中国の一部で見られる、葬儀でのストリップ

ここでは、「中国の一部で見られる、葬儀でのストリップ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




私は中国の葬儀の様子については知識がありませんが、中国と言っても国土が広大ですから、各地方によって独特な風習や伝統があるでしょうから、葬儀の様子も違ったものがあるものと思います。

しかし先日、中国で、ちょっとビックリする葬儀が行われていることを知りました。ある農村部での一部の風習だと思いますが、何と、葬儀にスロリッパーを呼んで死者の前で躍らせる、と言うのです。

しかし如何に中国とは言え、こうしたことが中央政府の目に止まり、その風習を禁止するように動いているようです。そのことについて、「ザ・ウオールストリート・ジャーナル」では下記のように報じています。



ーー引用はここからーー

中国では今後、死者の遺族や友人たちは、特別な娯楽なしで葬儀を執り行わなければならなくなるかもしれない。それはストリップショーだ。

中国文化省が23日に出した声明によると、政府は警察と緊密に連携し、このようなパフォーマンスを排除する計画だという。このようなパフォーマンスは葬儀の参列者を増やす目的で行われる。

河北省北部の邯鄲市で先月行われた葬儀の写真には、集まった親や子供たちが見つめる中、ダンサーがブラジャーを外す様子が写っていた。これらの写真はインターネット上で拡散し、非難の声が上がった。

文化省は声明で、邯鄲市や同国東部の江蘇省で行われたパフォーマンスが「わいせつ行為」だと指摘し、このようなみだらな葬儀を取り締まることを約束した。

文化省によると、邯鄲市で今年起きたケースでは、エロチックなダンスを披露するために6人のパフォーマーがある高齢住民の葬儀にやって来た。捜査官を派遣したところ、パフォーマンスは公安規制に違反していると判断された。問題のパフォーマー集団の責任者は15日間拘束され、7万元(約136万円)の罰金を科されたという。政府は、社会の雰囲気を堕落させるとしてこのようなパフォーマンスを非難した。

政府が葬儀のストリッパー問題に取り組み始めたのは、かなり前のことになる。国営テレビ局の中国中央テレビ(CCTV)の調査報道番組「焦点訪談」は2006年、衣服をほとんどまとっていない女性たちが江蘇省東海県の葬儀に登場した様子を撮った暴露映像を流した。

ストリッパーを呼ぶ理由は、葬儀の参列者を増やすことにある。葬儀で参列者が多いと、死者はあの世で幸福になれると考えられているからだ。ある村人は「故人のメンツのためだ」と説明し、「ストリッパーを呼ばないと、誰も来なくなる」と話した。

CCTVによると、10以上の葬儀パフォーマンス集団がこの地域の全ての村でこのようなサービスを提供していた。月に最大20回のショーを1回2000元(約3万9000円)で行っていた。

CCTVは当時、「これは、地方の文化的な生活を極度に堕落させている」と述べ、死者の遺影から何歩も離れていない場所で、一人の女性が踊りながら服を脱いでいる様子に仰天していた。そして「これらの集団はカネしか考えていない。合法か、適切か、地元の慣習にどんな影響を与えているかについてはあまり考えていない」と断言した。

この慣行を好むのは、中国本土だけでない。似たようなパフォーマンスは台湾でも人気だ。2012年の「ナショナル・ジオグラフィック」のドキュメンタリーによると、ピンヒールの靴とミニスカートをはいた女性たちが墓のそばで踊っていた。この習慣の始まりは何十年も前にさかのぼるという。

ーー引用はここからーー



ご存じの方もあると思いますが、アメリカのニューオリンズでは、黒人たちが葬儀の帰りにデキシーランド・ジャズを演奏しながらが、陽気に死者を弔う風習があります。

このように死者の弔いを陽気に行うことは結構なことだと思います。人間、生まれた時だけ喜んで祝って、あの世に行くときは悲しみに浸るというのは、ちょっと違うように思います。

この肉体の世界で精一杯生きてきた方の死に対しては、「ご苦労様でした」と、みんなで楽しく、明るく見送って上げるのがいいのではないでしょうか。



まあ、それにしても中国のストリップの葬儀というのは、何とも下品といえば言えますね。こうした風習は、何十年も前から始まっていたようです。"

どうやら、この風習は1980年代中頃に、マフィアのボスが葬社を買収したのを機に、一般化に拍車がかかった、と言われています。"

それが、中国本土だけでなく台湾にも波及しているようで、同様なことが葬儀の際に行われているようです。何でも、ピンヒールの靴とミニスカートをはいた女性たちが墓のそばで踊るのだそうです。



どうやら、台湾の土着信仰は、精霊信仰と世俗性が融合している点が特徴だそうで、中でも祭りや結婚式に女性ダンサーを呼び、踊らせるという独特の慣習があるそうです。

そのダンサーたちは慶事だけでなく葬式にも呼ばれるのは、それほど珍しいことではなさそうです。ナショナルジオグラフィックでは、その様子を下記の動画で報じています。

=>http://natgeotv.com.au/videos/taboo/



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/722-06e119e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。