「美容医療」に関するトラブル増大

ここでは、「「美容医療」に関するトラブル増大」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


(美容医療サービスに関する年度別相談件)


最近、美容を目的とした医療サービス「美容医療」に関するトラブルが増えているようです。

特に、安い値段を提示しながら高額の施術を強引に迫るなど販売方法や契約、広告に問題のある相談が各地の消費生活センターで目立っています。

これに関して、「Yahooニュース」では下記のように報じていました。



ーー引用はここからーー

●広告と異なる料金

国民生活センターによると美容医療の契約で最近、こんな典型的な相談があった。

<事例1>

近畿地方に住む20代の女子学生は脂肪吸引を希望し、インターネットで「80万円のところモニター価格25万円」とうたった広告を見つけた。クリニックを訪れると料金は80万円だと告げられ、「払えない」と伝えても「若いうちに受けると太らない」などと何度も説得され、「今日なら50万円にする」といわれて契約してしまった。

<事例2>

南関東地方の40代女性は、ネットで見つけたクリニックで「目の下の膨らみやたるみ、ほうれい線を目立たなくした方がいい」と100万円の手術を勧められた。断ったところ「モニターになったら安くできる。いくらなら払えるか」と問われ、50万円で契約。その日のうちに金融機関で現金を引き出し、渡してしまった。

このほか、広告の値段と違う▽数時間、勧誘され続けた▽ローンを組まされた--など、強引で説明不足、高額という契約の相談が相次いでいるという。

こうした問題に取り組む武谷元弁護士は「美容医療を受けても周囲に言いたがらない人が多い。誰にも相談できずに悩み、そこにつけ込む形で法外な料金を請求している」と指摘する。

各地の消費生活センターに寄せられた美容医療に関する相談件数は、2009年度には1740件だったが、14年度には2465件に増えた。毎年の相談のうち、およそ半数が販売や契約、広告に問題がある相談だった。

美容クリニックを訪れるきっかけとなった広告媒体では、この間にホームページなどの電子広告が約2倍に急増し、主流となった。一方、雑誌広告は半減している。

契約した人の平均年齢は36歳。男女別では女性が約4分の3を占めたという。

そもそも美容医療は、いわゆるエステティックとどう違うのか。


●中途解約の対象外

美容医療は「医療機関による脱毛、脂肪吸引、シミ取り、二重まぶた手術、包茎手術など、美容を目的とした医療サービス」のことだ。「医療」とあるように医師が施術をし、法律上の資格要件を必要としないエステティックとは規制内容が異なる。

例えばエステは、特定商取引法でクーリングオフや中途解約できる対象となっているが、美容医療は対象外だ。一方、美容医療は広告で医療法上の規制を受けるが、エステには同法の制約はない。

特商法は悪質商法の被害防止のため商取引を規制していて、現在、見直し作業が消費者委員会の専門調査会で続いている。委員の間では、トラブルが続く美容医療も特商法でエステと同様の規制対象とすべきだとの意見が強い。


●契約は持ち帰って

消費者はトラブルを避けるため何に気をつけるべきなのか。

武谷弁護士は「とにかく納得しないうちは契約しないこと。美容医療に緊急性はほとんどないはずで、訪れたその場で即日、契約して施術を受けるのはおかしいと考えてほしい。見積書をとってメリット、デメリットを検討するのが本来のあり方だ」と指摘し、「クリニックの提案は一度、持ち帰る勇気を」と訴える。

また国認定の適格消費者団体・消費者機構日本(東京)の磯辺浩一専務理事は「急がない医療なので、施術の効果の程度やリスクなどを検討するため、必ず(他の医療機関で相談する)セカンドオピニオンを得るべきだ」と提案する。

公益社団法人・日本美容医療協会では、毎週木曜日の午後7時~同8時半に電話相談(03・3239・9710)を受け付けているほか、ホームページ上でオンライン相談室(http://www.jaam.or.jp/soudan/top.html)も開設している。【江口一】

ーー引用はここまでーー



こうしたトラブルを避けるために、消費者庁では下記のよな、「美容医療サービスを受けるに当たっての確認ポイント」を発表しています。


Q1.ホームページや広告などの情報をうのみにしていないか

厚生労働省が定めた「医療機関ホームページガイドライン」はあるものの、未だ不適切な表現を行っている医療機関のホームページや広告が多くみられるので、十分にご注意を。また、医療機関ホームページなどの掲載内容には都合の良いことだけが書かれている場合もあるので、これらの情報のみをうのみにしないことが大事です。

ガイドラインにより掲載すべきではないとされている表現

№1、一番、最高、絶対、安心・安全、手軽、痛くない、失敗はない、タレント・モデル御用達、皆さんやっている、モニター価格、キャンペーン期間中、○○%OFF、先着○名様限定・・・など


Q2.医療機関に行く前に、受けたい施術や医療機関の情報をきちんと確認したか。

施術内容を詳しく調べる。

施術の手法や使用する材料などは多種多様であり、自分が受けたい施術内容について、どのようなものがあるのか、複数の医療機関からしっかりと情報入手を。

また、「ニキビ」「シミ・ほくろ」「包茎」などでは保険診療の対象となる場合があるので、まずは保険診療を取り扱っている医療機関に相談することも一案です。

担当医師の経歴や専門分野の確認。

例えば、「シミ取り」なら皮膚科、「ほくろ取り」なら外科といった専門の診療科があるため、診療科名や担当医師の経歴、症例数などの内容を医療機関に確認することは必要不可欠です。


Q3.施術を決める前に、リスクや施術効果についての説明を求める

施術による副作用や合併症(痛み・出血・腫れ・火傷・神経障害など)があり得るか、施術後に状態が安定するまでに要する期間はどのくらいかなどリスクについて、しっかりと説明を求めることが必要です。

また、同じ医師が同じ施術をしても必ずしも同じ効果が得られるとは限りません。患者側の思い込みと医師側の意識や現実との間にはギャップがあるので、施術を決める前に十分な説明を医師に対して求めるとともに、自分が「何を」したいのかをしっかりと医師に伝えることが重要です。

(例:レーザー治療の場合)
一般的にレーザーの出力を上げると施術効果は上がるものの、火傷などのリスクも高くなるため、どのような出力レベルで施術を行うかについて、事前に医師との間でしっかり話し合う、など。


Q4.その施術は本当に必要か。

医療機関によっては、初診当日にいきなり施術を勧めたり、当初の予定にはない追加オプションを勧めたり、より効果があると言って高額な施術を勧めたりすることもあります。その場合は時間をおいて、本当にその施術を行うのがよいのか、施術方法などが自分の求めるものと合うのかなどを冷静に自分で判断を。即日施術は絶対に止めましょう。



ところで、美容医療サービスについては、上記の記事にもあるように、契約に係わるトラブルも多く起こっているわけですが、美容医療サービスは、特定商取引法の適用外となっており、クーリング・オフや中途解約ができないそうです。

ですから、いったん契約すると、解約や返金が難しいケースがあるため、契約は慎重に行う必要があります。もし、美容医療サービスをめぐるトラブルにあった時は、早めに最寄りの消費生活センターなどに相談された方がいいです。

01_08.gif



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/740-a920f5d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。