世界で一つの、「ミヤマカスミザクラ」

ここでは、「世界で一つの、「ミヤマカスミザクラ」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


ミヤマカスミザクラ

東京地方はでは、とっくにの季節は終わりましたが、日本列島では東北、北海道など、まだまだ桜が盛りの時期を迎えている所が沢山あります。

私はソメイヨシノやシダレ桜が好きなのですが、日本には一体、どのくらいの種類の桜があるのかと思いましたら、下記の9種類を基本にして、変種をあわせると100以上のサクラが自生していて、沖縄には野生化した(といわれるカンヒザクラ)があるそうです。また、これらから育成された園芸品種は200以上もあるとのことです。 (「桜の基礎知識」より)


■ヤマザクラ(山桜)
我が国の桜の中で最も代表的な種類で、古くから詩や歌に詠まれ親しまれてきました。主に本州中部以南に自生しており、別名シロヤマザクラとも呼ばれます。

■オオヤマザクラ(大山桜)
本州中部以北に自生するオオヤマザクラは、葉や花などの各部分は全体にヤマザクラより大柄です。花色がバラ色でヤマザクラより濃く、別名ベニヤマザクラ・エゾヤマザクラと呼ばれます。

■カスミザクラ(霞桜)
北海道、本州、四国に分布し、ヤマザクラに似ている桜です。別名ケヤマザクラは、花や葉の部位が有毛である場合が多いことからです。同じところでは、花期はヤマザクラよりずっと遅い桜です。

■オオシマザクラ(大島桜)
伊豆諸島と伊豆半島南部に自生する桜で、花は白色で若葉と良く調和し優雅な美しさがあります。葉は、塩漬けが桜餅を包む皮として利用されています。

■エドヒガン(江?彼岸)
本州・四国・九州と広く自生する桜で、花は早咲きです。この桜は長寿で各地に巨木・名木が点在しております。この桜の枝が下垂するものがシダレザクラです。

■チョウジザクラ(丁字桜)
東北地方の太平洋側の低山地、関東地方、中部地方の産地に多く分布します。花弁が小さくがく筒が太く長いその花の形から、「丁」の字を連想させるのでこの名があります。

■マメザクラ(豆桜)
富士・伊豆・房総を中心とする地方に自生する種類で、このため別名フジザクラ、ハコネザクラとも呼ばれています。名のように花は小さく、低木状の木にいっぱい花を咲かせます。

■タカネザクラ(?嶺桜)
北海道、本州中部以北の亜高山帯に分布する小高木の桜で、ミネザクラ(峰桜)の別名もあります。北海道にみられるチシマザクラはこの桜の仲間です。

■ミヤマザクラ(深山桜)
北海道に多く、南は九州まで見られるが、南下するにつれ亜高山帯に多くなります。開花期が遅い桜で、また花のつき?が他の桜とは違う総状花序です。

■カンヒザクラ(寒緋桜)
中国南部・台湾に分布するが、古くから琉球列島や?児島県に?り、石垣島や久米島などには野生化していると言われています。花は平開しない鐘形で、色は濃紅色で美しく、公園樹・街路樹などとして広く植栽されています。



ところで、これら数多くの桜の中で、世界で唯一つという桜があることを知りました。それが、山形市野草園にある、「ミヤマカスミザクラ」です。

この桜について、「Yahooニュース」では、下記のように報じていました。


『山形市野草園(山形市大字神尾)の「ミヤマカスミザクラ」が5月上旬に見頃を迎えようとしている。(山形経済新聞)

「ミヤマカスミザクラ」が間もなく見ごろを迎える山形市野草園

miyama2.jpg

「ミヤマカスミザクラ」は、世界で同園にしか咲かない桜の木。ミヤマザクラとカスミザクラが自然交配し約30年前から自生している。

2004年に当時の同園職員だった志鎌節郎さんがほかの桜と違うことに気付き、東京大学名誉教授の大場秀章さんに調査を依頼。2012年8月に新種であることが正式に認められ、和名が命名された。学名は発見者の志鎌さんをたたえ、「Cerasus×shikamae H.Ohba」と名付けられた。
 
同園の吉田雄次さんは「自生する1本を大事にするために、周りの木を整理するなどの環境整備を行っている。今後は接ぎ木や種まきなどにより数を増やしていきたい」と意欲を見せる。

今年の開花時期については「例年だと5月中旬が見ごろだが今年は少し開花が早そう。ちょうどゴールデンウィークに重なり、多くの家族連れがミヤマカスミザクラを目にできるのではないか。県内外の方にこの桜を知ってもらえれば」と話す。
 
開園時間は4~5月=9時~16時30分、6~8月=9時~18時、9~11月=9時~16時30分。入園料は大人=300円、高校生無料。5月4日は入園料無料。月曜休園。 (みんなの経済新聞ネットワーク)』



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/724-78f57444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。