飲まれない、「残薬」の山!

ここでは、「飲まれない、「残薬」の山!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

zannyaku.jpeg

病人や患者が病院や調剤薬局から渡されるクスリは、その種類の多さだけでなく量的にも大変なものがあり、日本全土では天文学的な数値に達しているのではないでしょうか。

そこで問題になっているのが、その大量に供給(販売)されたクスリの多くが、飲まれずに放置されたり廃棄されていることです。

特に、高齢者の患者の自宅には、そうしたクスリ、即ち残薬の山が築かれているそうです。何と、その残薬の学は、年475億円分にも上っているそうです。



この問題に関して、「Yahooニュース」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

大阪府忠岡町の女性(78)宅を訪れた薬剤師の井上龍介さん(39)は、台所のフックにかかった10袋以上のレジ袋を見つけた。「ちょっと見せて」。中は全部、薬だった。

胃薬や血圧を下げる薬、血糖値を下げる薬、睡眠薬――。10年ほど前の日付の袋に入った軟膏(なんこう)もあり、冷蔵庫にインスリンの注射薬が入れっぱなしだった。錠剤は1千錠を超え、価格に換算すると14万円超にのぼった。

井上さんは昨夏、女性を担当するケアマネジャー上(うえ)麻紀さん(37)の相談を受けた。上さんによると、女性は糖尿病や狭心症などで3病院に通い、15種類の薬を処方されていた。適切に服用しなかったので糖尿病は改善せず、医師がさらに薬を増やし、残薬が増える悪循環に陥っていた。

「高齢で認知能力が落ちている上、3人の主治医が処方する薬が多く、自己管理が難しかったのだろう」。井上さんはみる。

残薬は使用期限前で、保存状態が良ければ使える。井上さんはそうした薬を選び、曜日別の袋に薬を入れる「服薬カレンダー」に入れ、台所の壁にかけた。約3カ月後、寝室から約25万円分の薬も見つかり、薬の種類を減らすため主治医の一人に相談し、ビタミン剤の処方を止めてもらった。

在宅患者や医療関係者に薬の扱い方を教える一般社団法人「ライフハッピーウェル」(大阪府豊中市)の福井繁雄代表理事によると、1日3食分の薬を処方されながら食事が1日1食で薬がたまる高齢者や、複数の薬を処方され「何をどう飲めばいいか分からない」と90日分も残薬があった糖尿病患者などの事例が各地から報告されている。

日本薬剤師会は2007年、薬剤師がケアを続ける在宅患者812人の残薬を調査。患者の4割超に「飲み残し」「飲み忘れ」があり、1人あたり1カ月で3220円分が服用されていなかった。金額ベースでは処方された薬全体の24%にあたり、厚労省がまとめた75歳以上の患者の薬剤費から推計すると、残薬の年総額は475億円になるという。

ーー引用はここまでーー



こうした残薬の量は、調査されていないものを含めると、上記で報じられている以上のものがあると想像できます。

上記でも指摘されていますが、残薬発生の原因には多くの要因があるようです。残薬の発生と服薬状況は不可分の関係にあり、服薬状況が悪いと必然的に残薬となるのは当然です。

例えば、「残薬や併用薬が多くなり過ぎ、整理がつかなくなって飲めない」「薬識がないために飲まない」「副作用が怖いために飲まない」「体調が悪くないため、自分で調整してしまって飲まない」「錠剤、カプセル、または粉薬が飲めないなどの剤形上の問題」、など多くのケースを挙げられています。



残薬や併用薬が多くなり過ぎ、整理がつかなくなって飲めなくなるケースの中には、普段、外来で5種類の薬を服用していた患者が、症状が悪化したために入院すると、入院先で2種類の追加処方が出される、などの場合もあります。

そして、退院時には退院時処方として7種類の薬を7日分もらって自宅に戻ることになります。その後、元々掛かっていたかかりつけ医を受診し、処方せんを薬局に持参します。

すると薬局では、後発品を勧められ、7種類中2種類を後発品に変更されたりします。そうなると患者も家族も、どの薬を飲めばよいのか分からなくなってしまうわけです。



このように、残薬の主な原因には、入退院を繰り返したり、2か所以上の病院・診療所から薬をもらうことで、起こることが多いわけです。

要するに、残薬の真の原因は病院が患者にクスリを大量に供給しすぎていることに他なりません。「医は算術」の現状を如実に表していると言えます。

何時も申し上げているように、人々が一刻も早く「クスリ信仰」から脱却する以外にはありません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/682-e998a1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。