首を温めると体調が良くなる

ここでは、「首を温めると体調が良くなる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




人間の身体は何処をとっても大切なところばかりですが、とりわけ「首」は生きていく上で大切な器官が集まっていると言われています。

首には上神経節・中神経節、星状神経節という自律神経(交感神経)のツボのような要所が沢山ありますので、首が冷えると、首の筋肉が硬直し、血流が悪くなります。

そうすると、脳に血液が十分にいかないので、脳細胞に十分な栄養、酸素がいきわたりません。その結果、自律神経の働きが狂ってきます。



要するに、首が冷えると首がこり、そして自律神経失調症の原因になる、と言うわけです。この首こりによって、圧迫刺激され、バランスが崩れ、偏頭痛や吐き気、めまい、睡眠障害といった自律神経失調症状が引き起こされることにもなります。

こうして自律神経の異常が出ると、血圧の変動など、循環器領域や各内臓機能も不安定となり、イライラや情緒不安定などの精神症状にもつながります。

こうしたことを防ぐためには、首の後ろを温めることが有効です。先ほども言いましたように、首には大きな血管が通り、頭を支える筋肉がありますから、ここを温めると全身が温まって、自律神経のバランスも整ってきます。



この首を温めることの大切さについて、「食べない生き方」では、下記のような記事を掲載しています。


ーー引用はここからーー

最近、VDT症候群、別名パソコン病が急増しているそうです。パソコン病とは、パソコンのディスプレイを長時間見続ける事で首に負担が掛かり、肩や背中の凝り、痛み、頭痛、手の痺れ、脱力感などの症状が現れる疾患です。

そもそも頭の重さは、成人で約5kgもあります。因みに、成人男子の脳の重さの平均は1350g。それに頭蓋骨や血管などを合わせると、ボウリングの球くらいの重さになる訳です。この重さを首はいつも支えている事になります。

人間の体において、どこよりも首が重要と言われるのは、生きていく上で大切な器官が集まっているからです。脳に血液を送る頸動脈、呼吸を保つ気管、食物を胃に送る食道、様々なホルモンを分泌する甲状腺、体を動かす全神経が集結した脊髄などがあります。

体の中で、これだけ重要な器官が集まっている所は他にはありません。だから、首の具合が悪くなると、重要な役割を果たせなくなってしまうのです。

首は、脳と体を繋ぐとても重要な部位であり、無数の重要な神経が縦横無尽に張り巡らされています。首の骨には脊髄という重要な神経の束が通っています。

そのため、特に首の上半分は「脳の一部」と言ってもいいくらいであり、脳と全身の橋渡しをする重要な繋ぎ目になっています。

首に密集している神経の中でも、とりわけ重要なものに自律神経があります。首の筋肉に異常が発生すると、副交感神経が圧迫され、その働きが鈍る事により、自律神経失調症が生じるのです。自律神経失調症が、慢性疲労や不定愁訴のような様々な体調不良が起きる原因です。


では、首を守るにはどうしたらいいのでしょうか。一言でいえば、脊椎のS字カーブを維持する姿勢を保つ事です。顎を20度くらい上げた姿勢だと背骨がS字型になります。

首の筋肉の異常を治して、副交感神経が正常に働くようになれば、慢性疲労も不定愁訴と呼ばれる症状もすべて解消します。

首の筋肉にとって冷えは禁物です。入浴をする時は、温かいお風呂に浸かって全身浴をするのが理想的です。その際には、首まできちんと浸かる事が重要です。

お風呂から上がった後は、すぐに髪の毛をドライヤーで乾かす必要があります。濡れた髪の毛はすぐに冷たくなってしまいます。その髪の毛が首に触れ続けると、首の筋肉が急に冷えてしまいます。ドライヤーの温風を首に当てると、首の筋肉が温まり、首凝りを和らげるという効果もあります。

あらゆる病気の原因は、頸椎の歪みによる脳幹の機能低下であり、脳幹を活性化する事が病気の治癒に繋がります。

首の後ろを温める⇒頸椎を囲む筋肉が緩む⇒頸椎が正しい位置に戻る⇒脳幹が本来の機能を回復する

首の後ろを温めると、筋肉内の血管が拡張して血液の流れが良くなり、筋肉の緊張が緩みます。その結果、それまで筋肉に引っ張られて歪んでいた頸椎が正常な位置に戻り、締め付けられていた脳幹が解放され、本来の機能が回復します。

それと同時に、体内では自律神経の調整が行われます。自律神経のバランスが整うと、免疫系、内分泌系、脊髄・筋肉系の働きも連動して良くなり、自己治癒力を発揮できるようになります。

ーー引用はここまでーー



ところで、首の筋肉の異常が原因で発症する17の疾患、として下記のようなことが上げられています。

1.緊張型頭痛
2.眩暈(めまい)
3.自律神経失調症
4.鬱病(うつびょう)
5.パニック障害
6.ムチウチ
7.更年期障害
8.慢性疲労症候群
9.ドライアイ
10.多汗症
11.不眠症
12.機能性胃腸症
13.過敏性腸症候群
14.機能性食道嚥下障害
15.血圧不安定症
16.VDT症候群
17.ドライマウス



ご存知のように、「冷えは万病の元」と言われていますが、何も冬季だけ冷えの用心をすればいいというわけではありません。

近年は、夏場の冷房(エアコン)が普及していますので、冬よりも夏の方が身体を冷やす機会が多いとも言えます。夏場は汗をかいて身体の老廃物を排泄するために大切な季節です。

それなのに、人工的にエアコンで身体を冷やしてしまうわけですから、身体のバランスが崩れてしまいます。そのために夏場に風邪を引いたり、秋口になって体調を崩す方が急増するわけです。



私は冬場もそうですが、特に夏季に冷房のある所に行くときは、首の後ろを温めるために、下記のような「温感シップ」を首の後ろの第七頚椎の所に貼って出かけます。



すると、首筋から背中、肩辺りまでジワーっと温かくなり、冷房の中に居ても耐えることが出来ます。また、最近はマスクも併用するようにしています。


また、冬場には就寝の際に首に絹のスカーフなどを巻いて寝ることにしています。最近は下記のような「ネックウォーマー」などを利用される方も増えているようですね。








さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/754-d77987cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。