やけ食い

ここでは、「やけ食い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




あなたは「やけ食い」をしたことはありますか。私は特にそうしたことはありませんが、過去に、どうも食べ過ぎだなと後悔するような体験は何度かありました。

病的なほどのやけ食いでなくても、何か嫌なことがあった時とか、イライラしたり悲しい出来事があった時には、つい食べ物に手が伸びてしまうことがあると思います。

また、会社で嫌なことがあったり、最悪の失敗などをした日には、帰りに酒でも飲んで憂さ晴らしをしたいと思ったり、脂でギトギトのピザを食べて、気分をスッキリさせようと思うこともあるかも知れませんね。

唯、好きな食べもを腹いっぱい食べることで、幸せ感が味わえて、その日のストレスや悪感情を解消することもありますので、一時的な食べ過ぎを否定することはできません。



問題は、悪い意味での「やけ食い」と空腹で体をそれを求めている時に食欲とは違うことを認識しておくことです。

この両者の違いについて、「カラパイア」では下記のような記事を掲載しています。


ーー引用はここからーー

1.やけ食いは、ある時突然発症する

やたら食べたい気分という状態は、ある時、突然に起こり、抑えがたい激しい渇望につながることがある。しかし、本物の空腹はもっとじわじわと起こり、時間をかけて発達していく。

普通に食事をしても、ストレスを感じることがあると、急にチョコレートが欲しくなったりしないだろうか? それこそが感情による気分空腹なのだ。


2.やけ食いは首から上に起きる

本当の空腹は、一日なにも食べていなかったりすると、お腹がぐうぐう鳴るように、首から下に作用する。胃の痛みも、本物の空腹のサインなのかもしれない。

食べ物の舌ざわり、風味、香りを思い浮かべると、空腹の渇望を頭から追い払うことができないなら、あなたはやけ食いする傾向がある可能性が高い。次回、たまらなくなにかを食べたくなったとき、体の声に耳を傾けると、どこで空腹の感覚が生まれているのかわかる。


3.やけ食いは特定のものが食べたくなる

本当に空腹のとき、だいたい体は一般的な食べ物を欲しがっているだけだ。長いことなにも食べていなければ、どんな食べ物でもおいしく感じるもの。

しかし、気分で食べたい場合は、たいてい欲している食べ物や銘柄が決まっている。それはほとんどの場合、即座に欲求を満たしてくれる脂っこいものや糖分の多い食べ物だ。


4.やけ食いは、どんなに食べても満たされない

体が食べ物を求める本物の空腹は、いったん満たされればおさまるものだ。しかし、気分で食べたいだけだと、たとえ満腹でもその欲求はしつこく襲ってくる。お腹がいっぱいなのに、まだ食べたいと思うなら、それは気分空腹のしるし。


5.食べた後に罪悪感が襲う

本物の空腹は、食事をすれば満足感が得られる。気をまぎらすための空腹は、口いっぱい食べ物を頬張ることに、罪悪感と嫌悪感を感じることが多い。

食事をする前に精神的な問題に直面して、それがまだ解決していないと、つい食べ過ぎてしまって良くない。気分でやたら食べてしまう徴候に気がつけば、こうした悪循環を避けることができる。


やけ食いを避けるためにするべきこと

やけ食いしてしまうサインがわかったなら、次回、ストレスのたまりまくった日の終わりにピザ店へ向かうとき、自分の体や欲求をもっと意識してみよう。

やたら食べ物を口に入れたくなってきたら、一瞬間をおいて、自分の心の状態やその日の状況を反芻してみること。このストレスに取り組むためにできる生産的なことはなんだろう?と考えてみる。


日々の生活の中に定期的にエクササイズや気晴らしを取り入れ、人に助言してもらって、健康的な習慣を身につける助けにする。

十分寝て、自分の食欲をコントロールし、やたら食べたくなる感情を抑える。ほかにも自分の感情と向き合い、より生産的になれる方法はある。

落ち込んだとき、話していて楽しい気分になれる人や悩みを聞いてくれる人に電話してみる。不安を感じているなら、体を動かして緊張をほぐしてみる。

精神的に疲れきっているなら、温かい風呂に入ったり、お茶を飲んだりしてリラックスする。退屈なら、本を読んだり、友人につきあってもらう。

やたら食べたい欲求に負けてしまいそうになったら、これらの対策をどれかひとつやってみよう。体の声に耳を傾け、今本当に食べ物が必要なのか、もう一度よく考えてみよう。

ーー引用はここまでーー



実際の所、体が求めている食欲か、やけ食いによる食欲かの正確な判断は出来ないと思います。ですが、やけ食いが続いて体調不良になるようだと、要注意です。

まあ、やけ食いと、やけ食いと気にしすぎて、自分を責めて、自己嫌悪に陥ったりすることは得策ではありません。やけ食いをした時は、今それが必要だから、そうしたのだと、素直に自分を認めることが大切です。

今は、やけ食いをしなければならない自分なんだ、と客観的に見て、自分を認めることが何よりです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/691-04510307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。