1杯の紅茶や緑茶で30分以内に脳が活性化

ここでは、「1杯の紅茶や緑茶で30分以内に脳が活性化」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

img_4_m.jpeg

先日、日本でも、「コーヒー、緑茶で死亡減」という研究結果を、国立がん研究センターや東京大の研究チームが発表しました。

「Yahooニュース」では、下記のように報じていました。


『コーヒーや緑茶をよく飲む人は、心臓病や脳卒中で死亡する危険性が低いとの研究結果を、国立がん研究センターや東京大の研究チームがまとめた。

研究チームは全国の40~60代の男女約9万人を対象に、1990年から2011年まで追跡調査した。

研究チームによると、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べ、心臓病などでの死亡リスクが24%低かった。脳卒中での死亡は43%、心臓病は36%の低下が見られた。

また、緑茶を1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べ、死亡リスクが男性で13%、女性で17%低かった。男性の脳卒中での死亡は24%低下していた。

研究チームの井上真奈美東京大特任教授は「緑茶やコーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールなどの成分が、効果を発揮した可能性がある」と話している。』



今頃になって、このような研究結果を仰々しく発表する必要があったのでしょうか・・・。これまでも長い間、このようなことは言い続けられてきたわけですからね。今更、何を言うのか、という感が否めません。

しかし、こうした調査結果を鵜呑みにする必要はありません。何故なら、死亡原因はその人の生活全般に亘って関係しているわけですからね。

何も、緑茶やコーヒーを飲んでいれば死亡率が減るというものではありません。上記でも、「緑茶やコーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールなどの成分が、効果を発揮した可能性がある」、とその可能性を指摘しているに過ぎませんからね。

どういうわけか、何年かおきぐらいに、こうした情報が流されますが、何かコーヒーメーカーや緑茶メーカとの癒着でもあるのでしょうかねぇ・・・?



ところで、イギリスの研究でも似たようなことを発表しています。こちらでは、「1杯の紅茶や緑茶で30分以内に脳が活性化」と題する研究発表です。

「カラパイア」の記事によりますと、下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

リラックスしたいと思ったら、一杯の熱い紅茶や緑茶は最適だ。その効果はリラックスだけに留まらない。最新の研究によると、脳の働きをも活性化するという。

紅茶や緑茶を飲んでから30分以内ですでに、記憶力や決断力など脳の神経活動が著しく増すことがわかった。どの成分のおかげなのかははっきりしていないが、フラボノイドとして知られる酸化防止剤が起因しているようだ。ミルクを加えてもその効果は落ちないという。

フラボノイドは炎症を抑え、血管機能を活性化し、動脈硬化を防ぐ効果があることはすでにわかっている。そこで今回、イギリス、ニューカッスル大学の研究者らは、脳に関しての働きを調べるため、脳波パターンを研究し、神経機能に対する紅茶や緑茶の影響をみてみた。

8人の被験者に緑茶か紅茶を飲んでもらってから、脳の活動を測定した。すると、被験者の頭につけた電極で、脳波のうちアルファ波、ベータ波、シータ波の3種類が1時間のうちに著しく増えたことがわかった。特に30分から1時間の間に高い数値を示したのが、シータ波だったという。

紅茶でも緑茶でも、認識機能の改善とつながる脳の活動を刺激していることがわかった。それほど重要ではないが、注目すべきは、警戒記憶や論理的思考と関係しているアルファ波とベータ波の値も高くなっていることだ。

研究チームリーダーのエドワード・オケーロ博士は、紅茶や緑茶は注意力が増す、気持ちがすっきりする、リラックスできるなど、たくさんの精神的効果と関係していて、今回の発見はお茶の潜在的な効能の更なる証拠になると言う。

お茶(紅茶か緑茶)を飲んだ後のシータ波の値の大幅な増加は、認識機能や注意力の隠された働きを裏づけているのかもしれない。

これまでの研究で、1日にお茶を3~4杯飲むと心臓発作を防ぐ可能性があることがわかっている。それだけでなく、2型糖尿病も予防でき、発症しても進行を遅らせることができるかもしれないという。

お茶に含まれている酸化防止剤は、老化の影響を防ぐことがわかっているし、定期的にお茶を飲んでいると、明らかにストレスも軽減される。更に白茶は、新たな脂肪細胞の発達を抑える働きがあるため、肥満防止になる。


お茶の効果は紅茶や緑茶だけにとどまらない。カモミールティーはガンのリスクを減らすそうだ。

カモミール(カミツレ)ティーは、甲状腺ガンを抑止する役割があるという。アテネ大学の研究チームが、500人以上のギリシア人にどれくらい紅茶を飲むかを訊いた。

被験者の内訳は、甲状腺ガンを患っている人113人、良性の甲状腺疾患をもつ人286人、健常者138人だ。その結果、カモミールティーをよく飲む人は、甲状腺ガンが進行する可能性が著しく低いことがわかった。

1週間にカモミールティーを2~6杯飲むと、甲状腺ガンになるリスクを70%、良性の甲状腺疾患になるリスクを84%も減らすことができるとのことだ。

つまり、カモミールティーを30年以上に渡って飲み続けると、80%近くの割合で甲状腺疾患になるリスクを減らせるということになる。 (原典:dailymail)

ーー引用はここまでーー


カモミール・ティー比較 (chamomile tea)






上記のイギリスの発表も、特に目新しい情報ではありません。また、如何に緑茶や紅茶、カモミールティーが効果があると言っても、適量を超えると害になることは間違いありません。

何事も一つのことにこだわらずに、生活の知恵として、日々、適量を飲料することです。そして小食にして、身体をよく動かすことが、健康で長生きできる秘訣です。

ご存知のように、近頃はネットの発達もあり、情報過多になっていますので、それらに振り回されないようにして、自分の頭で考え、情報を上手く取捨選択していくことが、何より必要です。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/739-150af437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。