深海魚:アブラソコムツ

ここでは、「深海魚:アブラソコムツ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

アブラソコムツ

アブラソコムツ1.5mほどの大きさのものが静岡県沼津市大瀬崎で生きた状態で観察で-きた。釣りでも人気のあるアブラソコムツは、普段は深場に生息しているようです。すで-に弱っていて水面でフラフラと泳いでいました。
アブラソコムツ(脂底?、油底?、サットウともいうらしい、英名では、Escolar エスカラー)スズキ目サバ亜目クロタチカマス科アブラソコムツ属 Lepidocybium flavobrunneum 。各国の温熱帯の深海域に生息するとのこと。似た魚でバラムツがいるのですが、尾鰭付-近に隆起が見られるので、アブラソコムツでよいと思うのですが。



最近、日本でも深海魚を食する人が増えてきて、その流通も盛んになっているようです。スーパーなどの鮮魚売り場にも、それらしきものが並べられています。

この深海魚に限らず、この頃では海外の魚類が大量に輸入されるようになり、鮮魚としてだけでなく種々の加工品としても利用されています。

そこで問題なのが、そうした魚類の名称です。深海魚も海外からの輸入魚も、日本では名前が知られていませんので、それをそのまま販売しても消費者が買う気を起こしません。



そのため、食品業者はそれらの魚類の名前を日本人に馴染みのある魚類と同じか、それに近い名前に変えて販売しています。

特に、切り身にされたり、刺し身にされたり、煮魚やフライなどの加工品にされたりしますと、元の魚の姿形が分かりませんので、ついつい、その名前につられて購入してしまう消費者が多いものと思います。

これは明らかに偽装工作そのものです。残念ながら、日本の食品業界では魚類に限らず、多くの生鮮食料品や加工品の中に偽装工作を施したものが数多く見られます。



このような食品偽装は日本のみならず、中国や韓国でも大きな問題になっています。しかしながら、消費者からの訴えや事故が起こらない限り、何処の国も政府も知らんぷりです。

で最近、アメリカで韓国人の経営する和食店で魚の偽名が発覚して大問題になっているようです。


【米国】韓国系の飲食店100数社が魚の偽装で訴えられる


事件の内容は上記の動画で語られている通りですが、「FOCUS-ASIA」では下記のように報じています。


『コリアデイリーによると、米ロサンゼルス地域で韓国人が経営する和食店100店以上に、訴訟を予告して巨額の補償を求める手紙が送られているという。

原因は韓国人経営の和食レストランがメニューに「ホワイトツナ」と表記しながら「エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)」を出していたため。

記事はエスカラーについて「サバの一種で、日本食レストランでは一般的にホワイトツナと呼ばれている」などと紹介しているが、有害な成分を含むために日本では販売が禁止されている魚だ。

昨年末から米国の弁護士が、こうした韓国人経営の和食レストランを対象に損害賠償請求訴訟を起こし始めた。
訴訟を予告する手紙はこれまでに100店以上に送られているとみられる。これを受け、韓国人経営者60人余りが「米州韓人和食業協会」を結成、問題に共同で対処することにしたという。』



実は、このアブラソコムツという魚は、日本では釣師がゲームフィッシングの対象魚としていますが、食用や販売は禁止されています。

ですから、日本国内では、「サバの一種で、日本食レストランでは一般的にホワイトツナと呼ばれている」などと言うことはありませんが、残念ながら海外で、日本人以外の経営による和食店では、このような形で提供されているようです。

アブラソコムツについて、ウィキペディアでは下記のように説明されています。

『体長100cmを越える大型魚で、大きいものは150cm近くにもなる。体は黒茶色で、目が白くて大きい。歯は鋭く、ムツのように厳つい顔立ちをしているが、食用魚のムツとは同じスズキ目で深海魚である以外には関係は遠い。引きが強いので、スポーツフィッシングの対象にされることもある。深度150 - 1000m付近の深海に生息。

深海魚にしばしば見られる形質であるが、体内の油脂成分のほとんどが瀉下作用(下剤様作用)があり、人体で消化することができないワックスエステル(ゲンピロトキシン(蝋質))でできている。

そのため、肉は美味であるが、大量に摂取すると、皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出す、あるいは下痢や腹痛を起こす場合があり、とくに多量に摂食するなど重症の場合、下痢による脱水症状やそれに伴い昏睡状態に陥る症例も報告されているので注意を要する。

厚生労働省は食品衛生法第6条2項(有害な物質を含むもしくはその恐れのある食品)に該当する食品として販売禁止指定しており、判例もこれを支持している。販売が禁止されているため市場には出回らないが、釣獲するか漁網に掛かり廃棄されるものを分けてもらうなど、売買以外の方法での入手は可能である。

同じ仲間の魚に、バラムツがあり、こちらも販売禁止に指定されている。』

baramu.jpeg
バラムツ



残念ながら、上記のような食品偽装問題は、切りがないほど世界中で引き起こされています。ちなみに、上記で表示されたという「ホワイトツナ」という正式名称の魚はいません。

日本でも、よく缶詰の名称でホワイトツナと表示がされているのを目にしますが、それらは「びん長マグロ」を白いフレーク片にしたもので、高級ツナ缶詰の原料となっています。

このような偽装食品は、加工されたり、調理されて提供されると消費者には全く分かりませんので、予防の方法もありません。



最後は業者や商店、また料理屋などの提供者側の良心に頼るしかありません。ですが、それがまた当てになりませんので、実に困った問題です。

最低限、できる予防法は自宅で調理することや、名前のよく知れた食品や国産品を購入したり、なるべく外食は避けるようにするなどしかありません。

根本的な対処法としては、身体の免疫力を高めて、身体に合わない食品などはドンドン排泄できるような身体にしておくことです。それと粗食にすることしかありません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/676-56b50307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。