志摩の水族館で「巨大金魚」発見!

ここでは、「志摩の水族館で「巨大金魚」発見!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

巨大古代魚 ピラルクーの食餌映像



あなたも、上の動画にあるような、南米アマゾンに生息する巨大淡水魚の「ピラルクー」についてはご存知のことと思います。日本でも大きな水族館で飼育されていますからね。

そのピラルクーですが、「ウィキペディア」では下記のように説明されています。


『ピラルクー(学名:Arapaima gigas)は、アロワナ目アロワナ科ヘテロティス亜科に属する魚。現存するアラパイマ属唯一の種である。体長3m以上になり、世界最大の淡水魚の一つに数えられる。

シーラカンスと同様に生きた化石としてよく知られているピラルク。シーラカンス同様に1億年以上の時をその姿を変えずに生きてきた、まさに生きた化石です。

南米のアマゾン川流域に分布し、沼地や川の流れのゆるい所に生息する。熱帯の淡水域では酸欠状態がおこりやすいが、ピラルクーはたまに水面に口を出して息継ぎをする。

うきぶくろから肺のように空気呼吸ができる。 他にタイとマレーシアの河川に、スポーツフィッシング用に移入され、生息している。 食性は肉食性で、おもに小魚を捕食する。

繁殖はオスとメスがつがいになって卵や稚魚の世話をする。稚魚はオタマジャクシのように全身が黒く、水面に群れをなして泳ぎ、親魚が下から見守る。稚魚の食欲は旺盛で、成長は早い。』



冒頭の動画で見ても分かりますが、このピラルクは身体が巨大だけでなく、全身が固い鎧のような「うろこ」で覆われています。

このうろこは、「特定の機能を実現するために生物由来物質が果たした進化の顕著な一例」だと指摘されており、「特にピラニアのかみつきに対して、多重レベルの防御で対抗するためにある」という研究結果が発表されています。

ところで今日の話題は、このピラルクではなく、志摩の水族館でピラルクルの餌として水槽に入れられていた金魚(以前は、金魚が餌として利用されていたそうです。現在は固形の餌に替わっています。)のことです。



実は、7年前に餌として水槽に入れられていた小さな金魚が、その難を逃れて別の場所に移って、その後、すくすくと育ち、発見された時には25センチにもなっていたそうです。

この件に関して、「Yahooニュース」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

■志摩の水族館 暗闇耐え、すくすく成長25センチ

kin.jpg

三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」の浄化槽で、体長25センチ、体重360グラムの巨大金魚が見つかった。関係者が調べたところ、もともとは世界最大の肉食淡水魚「ピラルク」のエサだったが、水槽の排水口から“脱出”。

地下の浄化槽まで逃げのびて7年以上も潜伏していたとみられる。暗闇の中で潜伏していたためか、赤い色素が抜けて“黄金色”に輝いているようにも見える姿に飼育員らも「奇跡」と驚いた。(川西健士郎)

◆飼育員もびっくり

「大きな魚がいる」

4月5日、ピラルクを飼育している水槽の地下にある浄化槽(縦5メートル、横3メートル)を清掃していた飼育員が魚影を見つけた。網ですくい上げると、巨大な金魚が姿を見せた。

里中知之館長は「実は、7年ほど前までピラルクのエサは小さな金魚だった。現在では固形のエサを与えているんですけどね」と証言する。

アマゾン川流域に生息する「世界最大の淡水魚」ピラルクは「生きた化石」とも呼ばれ、大きいものは全長3メートルを超える。水槽を悠然と泳ぐ姿とは裏腹に小魚を主食とする肉食魚としても知られる。

◆1センチ排水口スルリ

飼育員らがピラルクの水槽を調べたところ、水面付近にある排水口に直径約1センチの穴が無数にあることがわかった。魚の侵入を防ぐためだが、問題の金魚はこの穴をすり抜けて地下の浄化槽まで流れ落ちたとみられる。

当時、ピラルクの水槽に放っていた金魚は体長3センチほどが多かったといい、「驚いて必死に逃げたのかもしれません」と里中館長は苦笑いを浮かべた。

ピラルクから命からがら逃げ出した金魚だが、浄化槽ではかなり快適な生活を送っていたようだ。深さ30センチの浄化槽の底には砂が敷きつめられ、ピラルクの水槽から固形エサの残りカスなどが絶えず流れ落ちているという。飼育員の出口大輔さん(20)は「残りカスといっても栄養バランスはばっちり。食生活は相当恵まれていたと思う」と解説する。

◆清掃作業流されず

その一方で、浄化槽にたまったゴミを除去する月1回程度の清掃作業「逆洗」で何度も身の危険にさらされてきた。

「体の小さい金魚が一緒に流されてもおかしくない。一度も流されなかったのは奇跡」と出口さんは目を丸くする。

地下にある浄化槽は普段は真っ暗闇で、飼育員らは投光器を片手に作業している。そんな飼育員らの目もかいくぐり、金魚はすくすくと成長した。「魚がいるとはまったく想像できなかった」と出口さん。

金魚の発見後、同水族館は春季特別展「春らんまん 金魚ワールド」で、浄化槽で発見した金魚を5月31日まで展示した。

体色は黄色がかっているが、専門家らによると、真っ暗闇の中で育ったために光が不足し、もともとの赤い色素が抜けた可能性があるという。

さらには、金魚は環境さえ良ければ20年以上も生きることができ、体長も30センチ程度まで成長する。金魚を観賞した人のなかには、光の当たらない場所で孤独に暮らしてきた境遇に共感したとの声もあがっている。

巨大金魚は大きな話題になっているが、里中館長は「エサ用の金魚を“看板魚”にするのは少し気が引けます。だから、こっそりと再開したい」と話し、21日から展示を再開するという。

ーー引用はここまでーー



私も昔、水槽で金魚を長らく飼っていましたが、残念ながら、それほど長生きをするものはいませんでした。ですが、金魚は結構、大きくなるようで、ネット上でも30センチ以上に育った金魚の写真なども掲載されていました。

それにしても今回の金魚が生き延びて、大きく成長したことは正に奇跡的です。飼育係としては、餌にしていた金魚が生き延びていたことを知って、複雑な気持ちだったと思われます。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/766-54010328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。