新聞を読むときの参考資料

ここでは、「新聞を読むときの参考資料」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


東大話法

先の衆議院議員選挙の様子を見るまでもなく、近年の大手マスコミテレビ局の報道姿勢は実に、欺瞞に満ちたもので、権力者に媚びへつらい、人々を扇動した偏向報道に終始しています。

これは今に始まったことではないと思います。昔からマスコミは権力者が国民を操縦するための道具に使われて来たものです。それを隠すために、自らを「社会の木鐸」(社会の人々をめざめさせ,教え導く人)などと称して人々を騙して来たわけです。

ところが、インターネットなどの急激な普及によって、人々のマスコミに対する意識が変わって来て、新聞を購読しなくなったり、テレビを見なくなった方が急増しています。



しかし、未だに大手マスコミやテレビ局はそのことを十分に認識していないようです。ネット上を中心に、マスコミは「マスゴミ」などと揶揄されているにも拘わらずです・・・。

さて、そうしたマスコミの偏向報道に対して、私達がどう判断したらいいのかの材料について、「二階堂ドットコム」では下記のような記事を掲げておられましたので、ここに紹介致します。


ーー引用はここからーー

新聞を読むためのゴミディクショナリー↓

売国マスゴミによる印象操作

自民党用          民主党用

「世襲」      → 「サラブレッド」
「派閥」      → 「グループ」
「お友達内閣」 ..→  「挙党体制」←【※今ここ】
「高級料亭」    →  「日本料理店」
「バラマキ」    →  「コンクリートから人へ」
「タカ派」     →  「毅然とした対応」
「政権公約」   →  「マニフェスト」←【※あくまでも選挙用の嘘】
「変わってない」..→  「チぇンジ」
「ぶれている」  → 「柔軟」
「独裁」     → 「リーダーシップがある 」
「ポピュリズム」 → 「民意」
「閣内不一致」  → 「閣内で様々な意見がある」


更に、アカピ用語集というものもあるよ。

【朝日新聞の用語集】

「しかし、だからといって」
   ここから先が本音であるという意味

「議論が尽くされていない」
   自分たち好みの結論が出ていないという意味

「国民の合意が得られていない」
   自分たちの意見が採用されていないという意味

「異論が噴出している」
   自分たちが反対しているという意味

「政府は何もやっていない」
   自分たち好みの行動を取っていないという意味

「内外に様々な波紋を呼んでいる」
   自分たちとその仲間が騒いでいるという意味

「心無い中傷」
   自分たちが反論できない批判という意味

「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
   アンケートで自分達に不利な結果が出てしまいましたという意味

「アジア諸国」
   中国、韓国および北朝鮮の事、それ以外の多くのアジアの国は含まれない

「説明責任を果たしていない」
   反対する言い訳がすべて論破され、反対理由は「説明責任」のみになってしまったという意味                   
「本当の解決策を求める」
   何も具体策はないがとにかく政府等のやり方はダメだという意味

「冷静になる、落ち着く」
   自分たちが今は劣勢なので、今は世論と勝負したくないという意味

「ただ、気になることがある」
   論理薄弱のため心配事の表現形式で、自社主張の「なんくせに誘導しますよ」という意味

以上、新聞を読むときの参考まで。

ーー引用はここまでーー



上記のような表現をしているのは、朝日新聞だけではありません。NHKのニュースやニュース解説などを見ても同様の表現を多用しています。

こうした表現方法は、東大教授の安冨歩が著書『原発危機と「東大話法」』の中でしてきされている「東大話法」そのものだ、と言う気がします。

その東大話法とは、「常に自らを傍観者の立場に置き、自分の論理の欠点は巧みにごまかしつつ、論争相手の弱点を徹底的に攻撃することで、明らかに間違った主張や学説をあたかも正しいものであるかのように装い、さらにその主張を通すことを可能にしてしまう、論争の技法であると同時にそれを支える思考方法」だと言われています。

こうした論法でくるマスコミに対しては、上記で指摘されているような要点を参考にして、自らで判断する習慣を付ける必要があると思います。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/79-2318eb9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。