梅干しパワー

ここでは、「梅干しパワー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

umebo.jpg
化学農薬・化学肥料を使用せずに育てた梅を原料に天塩で三年漬けした後、土用干しを行い、再び、無農薬・無消毒の赤しそで漬けた、昔ながらの素朴な味わいの梅干です。古くからの「在来種」を育て、収穫、塩漬三年、天日干、色付けという方法で作った梅干です。 長い間樽の中で熟成させることで、酸味や梅干がまろやかになるのです。


古来から日本人の食卓には無くてはならなかった「梅干し」ですが、近年は食生活の西洋化やコメ離れのために、梅干しの消費量も激減しているようです。

梅の生産者にとっては死活問題でしょうから、少しでも消費の拡大を図るために、最近では昔ながらの梅と塩とシソだけで漬けたものではなく、蜂蜜などをタップリと使った甘い梅干しが多く流通しています。

最近の人はトマトとのような野菜にまでも甘い味を求めたり、何物にも甘い物をよしとする傾向にありますから、その流れで梅の生産者も、蜂蜜入りの甘い梅干しを売り出しているものと思います。

しかしながら、本来の昔風の塩だけで漬けた梅干しに馴染んできた者には、この蜂蜜入りの梅干しは、とても口にできません。まあ、デザートして摂取するつもりなら、いいのかも知れませんがね・・・。



ところで、梅干しを毎日食べていれば医者要らずと言われているほど、伝統的な健康食品で、食欲増進や殺菌効果に加え、「夏バテに効く」「二日酔いにいい」「風邪をひかない」と言った、万能薬のような効能が謳われてきまhした。

これは単なる言い伝えではなく、多くは科学的に効果が証明され、胃がん対策新型インフルエンザ感染予防といった新たな健康効果も明らかになってきています。

一体、どのような効果が証明されているのかと言いますと、主に下記のようなことが言われています。(「紀州梅効能研究会」より)



1.インフルエンザ予防:梅からインフルエンザウイルスの増殖を抑制する新規機能性化合物が発見され、今後、応用に向けた研究への発展が期待されています。

2.胃がん予防:梅の中には、胃に障害を及ぼすヘリコバクターピロリ菌の運動能力を阻害または抑制する効果のある物質が含まれていることが発見されています。

3.糖尿病予防:梅の中には、血糖値の上昇、肥満等に関連づけられる酵素(α-グルコシダーゼ)の働きを効果的に阻害する成分が含まれていることが発見されています。

4.食中毒予防:梅干しを食べると食あたりになりにくいという昔からの言い伝えがありますが、梅干しが食中毒菌である「黄色ブドウ球菌(MRSA)」や「病原性大腸菌(O-157)」といった食中毒菌の増殖を抑制する作用(制菌作用)があり、食中毒を予防する働きがあることが明らかになっています。

5.動脈硬化の抑制:梅干しはアンギオテンシンⅡという血管収縮性作用のあるホルモンの働きを調整し、血圧の上昇を抑え動脈硬化の発生を抑制する作用があります。

また、血液中のコレステロールなどの脂質が増えると高脂血症になり、血管内で血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を起こしますが、梅干しを食べることにより血液の流れがなめらかになり、発症を予防できるそうです。

6.血液浄化作用:ドロドロ血液の正体は血液中の脂質です。これが血液中に多くなると高脂血症になり、ドロドロ血液になると言われています。梅干しに含まれるクエン酸は、ドロドロ血液の原因である酸性を中和させ、血液をサラサラにするそうです。

7.抗酸化活性作用:活性酸素は癌や生活習慣病を引き起こす原因といわれていますが、梅干しに含まれる梅リグナンには酸化反応を抑制する作用があり、細胞や組織が酸化するのを防ぐとされています。

8.疲労回復効果:梅干に含まれる「クエン酸」には、疲れの原因となる乳酸を抑える働きがあります。「梅干を食べると身体の調子が良い」という声をよく聞きますが、これは「疲労を感じる物質を体内で作らない」ということだそうです。

9.食欲増進効果:梅干しを見たり、思い出したりするだけで、口の中に唾液が広がりますが、梅の酸味が体内の消化器官を刺激し唾液など消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させるとともに消化を助けます。

