苔(コケ)は不思議な植物

ここでは、「苔(コケ)は不思議な植物」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


苔寺:京都 西芳寺(さいほうじ)


日本人にとって「苔(コケ)」は、特に身近なものではありませんが、お寺の庭や盆栽などで育てられていますので、その存在はよく知られているのではないでしょうか。

そもそも、コケは地表や岩の上にはいつくばるように成長し、広がるような植物的なものの総称とされています。

狭義としては、コケは苔類、蘚類、ツノゴケ類の総称としてコケ植物を指しているようですが、コケはそれに加えて、菌類と藻類の共生体である「地衣類」や、一部のごく小型の維管束植物や藻類、シダ植物などが含まれるそうです。

コケの語源は「木毛」とされており、もともとは樹の幹などに生えている小さな植物の総称だったとする説があるそうです。 イワタケなど食用の苔もそれに含まれるようです。



実はコケは世界中に生息していて、その種類は約2万種もあるそうです。コケは上記でも言及しましたが、蘚類(せんるい)、苔類(たいるい)、ツノゴケ類という3つのグループに分かれていて、一番多いのは蘚類(せんるい)で、約1万種あるとされています。

普通の植物は大抵、根を持っているものですが、コケは生きていくのに必要なものは、日光、水、空気だけですので、栄養を吸い上げるための根は必要が無いそうです。

栄養を吸い上げないので、それを体中に行きわたらせる維管束(いかんそく)もありません。 ただ、仮根(かこん)と呼ばれる、地面や岩、木の幹などに張りつくための根を持っているだけだそうです。


「苔 コケの不思議」より



ところで、遥か大昔、植物は水中で育っていたそうです。その頃の植物は、ワカメやコンブなどと同じソウ類と呼ばれる仲間だったようです。

ソウ類は進化して、やがて地上で育つ植物が現れてきのが、今から4億年ほど前だそうです。そうした地上の植物の先祖となったのが、クックソニアというものだったとのことです。

このクックソニアから生まれた植物の一つがコケだというわけです。他のシダ植物や種子植物が進化して行くなかで、コケは小さく原始的なままで現代まで生き残っています。

体の造りが非常にシンプルだったために、環境の激しい変化にも負けず、現代まで生き残ってこれたのかも知れないわけです。



また、コケは環境に適応する能力がとても高い植物だそうで、氷河と海水中、砂漠のど真ん中以外ならどこにでもコケを見つけることができると言われています。

海水中ではダメでも海岸の岩場には生えています。ロシアなど寒い地方の森にも見ることができるようです。更に、南極の湖の底にも、コケが塔のような形の群落を作っているのが発見されたそうです。

また、日に当たって50℃をこす東大寺の屋根の上にも生えていたそうです。このように、コケは厳しい暑さにも寒さにも耐えて、さまざまな場所に生きていると言えます。



ところで話が飛びますが、地球温暖化の大きな原因は、石油や石炭を燃やしたときに出る二酸化炭素が大気中に増え続けていることだとされています。

そんな中、植物は、二酸化炭素を吸収しますから、地球温暖化を食い止めるのに重要な役割を果たしています。しかし、枯れてしまうと体内に溜め込んだ二酸化炭素を、また大気中に放出してしまうことになります。

そこで注目されているのが、コケです。何故なら、コケは数千年という非常に長い期間にわたって二酸化炭素を吸収し、そのまま溜め込んでくれるからです。



また、コケは太陽の光を受けたと時にも、気温を上げる働きをする赤外線の反射量が、他の植物に比べて少ないそうです。

それだけでなく、群生(コロニー)を作っているコケは、その中に適度な水分と適度な隙間(空気)があるために、すぐれた断熱材となり、土の中に熱が伝わるのを防いでくれるわけです。

このようなことから、コケは地球温暖化を防ぐのに大きな働きをしてくれていることが分かります。



最後に、コケの利用法の一部として、下記のようなことが言われています。

1.脱脂綿(だっしめん)の代用品:コケはバイキンをよせつけない高い抗菌性を持っているそうです。そのため腐りにくいので、第一次世界大戦の時には、脱脂綿の代用品として使われたそうです。


2.薬にもなるコケ:コケは食材にはならにようですが、中には漢方薬として使われているものもあるそうです。 オオスギゴケは利尿剤(りにょうざい)、オオカサゴケは心臓の病気の薬として利用されているそうです。


3.保湿・抗菌で園芸にも役立つ:ミズゴケなど水辺の植物が積み重なって湖や池の底にたまり、長い年月の間に地中でどろのようになったものをピートといいます。 ミズゴケのピートは「ピートモス」と呼ばれていて、ランの根を巻くのに使われたり、植木ばちの中の温度や湿度を一定に保つのに使われいるそうです。また、ピートモスには、ばい菌を寄せつけない抗菌作用もあるそうです。


4.昔は、木の小屋や木造船のすきまをうめる材料:コケは腐りにくいという特徴がありますから、丸太で小屋を建てた時に隙間を埋めるのに昔から使われていました。

また、船のすき間を埋めて水漏れしないようにする時にも、コケが使われていました。 また、正倉院からコケが発見されたことがあるそうで、宝物の詰物としてコケが使われていたと言われています。


フォレストガーデン 素晴らしき苔と地衣類たち




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/686-6218fef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。