気象病(お天気病)

ここでは、「気象病(お天気病)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

気象病(お天気痛)の防ぎ方 メニエール病・頭痛・ひざ痛・ぜんそく・めまい・うつ病



春先や梅雨時は温暖の差が激しかったり、雨の日が続いたり、低気圧に覆われたりすることが多いので、私たちの身体にも異変を感じることが多いものです。

昔からよく言われていますが、台風などの襲来してくると、持病(例えば、リューマチなど)が痛み出す、という方の話を聞かされます。これなども、気候と身体に密接な関係があることを教えてくれています。

ご存知のように、人間の身体も「小宇宙」と称せられていますので、常時、地球はもとより広大な宇宙からの何らかの影響を受けています。単に、気候だけの問題ではありません。



こうした気候の変化によって身体に影響を受けることは、人間や動物を始め地球上に生息する全ての生き物について言えることです。

それなのに現代医学では、この季節的な身体の変調をわざわざ、「気象病」とか「お天気病」などと命名して、あたかも病気のような意識を人々に植え付けています。

ウィキペディアなどでは、この気象病のことを下記のように説明しています。



『気象病とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する,あるいは悪化する疾患の総称。代表的なものとして,「天気が悪いと古傷がうずく」天気痛,メニエール病,喘息,めまい症,うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましん、吐き気、心臓発作、脳出血などが知られている。

メカニズムの詳細は不明であるが,気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となり,それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えがある。

また、気圧の低下により人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなるのが原因。主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。体力のない人が気象病になりやすい。』



何時ものことですが、現代医学では、その原因も明らかにされていなのに、単に表面上の症状だけを見て、それに病名をつけるのですから、洵に恐れ入ってしまいます。

原因が分からないということは、その治療法も分からないわけですから、そこに病名をつけても余り意味のないことだと思いますが、現代医学は何らかの病名を付けないと治療が出来ない仕組みになっているようです。

ところで、この気象病について「ヨミドクター」では下記のような記事を掲載していました。



『天気の大きな変化のため、体の機能が追いつかずに起きる病気や、持病の悪化を「気象病」という。増す痛みを「天気痛」ともいう。梅雨、猛暑、雷、台風、秋の気配へと気象が激しく動くシーズン。天気と健康の関係に注意が必要だ。



「梅雨になると持病の頭痛が悪化するからと、毎年この時期だけ頭痛の予防や治療薬をもらいに来る患者さんもいます」。こう語る秋葉原駅クリニック(東京都千代田区)院長で、総合内科専門医の大和田潔さんに気象と健康の関係を聞く。

温度、湿度、気圧など気象の変化に影響を受ける病気や症状は、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、ぜんそく、じんましん、めまい、吐き気、心臓発作、脳出血、うつ病など、極めて幅広い。

特に気圧の変化が、健康に大きな影響を与えている。エレベーターで急上昇すると、気圧の変化で耳がおかしくなるように、人体は目に見えないが、いつも気圧に対応し続けている。

「天気が崩れる前、低気圧が近付いて来る頃に、頭痛が起きやすくなります。気圧の低下で人体の押される力が減り、血管が拡張しやすくなるからです」と大和田さん。

耳の奥に、体のバランスをとっている内耳がある。ここの「センサー細胞」が、「気圧の変化で不調になると、めまいが起きます。関節の膜や神経が刺激されると、関節痛や神経痛が起きます」

大半の人は、多少の混乱が起きてもコントロールする体力を持っている。しかし、体力が十分でない人や、痛みに敏感な患部を持つ人が気象病になりやすい。

(2015年6月14日 読売新聞)』



上記でも言われていますが、こうした気象の影響を受けやすいのは体力が衰えたり、病気を抱えたりしているときが多いわけです。

ですから、普段から自分の免疫力を高めるような習慣を付けておくことが大切です。身体を動かしたり、少食にして腸の働きをよくするとか、植物性の乳酸菌を摂取するとか、自分なりに考えていく必要があります。

例えば、気圧変化によるむくみ症状の予防としては、水分・塩分の取り過ぎに注意し、エクササイズやストレッチなどを行い、日頃から血液循環を改善させる習慣をつけておくことです。

また、何事においても身体を冷やすことが厳禁ですから、冷房などは長時間利用しないことです。そして、入浴で血行を促進し、自律神経のバランスを調えてリラックスすることも大切です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/760-1bf82bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。