ハーキンソン症候群とは

ここでは、「ハーキンソン症候群とは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

ハーキンソン症候群



パーキンソン病につきましては、以前にも言及しましたが、ハッキリとした原因は不明で、脳が出す運動の指令がうまく伝わらず、スムーズに動けなくなる病気だとされています。

これは、1918年、ジェームズ・パーキンソン医師が初めて報告したため、それにちなんでつけられた名前だと言われています。

パーキンソン病は50~60歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。日本人の約1000人に1人がこの病気にかかると考えられているそうです。高齢者に多い病気ですが、若い人でも発症することがあるそうです。

パーキンソン病の主な症状は「手足がふるえる(振戦)」「筋肉がこわばる(筋固縮)」「動きが遅い(無動)」「バランスがとりづらい(姿勢反射障害)」の4つと言われています。



その他にも、トイレが近くなったり、よく眠れないなどの症状も見られるとのことです。これらの症状は、全ての患者さんに必ず見られるわけではなく、病気の程度によっても変わってくるそうです。

この病気は、厚生労働省の「特定疾患」に指定されています。これまで一般に「発症10年後くらいには人形のように動けなくなる」といったイメージがありましたが、現在では様々な薬があり、症状もかなり改善が期待できるようになったと言われています。

ところで、このパーキンソン病と混同しやすい病気に、「パーキンソン症候群(パーキンソニズム)」というのがあります。



私は両者の違いについては良く知りませんが、最近、タレントの加藤茶さんが、この「パーキンソン症候群(パーキンソニズム)」に罹っているということで話題になりましたので、それで、この症状のことを知ったわけです。

このパーキンソン症候群ではパーキンソン病と同じ症状が起こるそうです。例えば、安静時振戦、筋肉の硬直、緩慢な動作、バランス維持の困難、歩行困難などが上げられています。

パーキンソン症候群の原因となる病気は、上記以外の症状や、パーキンソン病に似たさまざまな症状も引き起こすようです。例えば、

1.認知症による顕著な記憶喪失

2.特定の脳腫瘍により体の片側だけに生じるパーキンソン症候群

3.多系統萎縮症による低血圧と排尿困難

4.話し言葉や書き言葉による表現や理解ができない(失語症)、単純な作業を遂行できない(失行症)、ものの役割や機能を認識できない(失認症)など、皮質基底核変性症による障害


この皮質基底核変性症では、60歳以降に症状が現れ、発症の約5年後に動けなくなり、約10年後に死に至ると言われています。



また、パーキンソン症候群の原因となっているものには、下記のように様々あるようです。

1.ウイルス脳炎(インフルエンザ様の感染後に脳に起こるまれな炎症)

2.認知症、多系統萎縮症、皮質基底核変性症、進行性核上性麻痺など、その他の変性疾患

3.脳腫瘍や脳卒中など、脳の構造的障害

4.頭部外傷。特にボクシングでの繰返しの外傷(「パンチドランカー」)

5.抗精神病薬、降圧薬(メチルドパやレセルピン)などの薬剤

6.マンガン、一酸化炭素、メタノールなどの毒物




特定の薬剤や毒物は、ドーパミンなどの神経伝達物質の作用を阻害あるいは遮断するそうです。偏執症や統合失調症の治療に使用される抗精神病薬は、ドパミンの作用を遮断するとのことです。

MPTPという物質(違法薬物使用者がオピオイド系薬剤のペチジンを合成しようとして偶然にできた化合物)を使用すると、若い人でも回復不能な重度のパーキンソン症候群が急激に起こるそうです。

ちなみに、加藤茶さんの場合は、これまで飲んできた色々な薬剤の副作用によるものだったようです。どのような薬を服用されていたのかは知りませんが、最近は、多重服薬の副作用で却って悪くなる人が多く見られますね。

唯、このように服薬の副作用が原因と分かれば、そうした薬を使用中止すれば、パーキンソン症候の症状も軽くなるようですから、加藤茶さんの場合も改善が図られるかも知れません。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/741-929e6f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。