また、梅干しに誘発されて出る唾液の質はサラサラで、口の中に残った食べかすや細菌を洗い流しやすく、虫歯予防にもなるそうです。

10.虫歯予防:虫歯の原因となるのが、ミュータンスと呼ばれる球菌ですが、梅干に含まれるクエン酸は、このミュータンスの活動を抑え、虫歯を予防してくれるそうです。砕いた梅干を、お湯に入れて口に含むだけで、歯磨きと同じ効果をもたらすとも言われています。

11.カルシウムの吸収促進:骨の材料であるカルシウムは水に溶けにくく吸収率の低い栄養素ですが、クエン酸と一緒に摂取すると水溶性に変化し腸管からの吸収率がアップし、骨の老化を予防するそうです。

12.ダイエット効果:クエン酸が豊富な梅干は、エネルギーを無駄なく変換でき、余分な脂肪を作りません。また、食事をすることによる血糖値の上昇なども妨げますので、ゆっくりと梅干を食べながら摂る食事は、ダイエットにも効果があるそうです。

13.高血圧化の抑制:梅には塩分がありますが、梅に含まれる塩分と血圧の関係について調べたところ、梅干は高血圧化を抑える働きがあることが明らかになりました。

14・鎮痛作用:「こめかみに梅干しを貼ると頭痛が治る」という言い伝えがありますが、医学的に頭痛に梅干しは効くそうです。梅干しの香り成分ベンズアルデヒドには、痛みを鎮静・軽減する効果があるそうで、わざわざこめかみに貼らなくても、香りを嗅ぐだけで同じ効果は得られるとのことです。

15.驚異の梅パワー:梅は人間の体の中で直接、血や肉となるものではありませんが、体の基幹部分すべてにエネルギーを与え健康にしてくれる、健康管理に利用したい栄養食品です。



私は、梅干しはそのまま食しますが、他の料理に合わせて利用すると、また違った食感や食味を味わえると思います。下記に幾つかのレシピを紹介しておきますので、ご利用ください。


<梅干しだしの冷やしうどん>(「みんなのきょうの料理」より)

材料:2人分

・稲庭うどん (乾) 150g
・梅干し 4コ
・みょうが 1コ
・とろろ昆布 適量
・青柚子の皮 適量
・白ごま 適量
・酒 大さじ3
・しょうゆ 少々


つくり方

1.鍋に酒大さじ3を入れて沸騰させ、アルコール分をとばす。水カップ2+1/2、梅干しを加え、もう一度沸騰したら火を弱め、15分間煮て火を止める。粗熱が取れたら、酸に強い材質の容器に移して冷蔵庫に入れて、半日以上おく。(梅が堅い場合は、竹ぐしなどで刺して穴をあけると味が出やすい。)

2.みょうがはせん切りにして水にさらし、水けをきる。

3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、稲庭うどんを袋の表示時間どおりにゆでる。流水で洗って氷水にとって冷やし、水けをよくきって器に盛る。

4.1の梅を容器から取り出し、種を除いてよくほぐす。残っただしはしょうゆ少々を加え、味を調える。

5.(3)に(4)のだしを回しかけ、ほぐした梅と(2)、とろろ昆布を盛り、すりおろした青柚子の皮、白ごまをひねりながら散らす。



<オクラと梅の冷製パスタ>「レタスクラブネット」より)

umesupa.jpg

材料:2人分

オクラ…5本
梅干し…大1個
おろしにんにく…1片分
レモン汁…小さじ1
スパゲッティ(カペッリーニなど極細のもの、またはそうめん)…160g
塩、オリーブ油、酒、しょうゆ


つくり方

1.スパゲッティは塩を加えた熱湯でかためにゆでて湯をきる。オリーブ油大さじ1をまぶし、粗熱をとって冷蔵庫に入れて10~15分おく。

2.オクラを塩でこすって洗い、塩を加えた熱湯でさっとゆで、へたと種を除いてみじん切りに。

3.梅干しは種を除いて包丁でたたき、にんにく、酒小さじ1、しょうゆ大さじ1、レモン汁とよく混ぜ合わせる。

4.(1)と(2)を混ぜて皿に盛り、(3)をかける。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/772-ffeef3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。