穀雨(こくう)

ここでは、「穀雨(こくう)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今日は全国的に大荒れの天候になっています。低気圧の発達によって強風や大雨に襲われ、まるで台風に見舞われたような天候が続いています。

この大荒れとなった、今日4月20日は、二十四節気(にじゅうしせっき)でいう「穀雨(こくう)」だそうです。穀雨とは二十四節気の一つで、春の温かい雨が降って、穀類の芽が伸びて来る頃のことを表わしているそうです。

ちなみに、二十四節気とは、1年を下記のように24分割してできた季節の名前です。

小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至



この穀雨の頃は雨の降る日が多くなり、穀類の種子の成長を促進するので、種蒔きの好期となると言われています。

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉がありますが、南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節となっています。

変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきるのですが、今年は、ちょっとオカシナ現象になっています。日差しはあっても、晴天ではない日の連続ですからね・・・。



先程も言いましたが、昔から、この日に合わせて田畑の準備をします。そして、穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えるわけです。

で、穀雨の期間は、5日ごとに3つの候に分かれているそうです。(「HANA’S 情報サイト 」の記事より)

1.葦(ヨシ)が芽を吹き始める候:4月20日~25日

ヨシは、アシとも呼ばれます。ススキに似ていますが、ススキが日当たりのいい野原に多いのに対し、ヨシ(アシ)は、川べり、沼地など湿地に生えます。

昔の日本の夏には定番であった「すだれ」は、ヨシ(アシ)の茎で作られています。

穀雨の頃にみられるヨシ(アシ)
yoshi.jpg


2.霜が終わり稲の苗が生長する候:4月26日~4月30日

霜(しも)は、氷点下に冷えた物や土の表面に、空気中の水蒸気が凍ってくっついたものです。ですから、霜が植物に降りると、植物の中の水分を凍らせ枯らしてしまうわけです。

そこで、霜が降りる間は、農家では霜対策を怠ることができません。唯、4月終わりのこの時期になると、霜も降りなくなり、安心して、稲や野菜を植えることができるようになるというわけです。


3.牡丹の花が咲く候:5月1日~5日

牡丹(ボタン)の花は、牡丹園などでは、冬季も楽しむことのできる花でもありますが、本来は4~5月に花が咲きます。

botan.jpeg



この他、穀雨の頃の花や草木の代表としては下記のようなものがあります。(「穀雨|春の節気の穀雨のころにする事や意味と由来は?」の記事より参照)

山吹:晩春になると黄色の五弁花を咲かせるのが、バラ科ヤマブキ属の落葉低木である、山吹です。

葦(あし)・葦牙(あしかび):上記の説明にもありますが、この時期になると、水辺の葦の若芽が出てきます。若芽は水面に出た牙のように見えるため葦牙と呼ばれています。

葦牙は食用になり、茎はかたいため、すだれの材料になります。イネ科の多年草で根茎が地中を這い、沼や川の岸に高さが二、三メートルにもなり、大群落をつくります。

葦の別名が「よし」なのは、葦は「悪(あ)し」に通じるのを避けて、「善(よ)し」と呼ぶようになった、などと言われています。尚、茎の中が空洞のため、「よしのずいから天丼のぞく」という言葉が生まれました。

木瓜(ぼけ)の花:寒い冬の頃から咲き始め、春になると満開になるのが木瓜の花です。バラ科の植物で、赤色や淡いピンクの花を枝一面に咲かせよす。果実が瓜に似ていることから、「本に成る瓜」から本瓜(もっけ)となり、ボケと呼ばれるようになったともいわれています。

蓬(よもぎ)とニワトコの湯:蓬は止血に使われます。ニワトコは接骨木、庭常とも書くスイカズラ科の落葉低木。晩春に円錐状の白い小花を咲かせ、赤い実をつけます。幹や枝は消炎、利尿作用が、花は発汗を促す作用があります。

薬草でもある蓬の葉とニワトコの葉をお湯に浮かべて入るお風呂は、一肩こりや腰の痛み、打ち身に効果があり、心地よい香りも楽しめます。葉は細かく刻んで布袋に入れて湯船に浮かべます。

牡丹:先程も出てきましたが、穀雨の末候は牡丹の候です。花の王である「花王」と呼ばれる牡丹は昔から人気の園芸品種で、花びらは五枚から八枚ですが、重弁や二段咲きなどさまざまに品種改良されたものがあります。二十日草、深見草、名取草などの異名もあります。牡丹はほかにも紋所に使われ、その種類がとても多い人気花です。


熊本の節気と暮らし 穀雨  春の山野草




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/712-b753456b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。