寝相(寝姿)について

ここでは、「寝相(寝姿)について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)

x26.png
「世の中のいいね集まれ」より)

あなたは夜寝る時、どういう寝相をしていますか。私は基本的にはうつ伏せで寝て、夜間、トイレで用を足した後では、横向きなどに変えたりしています。

以前は、左右の横向きが主でしたが、近年はうつぶせ寝が良さそうだと思い、それを中心にしていますが、寝ている間に寝返りを打ったり、途中でトイレに行くために起きたりして、その都度、寝相も変えています。

ですから、特にこの寝相がいいとか、悪いとかは考えていません。でも、世の中には寝相によって健康が左右されると考えたり、寝相は人の性格を表すなどと言う人々もあるようです。



例えば、冒頭の図にあるような色々な寝相に関して、下記のような性格判断をしている方もあるようです。一体、どこに根拠があるのかは知れませんが、お遊び程度に考えるのは問題ありませんね。


①胎児型(横向きで丸まってねる):警戒心が強い反面、依存心も強い。いつも誰かに保護されたいという
依存心が強く、人付き合いが苦手でいつもストレスを感時て居る。
 
②半胎児型 (横向きで少し膝をまげて寝る):自分の利き腕を下にして寝る人が多くバランスのとれた安定している。常識的で協調性もある。ただし、人の良さだけが取り柄で、「毒にも薬にもならない」性格の場合も。
 
③うつぶせ型」几帳面だが自己中心的。他人のミスを許すことが出来ず、それがストレスの原因になっている
 
④王者型:親の期待を一身に引き受けて育ったタイプで自分に強い自信を持っています。安定した人柄で柔軟な性格を持っていますが女性の細やかな感情を理解するのが苦手。(男性の場合)
 
⑤抱きつき型(布団やまくらをはさんで寝る):理想が高く、それが実現できないでいるタイプ。そのため慢性的な欲求不満を抱えている。
          
⑥冬ごもり型(布団にもぐりこんで寝る):深い洞察力を持った人。物事を慎重に考える。それゆえに些細なことがストレスになりやすい。
 
⑦囚人型(横向きでくるぶしを重ねて寝る):仕事や対人関係で悩みを抱えている。くるぶしを重ねるのは何か不安の表れで苦しみを表している。
      
⑧膝が山型(膝を立てて寝る):神経質で短気な性格。記憶力がよい。しかしそれが仇となっていつまでも根に持ちクヨクヨし続けます。
 
⑨スフィンクス型(ひざまずいて背中を丸くしてねる):不眠症や眠りの浅い人に多い。早く昼の世界に戻りたいと望んでいる子どもに多く見られます。
                            
⑩やすらぎ型(胸の上に両手を置いてねる):大きな悩みを抱えている人のスタイル。胸に手を当てているのは何かから身を守ろうとしているため  日常生活をおくっている最中に突然不安に襲われることあります。肉体的な悩みを持っている。

 

ところで、寝相の中でも、左を下にして寝ると健康にもいいということを強調している方もあるようです。「Cadot カド」といサイトでは、『左向きで寝続けた結果、体に起きるある変化がスゴイ…!』という記事を掲載していました。



ーー引用はここからーー

この世に生きる生物全てが必要とする『睡眠』

『人はなぜ眠るのか」、『睡眠がなぜ必要なのか』は完全には解き明かされていませんが、その多くは脳や体を休ませ、生命を維持することに必要不可欠だと考えられています。また、人の成長や寿命にも睡眠は多くの関わりが研究によって明らかにされてきました。

そんな睡眠を取る際は、誰もが個々それぞれに寝やすい態勢があるかと思います。

仰向け、うつ伏せ、横向きなど、人によって安眠出来る寝相は様々。

しかし、眠りにつきやすい姿勢=体に最も良い姿勢とは限らない…ということをご存知ですか? そんな体に最もメリットをもたらす睡眠時の姿勢が研究によって明らかになったと大きな注目を集めています。

アユールヴェーダの専門医、John Douillard博士によると、健康上最もメリットの多い睡眠時の姿勢は【左向き寝】だと結論付け。

この姿勢がどの姿勢よりもデメリットが少なく、健康を維持し長寿を得ることも可能なのだそうです! 今回、そんな【左向き寝】をすることによって、もたらされるメリットについてご紹介します。


