がわからない。

しょせん患者は金のなる木。私が通う病院も、こんな時代に病棟が新しくなる。患者の為の治療ではない。平気で患者を薬漬けにし、スタッフの暴言で患者を追い詰め(実際に自殺した患者までいる)ている。

国はもっと、日本の精神医療のあり方をしっかり考えて欲しい。患者がどんなにこの現状を訴えたところで、何も変わらないのが私は悲しい。

ーー引用はここまでーー



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/83-e2bb514f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。