アメリカで、10億匹の青いクラゲが大量死

ここでは、「アメリカで、10億匹の青いクラゲが大量死」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

10億匹の青いクラゲが大量死、米国西海岸で

クラゲの一種カツオノカンムリは、いつもは外洋の海表面を浮遊し、触手状の刺胞を使って微小生物を捕食する。多くのクラゲ同様、無性生殖で繁殖するポリプ型と、有性生殖を行うクラゲ型の2通りの形態がある。(Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium)


私たちが日常生活に追われアクセクしている間にも、自然界は大激変を起こしつつあります。天候異常を始め、多くの天変地変が頻発しています。

これまでは「自然の猛威はスゴイ!」とか「自然には勝てない」などと、人ごとのように考えていた方も多かったと思いますが、もうそういう状況を遥かに超えた状態になっているようです。

中でも、海中での異常や異変は仲々気づきにくいものです。そのため、ネット上では数々の海の異変について報じられているのですが、それに気付いて危機感を抱く方は少ないようです。



そんな中、冒頭の動画にもありますように、アメリカの西海岸では、「10億匹の青いクラゲが大量死」、というショッキングなニュースが報じられています。

これについて、「NATIONAL GEOGRAPHIC日本版」では下記のように詳しく記事にしています。


ーー引用はここからーー

クラゲの仲間で、「紫の水夫」「風まかせの船乗り」と呼ばれるカツオノカンムリ(学名:Velella Velella)が、米国西海岸の砂浜に大量に打ち上げられた。青や紫色のしぼんだ風船のように重なり合って、じゅうたんのように砂浜を埋め尽くしている。

カリフォルニア州中央部にあるモントレー・ペニンシュラ大学の海洋生物学者ケビン・ラスコフ氏に話を聞くと、4~6週間ほど前からオレゴン州とワシントン州の海岸に現れはじめ、次第にカリフォルニア州でも見られるようになったそうだ。

カツオノカンムリは、三角形の硬い“帆”を持ち、普段は外洋の海表面を風向きと海流に身を任せて漂流し、食べ物を探す。だが、いつもと風向きが異なる年には、陸地の方向へ流される。それは彼らにとっては死を意味するのだ(参考記事:「透明な生物カツオノエボシが描く美の世界」)。

陸へ打ち上げられて大量遭難死するカツオノカンムリの姿は珍しいことではないと、ラスコフ氏は説明する。3年~6年ごとに起きる現象だ。

また同氏は、西海岸沿いにおそらく10億匹が打ち寄せられているだろうと見積もる。帆の部分は、乾燥すると透明なポテトチップのように見える。見た目はどんなに綺麗でも、拾い集めてはいけない。カリフォルニア州では、正当な許可なしに海洋生物を採集することが禁じられている。

カツオノカンムリはクラゲの一種なので、刺されることもある。捕食動物であり、海面に浮遊する極微小なプランクトンを餌とする。

指で触れても痛みは感じないかもしれないが、その指で目をこすったり、肌の敏感な部分に触れば刺激を感じる。つまり、触ったらダメということだ。


オレゴン州の砂浜に打ち上げられたカツオノカンムリの大群。周期的に陸に大量に漂着するが、その生態はあまり知られていない。「何百万という単位で打ち上げられるのですが、驚くほど謎の多い生物です」と、生物学者のケビン・ラスコフ氏は語る。

katu1.jpg
Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium


カツオノカンムリは、無数の小さなポリプが集まって1個の生きもののように機能する「群体」をなす。群体のポリプには、捕食係、帆を作る係、食べ物を消化する係などの役割分担がある。また、精子と卵子を放出して有性生殖を行う極小のクラゲになることもある。


Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium


カツオノカンムリの死骸が、オレゴン州フォート・スティーブンス州立公園の砂浜を見渡す限り埋め尽くす。卓越風の向きが変わったせいで、大量に打ち上げられた。おそらく10億匹はいるだろうと専門家は見る。

katu3.jpg
Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium


群体の上部にある帆は左右どちらにも傾く。帆の下にある密閉された気泡体がコロニー全体を海面に浮かせ、捕食担当のポリプがその下にたれ下がって餌を捕る。

ーー引用はここまでーー



実は、このカツオノカンムリは昨年の8月にも、アメリカのカリフォルニアのビーチに大量に打ち上げられて、人々を驚かせたことがありました。

このように、カツオノカンムリが方々の海岸に大量に打ち上げられることは、特に珍しいことではないようですが、今回のアメリカ西海岸の場合は、その数が異常に多いように思えるので、ちょっと考えさせられます。

尚、カツオノカンムリに関しては「ウィキペディア」で、下記のように記述されています。



『カツオノカンムリ(鰹の冠、学名:Velella velella)はヒドロ虫綱の群体性クラゲの1種。暖海性・外洋性で、黒潮海域に生息する。しばしばカツオの群れと一緒に見つかるのでこの名がある。

鍋蓋状の気泡体(水辺板)の上に三角形の帆を持ち、風に乗って移動する。下面には摂餌専用の個体である栄養体、周縁には餌捕獲を行なう触手状の個体である感触体を持つ。水平板の周縁は鮮やかな青藍色で、中央は無色透明。

気泡体の年輪状の模様の中は気体が入っており、それで水上に浮かぶ。完全に水面を突き抜けて気中に顔を出すのは、大部分のクラゲには見られない特徴である。触手の刺胞に刺されると激しく痛む。

カツオノエボシや、近縁のギンカクラゲと共に、黒潮に乗って夏期に日本に近付く。台風の後など、よく砂浜の一箇所にまとめて打ち上げられていることがある。

なお、このクラゲは群体性であるため、管クラゲ類に所属するものと考えられて来た。しかし、生殖個体として小さなクラゲを作る事から、クラゲに見えるのは、浮きをもつ、群体性ポリプであるとの判断となった。

浮きをもつ固着性動物の群体というのは奇妙に見えるが、現世ではともかく、古生代のフデイシやウミユリには似た例が多く知られている。現在では生殖個体の形質から花クラゲ目に移されている。』



ところで、アメリカでは昨年の6月頃、オレゴン州の海岸で大量のヒトデが大量に死滅しているのが見つかり、やがて全滅するのではないか、という異常事態になっていました。

その様子について、「In Deep」では、下記のような内容を翻訳して記載されていましたので、それを引用させて頂きます。


オレゴン州のヒトデの疾病の爆発的拡大に関して地域的には全滅が予想される



このほんの2週間ほどの間に、オレゴン州沿岸のヒトデの消耗性疾患は、歴史的な範囲に拡大しており、ヒトデの種類の中には、全滅するものもあると予測されるという事態となっている。

消耗性疾患の発生を監視してきたオレゴン州立大学の研究者によると、オレゴン州沿岸では、局所的に一部の種類のヒトデが絶滅するかもしれないという。

この消耗性疾患は、アメリカ西海岸で広く知られていたが、今回のオレゴン州のように、急速に広範囲に拡大するのは異常としか言えないと研究者たちは語る。

推定では、現在、地域的に最高で 60パーセントのヒトデが消耗性疾患で死んだと考えられるが、じきに 100パーセントが死に絶える海域が出るだろうと予測されている。

オレゴン州立大学総合生物学科のブルース・メンゲ( Bruce Menge )教授は以下のように言う。

「これは前例のない出来事です。私たちはこれまで、このような大規模で壊滅的な消耗性疾患の拡大を見たことがありません。原因もまったくわからないのです。そして、これにより、どのような深刻なダメージがあるのか、あるいは、今後もこんな状態が持続していくのか、それもわからないのです」。

決定的な原因はまだ同定されていない。細菌やウイルスなどの病原体などの可能性も含め、研究者たちはこの問題に取り組み続けている。』



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/718-46ceade2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。