気持ちがブルーなときは視界も曇る

ここでは、「気持ちがブルーなときは視界も曇る」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

a376f351.jpg

誰でも、ヒドイ悲しみや苦しみに遭った時には気分が落ち込み、暗い気持ちになるものです。そうした時には周りのことには余り関心が持てず、何となく景色が薄暗く感じたりすることがあります。

実際は、自分自身の心の在り方が次第で、周りの景色が違って見えるわけですが、それがどうしてそのように見える化について、アメリカの心理学者が実験をしたという報道がありました。

例えば、「カラパイア」では、下記のような記事を掲載しています。



ーー引用はここからーー

気持ちなブルーなときは視界も曇る。悲しみに沈んだ人間が世界は真っ暗だと例えることがあるが、暗い気分のとき、世界は実際に灰色がかかって見えるらしい。

アメリカの心理学者の研究によって、悲しみが色の認識に影響することが判明した。実験で悲しい気分にさせられた被験者は、色相環の青-黄軸の色を見分け難くなっていたそうだ。

実験では、127名の男女に無作為に割り当てられた映像を一つだけ鑑賞するよう指示した。映像は2種類あった。一方は、シンバが崖から転落して死んだ父の亡骸の側で泣きじゃくる『ライオン・キング』から抜粋した悲しいシーン、そしてもう一方はお笑い番組から抜粋したおかしなシーンだった。なお、これらの映像が狙った感情を引き起こす効果については先行研究で確認されている。

映像鑑賞後、参加者には48種類の彩度を減じた色が提示され、それぞれが赤、黄、緑、青のいずれであるか回答を求められた。

すると悲しい映像を観た被験者は、そうでない被験者と比べて、青-黄軸上の色を特定する精度が低かった。赤-緑軸については、精度に差異はなかった。

「研究結果は、気分や感情が周囲の世界の認識に影響を与えることを示しています」と論文の著者である米ロチェスター大学のクリストファー・ソーステンソン氏は話す。同氏によれば、悲しみは特に色の認識に関連する基本的な視覚プロセスに影響するという。

悲しいときの色の見え方には脳内のドーパミンの減少が関連しているようだ。というのも、先行研究において、ドーパミンの欠乏によって青-黄軸の色の認識が阻害されることが判明しているからだ。ドーパミンは脳の報酬中枢のコントロールを助ける神経伝達物質である。

青色と黄色の認識が阻害され、赤-緑軸の認識には影響がないことから、悲しにみよって単にやる気が失われていたり、覚醒度や注意力が低下している可能性は棄却できるそうだ。

原典:via:dailymail

ーー引用はここまでーー



さて、色の見え方については、季節によっても違って見えるそうでですよ。それについてイギリスの大学で調査した研究結果を、「カラパイア」で、『季節によって色の見え方が変わる』と題して報じています。 


ーー引用はここからーー

人間は青、緑、黄、赤の4種類の色相を認識している。これらには他の色がまったく混ざっていないように見える色(例えば、黄緑ではなく黄色、青緑ではなく緑など)があり、これをユニーク色という。

中でも純粋な黄色、すなわちユニーク黄は特に科学者の興味を引く。多くの人にとってこの色が安定しているからだ。このことは、目が人によって大きく異なっているにもかかわらず、ユニーク黄の見え方については誰もが一致していることを意味している。

英ヨーク大学心理学科のローレン・ウェルボーン博士らは、この色が安定して見える理由と、それを変化させる要因について調査を開始した。なお、対象となった色はユニーク黄とユニーク緑だ。

その結果、視覚は環境の変化に合わせて季節ごとに異なることが判明した。例えば、夏には緑の草木が増えるため、視覚は緑色が増えているという要素を考慮しなくてはならない。一方で、冬になれば草木が枯れて色彩は乏しくなる。

視覚はこうした変化を差し引いており、その結果として黄色の見え方が変わるようだ。ある意味、テレビのカラーバランスが変化しているようなものだ。

夏のユニーク黄の見え方は短波長寄り、つまりより黄緑っぽく見えるようになる。これは夏に緑の光が増えたために、目の中にある中波長感受性錐体からL-M反対色処理経路への入力を減らすからだ(M錐体は、中波長光に最も敏感で、緑色の増加に強く影響を受ける)。反対に、冬ではより長波長寄り、つまり赤みを帯びた黄色に見える。

ウェルボーン博士によれば、L-M反対色処理経路はユニーク黄の見え方の主因であり、そこへの入力の強度が変わることで、ユニーク黄の色合いが変わるのだそうだ。

研究では、67名の男女に暗い部屋の中で色彩計を使い、ユニーク黄を認識するまでダイヤルを回してもらった。これを冬と夏に行うことで、季節によるユニーク黄の差異を観察した。

本研究は、環境の自然な変化が色の認識に影響していることを明らかにした初めてのものだ。視覚処理の仕組みの理解が進むことで、視覚障害の診断と治療に役立つようになるだろう。

原典:york.ac.uk

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!




ヨーグルトの種としてはもちろん、漬物や梅干し作り、味噌に入れて混ぜておけば本物の発酵味噌に、ペットや下駄箱の消臭にも家中薄めてシュッシュッ、歯磨き後にもぶくぶくゴクン、お風呂にも垂らして顔や手にも塗ってツルツル。子供には味が馴染めないようで味噌汁やジュースに毎日入れています。腸など体の中が発酵してくると唾液や涙にも悪い菌を食べてくれる良い乳酸菌がいるそうです



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/807-17e9c967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。