日照不足、野菜や果樹の生育に悪影響

ここでは、「日照不足、野菜や果樹の生育に悪影響」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

nishou.jpg
(14日までの10日間日照量が少ない地域)

先日も、東京地方は春と冬の陽気が交互にやってくるようで、日照りも少なく雨や曇天が多いことについて、これは単なる異常気象と考えることはできない旨を述べました。

どうやら、こうした天候不順は東京や関東地方に限ったことではなく、日本全国に及んでいるようです。そのために野菜などの農業生産物の育成に影響がでているようです。

このことに関して、「Yahooニュース」では、下記のように報じています。



ーー引用はここからーー

全国の広い範囲で記録的な日照不足となり、野菜や果樹の生育にも影響が出始めた。生育中のブロッコリーの花蕾(からい)が圃場(ほじょう)で腐ってしまったり、ピーマンは肥大が進まず出荷量が減ったりと深刻な状況にあるものの、抜本的な対策がないのが現状だ。

気象庁によると今後も雨や曇りの天気は続く見通しで、産地からは「まるで梅雨のようだ」という声が上がっている。

「まるで梅雨」

同庁によると、14日までの10日間合計の日照時間は和歌山県古座川町で3・1時間と平年の5%、奈良県十津川村で2・9時間と同6%を記録。和歌山県新宮市、三重県熊野市も同8%と極端に少ない状況となった。

愛知、和歌山、三重、奈良の各県は県内全ての観測地点で日照時間が平年に比べ3割以下となり、四国や九州などでも平年に比べて大幅に日照時間が少ない状況が続いている。

果樹や野菜の生育に欠かせない4月上旬の日照量が、1961年の統計開始以来、最少となった地点が続出した。
 
なぜ、記録的な日照不足となっているのか。同庁では「高気圧が日本の北と南を覆ったため、その間に挟まれた東日本と西日本の上空を低気圧が通過する状況が続いているため」(気候情報課)と説明。

北海道と東北、沖縄地方を除き、東日本から西日本にかけての広い範囲で不安定な天候をもたらしている。
 
日照量が平年並みに戻る見通しは立っていない。同庁は「異常な日照不足は脱し、晴れ間が出る日もあるが、曇天や雨の日が大型連休中まで続き、平年に比べて日照時間が少ない状況となる」(同)と見通す。


かび・腐れ発生も

影響は産地に及ぶ。ナスの一大産地、高知県のJA土佐あきは、日照不足で実が太らない状況が続く。降雨が続いて湿度が高いことから、葉にかびが発生する「すずかび病」などの被害が一部で出ている。

同JA営農課は「日照がないと空気が乾燥しない。この天候では病害対策のための消毒液さえまけない状況だ」と嘆く。
 
県内ではJA高知はたも、曇雨天の影響で土壌が湿気を多く含み、日照不足が重なり、ブロッコリーの一部が腐敗している地域も出た。

同JA幡西営農センターは「抜本的な対策がない。被害がこれ以上、広がらないこと、天候の回復を祈るしかない」と不安を募らせる。
 
宮崎県では3月下旬から低温と日照不足が続き、ピーマンの肥大に影響が出ている。主力のJA宮崎中央によると、このまま日照不足が続けば、5月の出荷量の減少につながるという。

同JA営農部は「換気を徹底しているが、太陽が出ない限りは、なかなか対策の打ちようがない」と頭を抱える。
 
全国有数のトマト産地、熊本県JAやつしろ。出荷を前に果実の着色が進まず、苗の生育が進んでいない。日照不足で湿度が上がり、一部果実や茎にかびが発生。

このため4月に入ってもハウス内で暖房をたいて、湿気を減らす対策に取り組む。同JAは「まるで梅雨のよう。これまでこんなことはないのに」と苦悩する。

果樹の産地、和歌山県JA紀の里営農センターも「着花不良や授粉がなかなかできずに困っている」と明かす。(日本農業新聞より)

ーー引用はここまでーー



気象庁では、こうした日照不足をこれまでのような異常気象によるものと説明していますが、本当にそうでしょうか。

実際は、気象庁でも真の原因について理解していないものと思います。ましてや、それが、ひき続いている福島原発事故による放射性物質の拡散によるものだとは考えていないでしょう。

または、それを知っていて、日本政府の思惑に沿って国民に正しく伝えないように画策しているのかもしれません。東日本大震災の時にも気象庁の発表はオカシナところが沢山ありましたからね。



さて、こうした日照不足の原因については先日も、「ロシア科学アカエミー・スミルノフ物理学派論文審査員」の、ドクター佐野千遥氏が、「太陽を連日遮るモヤのような異常な水蒸気雲は福島原発のトリチウム爆発が原因!!!」と題した記事の中で、次のように語っておられることを紹介いたしました。


『4月13日現在、連日のトリチウム爆発は日に日に更に激しくなっており、もうもうとトリチウム水蒸気が福島原発から噴き出しています。 

そして東京が本来晴れるべき日(天気予報が”快晴”の日)にも、昼間も薄暗くなる異常に濃厚な水蒸気雲が低空にモヤのように霧のように立ち込めて、雲間が途切れて青空が現れる事が決して無く、日光が殆ど常にモヤのような霧雲に遮られていて、連日”曇り”または雨が続いている原因が、福島原発のこの重いトリチウム水水蒸気爆発にあると言えます。

その物理学的理由を述べます。トリチウム水は普通の水より沸点が高いために、同じ温度でも普通の水よりも大量な”水蒸気”を発生します。しかも、日光が遮られているために、日中も気温が上がらず低いので、トリチウム水からの更に大量な水蒸気雲が生成される為です。』



福島原発事故から4年も経つのに、未だに収束できず、連日のようにトリチウム水蒸気が吹き出しているわけですから、既に「核の冬」に近い状況になっているのかもしれません。

従って、こうした日照不足の状況は今後も続くものと覚悟しておく必要がありそうです。一日も早く、福島原発事故を封じ込めて欲しいものです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/705-169278b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。