フランスで人気の日本食材

ここでは、「フランスで人気の日本食材」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

世界を魅了する和食・フランス最高のシェフ、ギィ・マルタンさんが日本酒の酒蔵を取材 世界で放送へ 2014/05/20



ご存知のように最近、日本食は海外で大きなブームになっているようです。昔の一時期のように、寿司や天ぷらといった定番だけでなく、日本人が日常食しているような食材も人気になっているようです。

特に、フランスなどでは、そうした傾向が顕著なようで、「ヨミドクター」では、下記のように報じています。 



ーー引用はここからーー

Shiitake(シイタケ),Kaki(カキ),Fuji(リンゴのふじ),Mizuna(ミズナ),Shiso(シソ),etc.これらの言葉は、フランスでもすでに食品名として定着している。あえてフランス語に訳さず、日本語の発音のまま、店頭で表示されている。

シイタケは最近、効用として免疫力の向上が注目され、自然食品の店などで気軽に買えるようになった。日本のダイコンは当初、外側が黒いかなり辛いものが売られていたが、今では日本食品店以外でも日本の白いダイコンが普通に売られるようになってきた。

日本のワサビも売られている。すしに使う香辛料としてだけではなく、有名シェフが料理に使うなどして広がりを見せている。抹茶なども、料理に使ったり、ケーキの材料に使われたりと、日本の食材はフランスで大人気だ。

納豆も一部のフランス人には人気がある。発酵食品としてチーズなどと同じ感覚なのだという。近所のスーパーでもアジアンコーナーがあり、そこには日本産の米やしょうゆ、インスタントのみそ汁などもあり充実している。

日本食品店などより若干高めの値段設定ではあるが、急いでいる時にはとても助かる。スーパーのレジで並んでいる時、女性店員から、日本の米の炊き方や日本食材を使った料理の仕方などを聞かれたこともある。

日本の食材や料理は健康に良いと評判で、日本食も人気があるし、日本の食材を使った料理がフランス人の食卓を飾る事も多くなってきた。日本食の料理教室も人気だ。日本のマンガなどで、日本人の食生活やレストランなどが描かれることもあり、すしばかりでなく、もっと家庭的な料理も知られるようになった。

パリのオペラ座近くのラーメン屋とか、定食屋、うどん屋、おそば屋などは大変な人気で、いつも長蛇の列である。もちろん本格的な日本レストランも多く、素材も素晴らしく、味も一流だ。フランス人が握るおいしいすしを食べられる店もある。

日本食は、食材と、そのバランスの良さが健康に良いと言われ、ダイエット食としても注目されている。一部の病院などでも、病院食に日本食を出すところもでてきたが、どうやらフランス人にも人気なようだ。

病院食の場合、気をつけなければいけないのは、しょうゆやみそなど、どうしても塩分が高めなことだそう。和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたように、自然を尊重し、多様で新鮮な食材、そして栄養バランスに優れた食品として評価されたことは記憶に新しい。

これからもますます、日本の食材がフランスで気軽に手に入るようになるのではないだろうか。

ーー引用はここまでーー



最近のフランス人の中には、日本を訪問した方も多く、日本食に造詣の深い人々も増えているようです。中には、かつを節や昆布をダシに使って本格的な味噌汁を作って和食を日常的に摂っている方もいます。

唯、フランスに輸入されている日本からの食品は、他のアジアから輸入されたものに比べて値段が高くて、賞味期限が短いという問題点を抱えているそうです。

その点で、フランス国内で販売されるものも、高所得者向けになり、日本からの日本食は高級で、健康という位置づけになっているようです。



一般に海外で手に入る日本食材は、他の国からの物に比べて値段が高くなっているようです。その理由は、日本の流通経路に問題があるようです。

これは日本国内に於いても同じですが、日本では、食材はJA(農協)に卸して、市場に卸し、それが小売りに行って、やっと消費者にわたるわけです。

問題は、卸売会社がいくつか介しているので、その間の中間マージン増えたり、商品ロスが50%に達したりすることもあるようです。このような複雑な流通は生鮮食品の質を下げ、値段を上げてしまうわけです。