1.胸焼けの消化不良を引き起こさない

脂っこい食事や激辛料理を食べた後は、左向きを意識して寝たほうがいいようです。左向きの姿勢で眠ることで、胸焼けの症状を緩和することができるのだとか。理由は胃の形にあるようで、反対に右向きで眠る場合は、胃酸が食道を逆流してしまい、胸焼けを起こす原因となってしまうそうです。


2.『いびき』改善

「他人のいびきがうるさくて、一睡もできなかった」なんて経験はありませんか?もしかしたら彼らの治療法は、寝る向きを変えるだけでいいのかもしれません。【閉塞性睡眠時無呼吸症候群】に悩む人には、左向き寝が効果的なのだそうです。仰向けの状態で寝ているとき、重力で舌の付け根部が気道を圧迫し、いびきの原因となることがあります。左向き寝をすればこれを改善することができ、いびきが発生しなくなります。


3.消化吸収を助ける

John Douillard博士は、このように主張します。『左向きに寝る際、重力によって消化器官では、食べたものの移動がスムーズになる。』具体的には小腸から大腸へと排泄物が移動しやすくなり、お通じが良くなるのだそうです。


4.心臓に負担がかからない

人間の器官の中でもっとも重要なのが心臓。左向きに寝ることで、この心臓の健康まで保たれるというのです。左向きに寝た場合、心臓に向かってリンパ液が排出されることで、睡眠を助長し、心臓はムダな動きをせず、休息状態が得られるそうです。


5.脾(ひ)臓の状態を整える

心臓と同じように、左向きの恩恵を受ける器官が脾(ひ)臓。この臓器はリンパの塊のようなもの。脾臓は体の左側に位置しているため、心臓同様に重力に逆らわない左向きが最適だそうです。


6.リンパの流れを改善

首や脇の下を通るリンパ節。このリンパのバランスを整えることこそ、健康を維持するうえで必要不可欠と言っても過言ではありません。「Healthy Life Trick」も、睡眠健康法として左向きを推奨するほど。
理由は、人間の体を流れるリンパの主要な部分は左側にあり、そちらを下にすることで、毒素や老廃物をろ過する働きがあるためだそうです。


7.血液の循環を良くする

血液の循環を促進し、静脈瘤の危険を予防できるのだそうです。体の右側を流れる大動脈に圧力がかからないため、血液の循環が滞りなくスムーズに行われます。特に、足の静脈に血液が詰まり、血管がボコっと浮き出ている人に、左向きの実践を呼びかけましょう。


8.妊娠時、胎児への血液循環を良くする

妊婦さんであれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?妊娠時は左向きに寝ることで血液の循環が改善し、胎児の健康へも大きく影響があるそうです。

ーー引用はここまでーー



上記で述べられていることに、どれほどの真実があるのかは分かりません。成程と思えるところもありますので、興味のある方は参考にしてください。

ちなみに、私は昔は右下にして横向きで寝る方が好きでしたが、近年、下腹部の違和感などがあり、左下にして寝ることが多くなりました。

人それぞれ、体格の違いや、身体の歪みなどがあり、例え、左下に寝たほうがいいと言われても、何となく違和感があって寝にくいという方もあります。



一番大事なことは、気持よく睡眠がとれる姿勢で寝ることだと思います。残念ながら、近年の私は、頻尿気味で夜間に何度も起こされてしまいますので、とても充分な睡眠を取っているとはいえません。

でも、そのことに文句を言っても始まらないので、何度も夜間に起きることは氣にしないようにしています。日中でも眠気を催せば、昼寝をすればいいと考えています。

何事も専門家が言うような理想的なことはありませんので、誰が内を言おうが、それに左右されずに生きることが必要ではないかと思います。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!




ヨーグルトの種としてはもちろん、漬物や梅干し作り、味噌に入れて混ぜておけば本物の発酵味噌に、ペットや下駄箱の消臭にも家中薄めてシュッシュッ、歯磨き後にもぶくぶくゴクン、お風呂にも垂らして顔や手にも塗ってツルツル。子供には味が馴染めないようで味噌汁やジュースに毎日入れています。腸など体の中が発酵してくると唾液や涙にも悪い菌を食べてくれる良い乳酸菌がいるそうです



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/826-8c946b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。