現代人は噛む力が弱っている

ここでは、「現代人は噛む力が弱っている」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!
=>TEL:03-3485-4515

$指圧百科/きむら指圧研究所(京王線笹塚駅前にある指圧専門の治療院)-噛む

これは度々取り上げている話題ですが、多くの方が感じているように、今の人達は昔に比べて、物を「噛む」ことが少なくなっているようです。そのために、口の色んな機能が衰えていると言われています。

このことに付いて、口のアンチエイジングの第一人者である、鶴見大学歯学部附属病院病院長の斎藤一郎歯科医師は下記のように話しておられます。(「Yahoo ニュース」より)


「昔は『噛めば噛むほど味が出る』という食事が多かったものですが、現代人は、よく噛まずにのみ込める麺類などのやわらかい料理を好んで食べる傾向があります。

その結果、噛む力が昔より衰えてきた。噛むことは単に食べものを細かくすることだけでなく、唾液の分泌を促したり、口のまわりの筋肉を鍛えたりする働きがあるのですが、それが充分でなくなってきているのです。」



口の機能が衰えると、顔の老化が見られるそうです。口のまわりには細かい筋肉が沢山あって、口を動かさないとそれらの筋力が低下し、その上にある皮膚と共に下垂してくるそうです。その結果、ほうれい線やあごのたるみが目立つようになってくるそうです。


更に、斎藤医師は次にようにも言っておられます。

「ドライマウス」にもなりやすくなる。ドライマウスとは唾液の分泌が減り、口が乾く症状だ。薬の副作用や病気などで起こることもあるが、唾液を出す唾液腺の機能が低下することでも起こる。

食べものがのみ込みにくくなるほか、会話をしにくい、口がネバネバする、口臭、舌の痛みといった症状が出る。

しかも、抗菌作用を持つ唾液が減ることで、口の中に雑菌が繁殖しやすくなります。むし歯や歯周病にかかりやすくなるだけでなく、こうした雑菌が肺にはいると、誤嚥性肺炎を引き起こすこともあります。」



私も残念ながら、歯周病的な症状があるようです。この歯周病は、動脈硬化糖尿病など他の病気とも関係しているという医学的な研究結果が出ているそうです。

まあ、それくらい口と全身の健康とはかかわりが深いそうですから、私もこれまで以上に、良く噛むことと、歯の手入れに気を付けて行きたいと思っています。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。

そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!



◇メール指圧講座

最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!



◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/7-9a1effdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。