これに対して、EUなどでは巨大小売チェーンが成長してきたために、生産者から直接小売りまで行く流れができて、より安価で新鮮なものが消費者に届くようになっているそうです。

こうした日本とヨーロッパの差は、農業の規模に関係がありそうです。日本の農業はフランスの農業と違って大規模でないため、安定的な量を供給することが難しいわけです。

そのため、農家にとっては農協に一定価格で少量出荷するのが、一番安全なことになっています。その結果、生産者は価格決定を行えないことになり、生産者と消費者の繋がりが少なくなってしまたわけです。



ところで、外国人旅行者向けの日本家庭料理教室を開催されている 滑志田真理さんが、「外国人が食べたい、作ってみたい、と思っている日本料理トップテン」を紹介されていましたので、それをここに引用させて頂きます。



『1.寿司(巻寿司、にぎり寿司、ちらし寿司)及び刺身(当教室では握り寿司は指導しておりません)

2.お好み焼き(特にオーストラリア人の方に人気です。一方で、もんじゃ焼やたこ焼きは残念ながら、あまり知られていません。大阪を旅行することで、たこ焼きを初めて食べて美味しかった!とおっしゃっている方もいますので、今後、お好み焼きのように世界で有名になっていくかもしれませんね。)

3.焼餃子(餃子は中国の物だと思っている日本人の方が多いと思いますが、中国では茹で餃子が一般的です。欧米圏の方にとっても、焼き餃子は日本のものだという認識が広くあるようです。)

4.みそ汁(鰹節/昆布でしっかりお出汁を取った味噌汁は外国人の方には新鮮です。「今まで飲んできたパウダー出汁の味噌汁とは全然違う!」と感激される方が多くいらっしゃいます。日本(特に関東)はミネラルの少ない軟水なので出汁が出やすいのですが、海外では硬水が多く出汁が出にくいため、海外で出汁を取る場合には、旨味の濃い昆布を選び、かつ昆布/鰹節の量を多めに使うように気をつける必要があります)

5.ラーメン(とんこつ味がダントツで人気。特に男性の方が中心です。なおラーメンの出汁を取るには十数時間かかりますし、ラーメン店の味は家庭料理の範疇を超えていますので、当料理教室での指導はしておりません)

6.トンカツ(カツ丼やカツカレー含む)

7.天ぷら(天丼含む)

8.うどん/そば

9.すき焼き(特に神戸牛の名前はほとんどの外国人が知っており、高級肉として認知されている。逆に松坂牛やその他の銘柄は知られていない。和牛(wagyu)と言ってわかる方も少なくない)

10.鶏の唐揚げ』



その他でも、下記のメニューなどが人気があるそうです。

1.照り焼きチキン(アメリカではスーパーに照り焼きソースなどが出回っているなど一般的な料理すぎるため、日本でわざわざ食べたいという方は少ない)
2.ウナギ(日本に何度か来た事があってよくご存知の方にとっては、日本人と同様ウナギはご馳走のようですね。なお当教室では教えていません。)
3.卵焼き(出汁巻きたまご含む)
4.カレーライス
5.鉄板焼き
6.おにぎり
7.焼き鳥
8.茶碗蒸し



私の指圧の患者さんで、アメリカ人女性の方は長年に亘り和食を研究され、外国人を中心に和食の料理教室を開かれたり、和食に関する著書(英語)を何冊も出しておられます。

彼女の話を聞きましても、アメリカあたりでも、本格的に日本食材を使って和食を日常的に作っておられる方が増えているようです。

こうした和食や日本食が海外で人気になっているのはいいのですが、肝腎の日本人自身がそれを忘れているような傾向にあるのは寂しい限りです。


ラーメン、わさび・・・ 世界に売り込め「和食」の魅力(14/09/11)









さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/717-9d10d2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。