サブリミナル広告は効果がない!

ここでは、「サブリミナル広告は効果がない!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


自分がまったく気づかないような映像や音声から、無意識のうちに影響を受けるサブリミナル効果に対する、心理学の知見を詳しく解説し、学術的な観点からサブリミナル効果の真偽をどう考えるべきかを論じる。



以前から、広告業界では「サブリミナル広告」というものが利用されていると言われています。特にテレビや映画などの映像の世界で使われている手法とされています。

私は、実際にどのように利用されているのかは知りませんが、サブリミナル効果とは、人が知覚する意識と、知覚しえない潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のことだと言われています。

テレビや映画などの映像で、人が認識するかしないかのギリギリの瞬間に意図的なメッセージなどを挟み込むという方法が取られているようです。



このサブリミナル効果を広めたのは、アメリカの市場調査の専門家ジェイムズ・ヴィカリーだと言われています。彼は1957年のニュージャージー州フォトリーの映画館において密かに行なった実験で、すばらしい結果が出たと発表したそうです。

その実験が、いわゆる「サブリミナル効果」そのもので、観客に「コカ・コーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」と指示するフラッシュ映像を混ぜた映画を見せ、その結果、映画館のロビーでコカ・コーラとポップコーンの売り上げがグンと伸びたと、広告業界の大物や製造業者などに伝えた、ということのようです。

ですが、その後、1962年にヴィカリーは「サブリミナル効果はペテンで、破綻しそうな自分のコンサルタント業を救済するためにでっちあげた」、と認めたそうです。



ですが、その後も、サブリミナル効果について方々で言及されていますが、「カラパイア」では下記のような記事を載せていました。


ーー引用はここからーー

(前略)それでもサブリミナル広告の威力に対する懸念は収まることがなかった。1957年のパニック以来、イギリスではその使用が禁止されている。実際のところこの一連の流れは、一般大衆の洗脳を懸念するSF的な冷戦の単なる余波でしかないのだろうか?


では実際にサブリミナルCMは効果があるのだろうか?
 
言葉を知覚できないほどの長さで表示すると一定の効果が発揮されるという見解について、かねてから心理学者は賛同を示してきた。実際、2006年にユトレヒト大学の研究チームが、実験室における極めて限定的な環境においてはサブリミナル広告が有効であったことを確認している。

同チームによれば、サブリミナル広告は視聴者が既にその製品を知っており、好感を持っている場合にのみ有効であるらしい。しかし、一瞬の表示によって製品名に対する”意識的なアクセス”を促進することがその原理であるため、コカコーラなどのこれ以上親しみようがないほどポピュラーな製品に対しては効果が見込めないようだ。

だが、未だ答えが出ていない本当の問題は、かつてヴィカリーが主張したように、これを理路整然とした実験室ではない乱雑な日常の中で、しかも大衆に対して再現することができるかどうかなのだ。


BBCラジオが公共の場で実験を行う

BBCラジオ4のドキュメンタリー番組ではこの問いに答えるべく、公共の場での実験を行った。これは前述の実験を行ったユトレヒト大学のシュトレーベ教授の指針に沿いながら、98人のボランティアの被験者に対して実施されている。

すなわち、サブリミナル広告が流れていることが判っていては実験の意味がないので、被験者にこれが知らされるのは実験終了後であった。また、被験者が実際に飲みたくなった場合のみ広告が有効であると見なされるため、宣伝される飲料水は喉の渇きを癒すものと認識されているリプトン・アイスティーとした。

実験前、被験者には喉を乾きやすくするためにポテトチップスが供された。また、映画館に座った彼らは赤い目隠しと黒い目隠しの2つのグループに分けられた。そして、3分間のビデオクリップを2回上映したが、各回とも片方のグループは目隠しで映像を見れないようにされた。

なお、5秒に1度10ミリ秒の”リプトン”という単語が流されたのは、赤い目隠しのグループである。上映終了後、被験者にはリプトン・アイスティーとミネラルウォーターの選んでもらい、質問表への回答が指示された。


サブリミナル効果は認められず?

結果は全くの効果無しだった。サブリミナル広告が流されたグループではアイスティーを選んだ人数が数名多かったが、統計的に有意とするには不十分だったのだ。アイスティーが嫌いな人や飲んだことのない人など、サブリミナルに対して免疫があると思われる被験者を除いた後も結果に変化はなかった。

実験室では有効だったことを考えれば、公共の場で効果を得ることができなかったのには理由があるはずだ。例えば、被験者の大部分が喉は乾いていないと回答している。広告をしっかりと見れない者もいたかもしれない。ビデオクリップが短過ぎた、またはポジティブではなかったという可能性もある。誰かが水を飲む場面を垣間見たことが影響したとも考えられる。

あるいはサブリミナル自体に問題があったのかもしれない。早過ぎて無意識にも認識できない、または現実に起きたら大問題となるであろう遅過ぎて気づかれてしまっているケースもあり得る。


また、実験からは映像を通してサブリミナルを挿入することは、非常に骨の折れる作業であることも判明している。今回の映像は、カットやカメラワークも速いものが選ばれたが、これはサブリミナルを隠し、意識的には認識しにくくするという狙いがあった。

だが、映像全体を通せば、サブリミナルの長さと透明性は観衆に気づかれないように大きく変化させる必要があるだろう。最も現実的な方法は、終了間際の数分間だけに挿入することかもしれない。

こうしたことから、今回の実験でサブリミナル広告が公共の場でも有効であることを最終的に反証できたとは言えない。だが、こうした広告への恐怖が科学的な根拠があるものだとしても、実際にこれを成し遂げることが容易でないことは証明しているだろう。

仮に数ヶ月間の準備をしてもなお思うような結果を残すことができないのであれば、大勢に対してサブリミナル効果を発揮させることは、それほど魅力的なものには思えない。

また、一時的に影響があったとしても、その後も持続するような効果が望めるとは疑わしい。成功率の低さや、バレた場合の法的なものも含めた責任の大きさを考えると、これを試すことは相当な物好き以外にはお勧めできなそうだ。

ーー引用はここまでーー



ところで、サブリミナル広告が視聴者に対する一種の洗脳を目的としたものかどうかは知りませんが、どうみてもテレビの広告そのものが、洗脳のようなものであり、人々を煽動するツールであることに他なりません。

テレビの広告だけでなく、マスコミで報じられていることを鵜呑みにする人々は、完全にマインドコントロールされていると言わざるを得ません。

勿論、ネット上の情報や動画などの内容も余程注意して見て行かないと、同様の轍を踏むことにもなり兼ねません。今日のような情報過多の時代ですから、自分の頭でよく考えて判断する習慣を付けるしかありません。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/668-b90849ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。