新「機能性表示食品」

ここでは、「新「機能性表示食品」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




4月から新しく「機能性表示食品制度」がスタートしたそうですが、ご存知でしょうか・・・。これまでの「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」に続く第3の食品表示制度だそうで、健康効果を謳うことができる食品の範囲が拡大されたとのことです。

今回の新制度では、生鮮食品、加工食品、サプリメントなど、ほぼ全ての食品が対象となるそうです。

「〇〇に効く」「〇〇を治す」などと病気の治療や予防効果については表示できないのですが、「体のどの部分の健康に役立つのか」「どの成分がどうやって機能するのか」など、健康の維持や増進の範囲なら、科学的根拠となる資料を提出するだけで、国の事前審査がなくても表示できるとのことです。

しかも、すでに発表されている過去の研究論文を科学的根拠として使うことができるため、ハードルがガクンと下がったと言われています。



しかし、今更このような制度を設ける必要があるのでしょうか。何が真の目的なのでしょう。何やら政府の奸策が隠されているように見えますがねぇ・・・。

早速、こうした動きをけん制するような発言をされている方があります。県立広島大名誉教授で、東北女子大教授の加藤秀夫氏(時間栄養学)は下記のような発言をされています。(「日刊ゲンダイ」より引用)

「これまでのトクホは、安全性や有効性を示す臨床試験が必要で、承認までには莫大な予算と時間が必要でした。しかし、そのトクホですら、実際にどれだけ健康効果があるか分からないものが見受けられます。ハードルが低い新制度では、消費者が期待する効果とは懸け離れた商品もたくさん出てくるでしょう。」




更に、横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)も下記のように、その懸念を表明されています。

「機能が表示されることで、消費者が『それさえ食べておけば体にいい』と思い込んでしまう危険があります。たとえば鉄の場合、厚労省の食事摂取基準では、性別や年齢によって推奨量は大きく数値が異なります。

しかし、新制度の表示基準なら、6・8ミリグラムを満たしていれば機能を謳うことができる。月経がある15歳以上の女性の場合、推奨量は10・5ミリグラムですから、懸け離れています。こうした成分はいくつもあるので、注意が必要です。」




また、多くの人々は「何々に効果がある」と謳われた商品表示を鵜呑みにする傾向がありますから、そればかりを摂取することで過剰な栄養素を取り入れ、結果として身体のバランスを崩す羽目にもなり兼ねません。

この辺りのことについても、上記の則岡教授は次のようにコメントされています。

「亜鉛、カルシウム、ビタミン類なども、過剰摂取すれば健康を害するケースがあります。何らかの健康効果があるというのは、取り過ぎれば逆に作用するということでもある。

新制度の機能表示はあくまで目安と考え、自分に必要な栄養素の種類や量などは、医師などに相談してしっかり把握しておくことが大切です。」




度々申し上げていますが、今の日本は福島原発事故による放射能性物質が大量にばら撒かれている状態であり、その状況は未だに続いています。

ということは、福島だけでなく東日本一帯の土壌は放射能性物質で汚染されています。ですから、本来は、そこで生産されている農産物やその海域で取れる魚介類を摂取することは控えるべきです。

それなのに、そうした現状を押し隠すようにして、今回の新「機能性表示食品」と表示して、より多くの商品を消費者に押し付けようとしています。



それこそ、国民の健康を考慮しているのではなく、国民の健康を阻害するための政策ではないか、と疑わざるを得ません。

基本的に食品は、どれか特別に身体にいいというものはありません。野菜を中心にして季節毎に取れる食品を、少量ずつ摂取するだけでいいわけです。

特に現在は、少食、粗食に徹して、よく太陽の陽光を浴びて、身体を動かして汗をかき、身体から老廃物を排出することを考えなければなりません。

その上で、植物性の乳酸菌などを利用して内臓の働きを活発にして、免疫力を高めることが一番、大切です。政府などは信用せずに、自分の身体を自分で守るために何をしたらいいのかを日々、真剣に考えていくしかありません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/685-da111d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。