プラセボ効果(プラシーボ効果)

ここでは、「プラセボ効果(プラシーボ効果)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

【驚愕】思い込み(プラセボ効果)で病気が治る実験結果が明らかに



これまでにも何度か取り上げましたが、昔から洋の東西を問わず、治療の場において、プラセボ効果(プラシーボ効果)ということが話題に上ることがあります。

そもそも、プラセボ効果とは「偽薬効果」とも呼ばれている通り、「本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒すること」を意味しています。が、そのメカニズムは未だに、明らかにされていない状態です。

このプラセボ効果について、「カラパイア」では下記のような記事を掲載していました。



ーー引用はここからーー

プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬効果とも呼ばれており、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒することを意味する。だがそのメカニズムは完全には解明されていない。

プラセボ効果は絶大なる威力を発揮する。ある研究では、偽物の鎮痛剤を処方された患者は、それが偽薬と明かされた後でも引き続き鎮痛効果を得ていたそうだ。

だが、そこにはちょっとした秘訣がある。それは脳の学習機能にあるようだ。

こうした鎮痛効果を引き続き得るためには、治療には効果があると十分な時間をかけて患者に信じ込ませることが条件なのだ。人は思い込みの力で自然治癒力をアップさせてしまうようだ。

継続的に鎮痛効果を得ていたのは、実験を4回受けてから種明かしをされた患者で、1回しか受けていない患者は、鎮痛効果を得ることがなかった。


研究の中心人物、米コロラド大学ボルダー校のトール・ウェイジャー氏によれば、プラセボ効果の条件についてはまだ明らかになっていないことが多いという。

「私たちの現在の考えでは、これには治療に対する確信と、その確信を裏付ける体験が必要です。これらの体験から脳が学習し、治療が本物であるものとして反応するようになるのでしょう。一度学習してしまえば、本人が治療を信じていなくても、脳は偽薬に対して同様に反応を続けるのです」

この理論を検証するために、研究チームは54名の被験者の腕に、火傷はしないがはっきりとした痛みを感じる47.5度の熱を加えた。熱を加えながら、患部に鎮痛剤と伝えた軟膏を塗布した。実のところ、軟膏は青い染料で染め、薬の容器に入れた何の変哲もないワセリンである。

塗布後、加熱を止め、まるで患者に治療が効いているかのように錯覚させた。患者の錯覚をさらに補強するために、薬の説明書を読んでもらい、肝機能障害や他の薬を服用中でないか問診している。

この結果、患者の脳が偽薬から効果を得ることを学習するために必要な実験回数は、4回であることが判明した。

研究に携わったスコット・シェーファー氏は、この発見によって薬物依存症の治療や、手術を受けた患者の疼痛コントロールの新手法へ向けたドアが開くのではないかと期待している。偽薬が脳内の鎮痛物質の放出を促すことはこれまでも知られていたが、その全容を解明するにはさらなる研究が必要なようだ。
 
(原文:dailymai

ーー引用はここまでーー



また、イギリスの開業医のほぼ全員がプラシーボ効果を狙って偽薬を処方したことがある、という研究もされているようで、同じく「カラパイア」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

3月21日に発表されたオックスフォード大学とサウサンプトン大学の合同チームが一般開業医783人に行ったインターネット調査によると、医師の大多数が偽薬や有効性の証明されていない治療法を用いたことがあると回答した。

これには、有効成分を少量に抑えた薬や、問題となっている症状に対する有効性が証明されていない栄養補助食品(サプリメント)、ウイルス感染が疑われる場合にもかかわらず抗生物質を処方することなどが挙げられている。

医師のうち約12%は、砂糖を固めた錠剤や食塩水など有効成分がまったく入っていない「正真正銘の偽薬」を使ってさえいた。

また「プラシーボ薬」を使うことは「絶対に認められない」と答えたのは33%だけで、66%が「状況によっては許せる」と答えた。さらに必要がないのに健康診断や血液検査を行うなど不謹慎とされる措置も「(患者の心を落ち着かせる為)場合によっては許される」と84%の医師が答えた。


なぜ医師らは、プラシーボ薬を使用するのか?

