アメリカ、カリフォルニア州の異常渇水!

ここでは、「アメリカ、カリフォルニア州の異常渇水!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


完全に水が干上がってしまった、アリゾナ州の「グランドキャニオン」


現在、地球上のあらゆる所で発生している天変地変は想像を絶するほどのものがあり、正に地球の創世記のような地殻変動が起こっているようです。

例えば、アメリカ全土では東部地方が異常な寒冷状態のあるかと思いますと、西部地方は全く逆で異常な高温や異常干ばつに襲われています。

とりわけ、西部地方ではカリフォルニア州異常渇水が長く続き、先日は遂に25%の取水制限が発令されるほどになっています。



このことに関して、『「浅川嘉富の世界」へよーこそ』では下記のように記しておられます。


ーー引用はここからーー

米国のカリフォルニア州一帯の降水量が激減し、記録的な干ばつ状態になり始めたのが今から4年前、そうした異常な状況については、これまでに何度かお伝えしてきた通りであるが、いよいよここに来てブラウン州知事が州全土に水の使用の25%制限の行政令を発令する事態となった。

渇水がいかに厳しい状況にあるかは、添付した写真をご覧になれば読者にも分かるはずだ。当初は庭の芝への放水や車の洗車などを自粛する形で、渇水対策が続けられてきていたようだが、もはやそのような悠長なことを言っておれない状況となってきており、州民全体に対して25%カットを法令として発動する事態となったと言うわけである。

この1~2年、食器洗いやシャワー、水洗トイレといった日常生活に使う基本的な水の不自由な状況が続いていたが、ここに来て、州中心部の一部の街では井戸から汲み上げていた水が完全に枯渇してしまい、週に1~2回の市の給水車の配送に頼る状況となっている。

一方、農業においても厳しい状況が続いており、既にブドウなどの果樹園を経営する農家や牛を放牧する農家の廃業も数多く出ており、ワインや牛肉が高騰し始めている。これから先こうした価格の高騰は米国全土に広がりそうで、ジェリー・ブラウン州知事はこれから先、気候変動がもたらす影響が米国全体に及ぶことになることを承知しておく必要があると語っている。これは大変重要な発言で、しっかり受け止めておく必要がある。


取水制限が発令された4月1日の翌日、ブルームバーグがHPで非営利パートナーシップ、「リスキー・ビジネス・プロジェクト」が気候変動によって、さらに深刻な状況が待ち受けていることを示唆する調査結果を発表したことを伝えている。

調査結果によれば、世界有数の農業地帯である同州では、気温が35度を超える平均日数が今世紀末までに2倍、あるいは3倍にまで増加する可能性があり、また、海水面の上昇により沿岸部の不動産190億ドル(約2兆3000億円)相当が消え去る可能性が高いという。

また、報告書は気温上昇に伴って山火事発生の頻度が高まるほか、大気汚染による呼吸器疾患が増加し熱波に関連した死亡率が高まることが予想されることや、カリフォルニア州では今世紀末までに年間約7700人が熱波に関連して死亡する可能性が高いことも伝えている。

こうした今世紀末までという長期的な見地に立った報告書とは別に、もしも、この4年間の降水量の激減状態がこれから先も続くようなら、わずか1年後には、カリフォルニア州の多くのエリアで水がさらに枯渇し、日常生活が難しくなるのではないかという、見通しを立てている人々もいる。

最近の米国全体を襲っている異常気象の様子を見ていると、カリフォルニア州の渇水はさらにひどくなり、来年の夏場が終わる頃には、一部の住民の避難が始まる地域も出て来る可能性もありそうだ。

下に掲載した写真は、4年前の満々と水をたたえた状況と現在の枯渇した状況を比較したものである。米国ABCニュースが伝えたこれらの写真を見てもらえれば、いかに今、カリフォルニア州の渇水が切迫した状況となっているを理解してもらえるだろう。

15-message54-06.jpg
4年前の満々と蓄えられた水

15-message54-07.jpg
現在、完全に渇水状態

読者はカリフォルニア州といっても米国のほんの一部ではないかと思うかもしれないが、 3800万人が暮らすカリフォルニア州の面積は我が国の国土全体より広く42.40万?という広大な面積である。 つまり、日本全土が4年間にわたって渇水状態となっていることになるわけだから、いかに異常であるかが分かるはずだ。

ーー引用はここまでーー



アメリカのNASAは、この異常干ばつに関して下記のような警告を発しています。

『全米最大の人口を抱えるカリフォルニア州で水不足が深刻さを増している。今年で4年目に入った干ばつは、野菜や果物、アーモンドの主要産地である同州の農家を直撃。米航空宇宙局(NASA)は「州内の水源に残された水はあと1年分」と警告する。非常事態を宣言した州政府による水の利用制限が強化される中、海水を飲み水に変える技術に注目が集まっている。』


このカリフォルニアの干ばつは、気候変動や地球温暖化などの面が強調されて報道されていますが、降水量のグラフを見る限り、この 100年間では、「雨の多い年があったり、雨の少ない年もあったり」というだけのことだとも言われています。

唯、重大な要件として考えられるのは急激な人口増加が上げられています。何と、カリフォルニアの人口は、約110年間で、30倍近くにまで増えたそうです。

こうした人々の水の消費は大変なものがありますし、カリフォルニアは水を大量に使う農業や工場なども多いことなどから、今日のような活水状況になることは、かなり以前から予測できていたものとも言われています。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/684-e48f2473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。