玄米乳酸菌の作り方

ここでは、「玄米乳酸菌の作り方」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



日本政府はフクイチ(福島原発)からの放射能汚染物質が連日、水蒸気爆発のような状態で全土に飛散しているにも拘らず、その実態を一切報じないように報道規制を敷いているようです。

そのせいで、マスコミやメディアはフクイチの現状について虚偽と欺瞞に満ちた報道しかしていません。もう、こうなったら国民一人一人が自分の身は自分で守るとの強い信念をもって対処するしかありません。

その対処の方法の一つが、「米のとぎ汁乳酸菌」を家庭で作り、それを飲用することと、それを使って部屋の床をキレイに掃除したり、風呂に入れたりすることです。



この「米のとぎ汁乳酸菌」により期待できる効果としては、下記のようなことが上げられています。

1.免疫力が向上し、抗ウィルス・抗ガン体質になる
2.放射性物質の無害化(体内、室内、土壌、等)
3.強い酸化還元力による若返り効果



そこで改めて、「玄米を使った乳酸菌」の作り方を、飯山一郎氏のサイトから引用させて頂きますので、是非、ご自分で作って見てください。


ーー引用はここからーー

【材料】 2リットルのペットボトル、玄米1合、黒砂糖(3%、60g)、粗塩(1%、20g)、ミネラル水

・ 黒砂糖は、お湯で溶かしてからペットボトルに入れる。
・ 玄米は、洗わないで入れ、取り出さず入れたまま。
・ 黒砂糖、玄米、粗塩、水を入れたペットボトルは、毎日よく振って、
  温かい場所におく。(日光が当たっても大丈夫。)
・ すると、早ければ3日、遅くとも5日くらいで pH3.5 位になる。
  酸っぱくなったら成功! 「これを「酸っぱいは成功のモト」と言う。

・ 納豆菌が多く付着した玄米からつくった乳酸菌液は臭くなる。
  その場合は、柑橘類(レモンなど)の絞り汁を混ぜる。

・ 酸っぱくなった玄米乳酸菌は、毎日半分の量を飲んだり、
  豆乳ヨーグルトをつくったりする。

・ 半分に減ったペットボトルには、ミネラル水か米とぎ汁を入れ、
  入れた量の3%の黒砂糖と、1%の粗塩を継ぎ足す。

・ そうすれば、毎日1リットルの玄米乳酸菌が使用できる。

・ 玄米乳酸菌液は毎日よく振れば、2~3ヶ月はもつ。

・ そうして、10リットルほど溜まったら浴槽に入れ、乳酸菌風呂。

・ 100リットル位の乳酸菌液をつくったら、新玄米と交換する。

・ 古い玄米には塩をふり、カビが生えないようにタッパーに満杯に
  入れておけば、保存食になる。(4~5年はもつ。)

・ 古い玄米はナマのまま良く噛んで食べて、仙人になっても良い。

ーー引用はここまでーー



尚、飯山一郎氏は、日本のヒドイ現状について下記のように語っておられます。


『 とにかく、知恵を絞って工夫しながら、美味しく飲める玄米乳酸菌液を自宅でつくって下さい!>皆の衆

そうすれば自宅の内部のアチコチに乳酸菌が棲みついて、家全体が発酵環境になります。

発酵環境になった家のなかを徹底的に拭き掃除して、空気清浄機を24時間まわす。この部屋が最良の避難場所なのです!

ほんと、ヒドイ国になりました。

火山が爆発すると全員避難なのに、原発が爆発すると避難を妨害される国、ニッポン。

日本列島の全域を猛毒の放射性水蒸気が襲っているのに…、この事実や対応策を政府・マスコミ・知識人は一切言わない。

この国の国民は、牛~自力(じりき)で生き残っていく以外に手はありません。』




尚、上記の玄米乳酸菌を使った「豆乳ヨーグルトの作り方」に関しては、下記をご覧ください。非常に詳しく、分かりやすく説明されています。

=>豆乳ヨーグルトの作り方


もっと簡単に豆乳ヨーグルトを作りたいという方は、下記のの「よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】を使って作る方法が「乳酸菌普及協会」の記事で紹介されています。 



ーー引用はここからーー

最近、新しい方が増えてくると共に、「蓬龍宝」での豆乳ヨーグルトの作り方を教えて欲しいとの依頼が多くなりましたので、ここにまとめてみたいと思います。

まずは、配合から記載します。

豆乳:500g(無調整のもの。市販のもので結構ですが、調整豆乳では固まりません。)

糖蜜または黒糖:25g(ミネラルの多いものを使用します。)

塩:2g(塩もミネラルの多い粗塩を使います。推奨は八百万の塩)

蓬乳酸菌液(ホウロンポウ):25cc


◇作り方

1.鍋を火にかけ、豆乳500gを温めます。温度は人肌程度(40℃前後です)

2.豆乳が温まったら、その中に糖蜜(または黒糖)25gと塩2gを入れて溶かします。

3.糖と塩が完全に溶けたら、火を止め、ホウロンポウを混ぜます。

4.そうしたら、蓋つきの容器に移して、温度環境を26℃~30℃にしてください。8時間から12時間で、固まり豆乳ヨーグルトが出来上がります。


ポイントとしては、まず材料が、特に糖と塩がちゃんと溶けているか? そしてあと大事なのが、保管しておく温度です。

40℃まで温度が上がると、皆さんからの報告によると固まりにくいようです。最適な温度帯が、植物性乳酸菌ということなんだと思っていますが、26℃~30℃の温度帯で維持すれば、ちゃんと固まるようです。

以上参考にして作ってみてください。

ーー引用はここまでーー



また、簡単に植物性の乳酸菌を摂取するためには、何時も紹介しています、下記の「」を飲用されるといいと思います。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/750-93f423d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。