その理由を多くの医師は、患者から治療を強くせがまれた場合や患者を安心させるための「心理的な治療効果を与えるため」と回答した。

ただし、90%以上の医師が、患者との信頼関係が脅かされる場合にはプラシーボ薬を処方するべきでないとしており、また80%以上の医師が患者を「だます」ことになる場合は反対だと回答した。


臨床でのプラシーボ薬の使用は英国の医療監督機関である英医事委員会の倫理指針や英国医師会の方針にも反している。

しかし、論文の共著者であるオックスフォード大のジェレミー・ハウイック氏はこの調査結果について、「プラシーボ効果を狙った治療は、医師が患者をだましていることには当たらない。

調査結果により、英国で広くプラシーボ薬が使われていることが示されたが、医師たちはそれが患者の助けになると考えてやっている」と述べている。さらにプラシーボ効果を医師らが広く支持しているという証拠が示されたことから、倫理指針を見直すべきだとも述べた。

また、米オンライン科学誌「プロスワン」に発表された同研究によると、プラシーボ効果を狙った措置は英国以外の国でも同程度に行われているという。

原典:BBC

ーー引用はここまでーー



さて、プラセボ効果(プラシーボ効果)については、昔の日本の医師も患者に対してよく利用していたフシがあります。

例えば、患者が胃の不調を訴えたりして来院した時に、医者は大したことはないと判断すると、胃薬の代わりに小麦粉を少し包んで渡したりしました。

患者は、それを本当の胃薬だと思い服用する内に、胃の調子が回復した、という例はちょくちょくありました。例え、小麦粉であっても患者が胃薬と信じて服用することで病状が回復したわけです。



これは薬がどうこうではなく、患者が普段から医師を信頼していて、その医師からもらった薬(小麦粉)だから効果があると信じ切っていたことが考えられます。

要は、患者自身が自己暗示に掛けて病状を回復したとも言えます。このことは非常に大事なことだと思います。何故なら、病気のメカニズムの一端を教えてくれているからです。

そもそも、病気という症状は全て、自分自身が作り出したものです。従って、それを回復するのも、自分が持っている自然治癒能力(免疫力)だけです。病気を医者や薬が治してくれるわけではありません。



例え、小麦粉であっても、それが信頼している医者から頂いたものだから効くだろうという、自分自身の強い信念(自分の想い)が症状を回復したわけですから、自分で自分の病状を治したと言えます。

他の似たような例を上げますと、あるガンの末期患者が、貧困のために病院にも行けず、薬も買えない状況にあった時、ある有名な女医さんのウワサを聞いて、何としても一度会いたい、自分の病気を見てもらいたいと願っていました。

しかし、カネがないので、どうしようもありませんでした。でも、何とか一度、会いたいという気持ちを抑えきれずに、その女医さんの所を訪ねたわけです。



その女医さんは有名な台湾の方で、たまたま日本に立ち寄っておられたそうで、本来なら、カネも無いような末期ガンの患者などはみられないでしょうが、その時は、この患者さんに会われてたそうです。

そして、その患者さんは女医さんに「私の病気(ガン)は治るでしょうか?」と聞いたそうです。その時、その女医さんは「はい、治ります!」と、きっぱりと笑顔で返事をされたそうです。

その言葉を聞いて、その患者はその女医さんを信じ切って、「あの立派な女医さんが「治る」と言ってくれたのだから、絶対に治る」、と確信したそうです。



すると、後日、その通りになり、彼女は自分の末期ガンを完全に治してしまったそうです。世間では、それを偶然とか、奇跡とか言うかもしれませんが、これも実はその患者さん自身が治したわけです。

人間の想い(想念)というものは、全てを創造しています。ですから、自分の想った通りの人生を送れるわけです。自分で病気が治ると思えば、治るわけです。

と同時に、自分の想いが暗い、マイナスなエネルギーに覆われていると、病気という症状を創り出してしまいます。この道理が分かれば、将来、誰も病気で苦しむこともなくなり、医師もいらなくなるはずです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!




ヨーグルトの種としてはもちろん、漬物や梅干し作り、味噌に入れて混ぜておけば本物の発酵味噌に、ペットや下駄箱の消臭にも家中薄めてシュッシュッ、歯磨き後にもぶくぶくゴクン、お風呂にも垂らして顔や手にも塗ってツルツル。子供には味が馴染めないようで味噌汁やジュースに毎日入れています。腸など体の中が発酵してくると唾液や涙にも悪い菌を食べてくれる良い乳酸菌がいるそうです



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/795-036affa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。