イギリス・ロンドンで「ラーマゲドン」

ここでは、「イギリス・ロンドンで「ラーマゲドン」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

ロンドン「とんこつ」大ブーム ラーメン店に大行列(15/02/18)



現在、イギリスのロンドンでは、日本の「とんこつラーメン」が大変なブームになっているようです。読売新聞の記事では下記のように報じていました。


『ロンドンではいま、とんこつラーメン店に長い行列ができている。数年前から徐々に増えてきたところに昨秋、「一風堂」「金田家(かなだや)」という福岡を拠点にする二つの有名店が、中心部の同じ通りを挟んで相次いで開店し、ブームに火がついた。

「スープの『ウマミ』ですよ」とラーメン通の英国人が人気の理由を説明する。濃厚でクリーミーなとんこつスープが受けているようだ。長い行列に並んでにぎわう店に入った。麺の硬さは、固ゆでの「バリカタ」、それより硬い「ハリガネ」も選べる。おいしい。本場・福岡で勤務していた時に食べていたものと変わらない。「ここは福岡か?」

ただ一つ、違うところがある。マナーにうるさい英国人。麺は、ズルルっとすすらない。静かに口に運び、スープも音を立てない。

爆発的ブームは、小惑星の地球衝突の危機を描いた米映画「アルマゲドン」をもじり、「ラーマゲドン」とも言われている。それくらいの衝撃なのだ。』



このロンドンでの「とんこつラーメン」の人気については、既に、昨年の「Excite Bit」の記事で、下記のように報じられていました。


ーー引用はここからーー

ロンドンでラーメンの勢いが止まらない。「まずい」と言われ続けた英国の首都が、欧州における一大ラーメン激戦地に変貌するなど、誰も予想できなかっただろう。今や市内SOHO地区には、とんこつ(豚骨)を主体とするラーメンバー(日本でいうラーメン屋のこと)が集まり、味を競うようになった。

今年は既存店に加え、9月には福岡・行橋にあるとんこつラーメン「金田屋」がトッテナム・コート・ロードに、10月には金田屋の正面に、福岡の大手「一風堂」が進出した。ロンドンのラーメンの事情は、どのように動いているのか?

ラーメンというものが、ロンドンでブームの兆しを見せ始めたのは2012年。大阪・境に本店を持つ塩ラーメン「龍旗信」が「麺屋一点張」として市内ピカデリー・サーカスに進出した。そこからロンドンでラーメンは、盛り上がりをみせていく。

ロンドン三越が館内レストランにラーメンバーを設け、また「昇竜」「Tonkotsu」「ボーン・ダディーズ」など、とんこつを看板にする店も増えていった。とんこつを扱う店が一気にオープンしたことで、「ロンドン=とんこつ」のイメージができ上がった。これを盛り上がりの第一期としておこう。

その後三越ラーメンバーは、ロンドン三越自体の閉店が決まり休業してしまうものの、期間を置いた後、SOHO地区に「麺屋佐助」として移転した。麺屋佐助はロンドンでは珍しかった「つけ麺」で人々の心をとらえた。

英国人シェフではボーン・ダディーズに続き、北部イズリントンに「ユナイテッド・ラーメン」が開店した。そして今回の金田屋および一風堂の進出で、ロンドンはとんこつを主にしつつも、多様なラーメンを食べられる場所へと変わっていった。ラーメンブームは第二期に入ったのだ。

パリなどと異なり、ロンドンがラーメンブームと言えるゆえんは、日系レストランだけでなく英国人シェフが現地人の手によるラーメンを作り出そうとしているところだ。

ボーン・ダディーズのシェフは、「Zuma」「NOBU」という世界的に有名な日本食レストランでシェフを務めた経歴の持ち主であるし、ユナイテッド・ラーメンは、アジアで麺料理を食べ歩き日本のラーメンに魅せられた英国人が開いた店だ。

彼らが作るラーメンは、味も店舗も日本からそっくりそのまま持ってくるというものではない。日本で食べられているオーセンティックなラーメンをベースにしつつも独自の解釈を加え、かつ本場日本人の舌にも耐えうるクオリティを彼らは作り出している。

これは以前からあるような、日本料理かその他アジア諸国料理か区別がつかず作るものではなく、日本の味をきっちりと認識しつつ、そこに英国人なりのオリジナリティを加えたものだ。

ロンドンのラーメンブームはまだ続きそうである。伝統的なものから革新的なものまで、ロンドンにおけるラーメンの選択肢は、現地人も巻き込みながら確実に広がりつつある。

ーー引用はここまでーー



何時も申し上げているように、私は肉食をしませんので外でラーメンを食べることはありません。特に、とんこつラーメンなどは、とても口にはできません。

昔、子供の頃は故郷の尾道でラーメンを食べてはいましたが、その当時はとてもシンプルなもので、鶏ガラだけのダシに醤油などで味付けしたものでした。

その後、東京に移住してからは、この昔ながらの尾道ラーメンを口にしていませんでしたが、何十年振りに帰郷した時に驚きました。

尾道のラーメンも、とんこつラーメンが主流になっていました。既に全国的に名の知れたラーメン店まで出ていました。今では、東京でも尾道ラーメンを手にできましたが、いずれもが、とんこつラーメンです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/698-6042c77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。