海外に普及しつつある、日本式運動会

ここでは、「海外に普及しつつある、日本式運動会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

ボランティア カンボジアの小学校で日本式運動会



日本で運動会と言いますと、幼稚園から始まって、小学校・中学校・高校などで行われている学校運動会が一番馴染みがあります。

また、一般企業や各地域で行われる運動会や体育祭などと言われるものもあり、日本人にとっては切っても切れないような行事の一つです。

運動会は単なる競技競争ではなく、競技者も家族を始めとした大勢の見物客も、また学校や会社などの主催者も共に参加して楽しむ、一種のレクリエーション的な行事でもあります。



もともと、運動会の起源はヨーロッパにあるそうですが、欧米では体育とスポーツの分化されるようになり、一方では特定種目の競技会やそれを複合させたスポーツ競技会となり、一方で子供による伝統的な遊戯まつりやピクニック会などへと変化していき、今日に至っているそうです。

日本で運動会が行われ出したのは明治時代からのことで、その当時は、運動会のことを「競闘遊戯会」「体操会」「体育大会」などと呼んでいたようです。

また、日本で最初に行われた運動会は、定説によれば1874年3月21日、海軍兵学校で行われた競闘遊戯会であるとされています。

但し、1868年に幕府の横須賀製鉄所において、技術者や職工らによって行われたものが最初であるとする説もあるとのことです。



さて、この運動会は今や日本独特の行事のようになっていますが、最近、他の国々でも日本式の運動会が開催される機会が増えているようです。

勿論、現地にいる日本人や日本のスポーツ関係の人々の啓蒙によるわけですが、それぞれの国で受け入れられつつあるようです。

特に、5年後の東京オリンピックに向けてスポーツを通じて国際交流を進めようと、日本の政府やスポーツ関係団体が世界各地で、運動会を紹介しているようです。

また、発展途上国で学校体育支援や施設建設を進めているそうで、スポーツを通じて100カ国以上、1000万人以上を支援しようという試みが、JICA(国際協力機構)の青年海外協力隊員などと通じて行われているようです。



例えば、近いところでは、今年の2月に、タイ東北部のウドンタニの学校で、幼稚園児から中学生まで240人余りの子どもたちが集まり、赤や青など4つのチームに分かれて日本式の運動会が行われたそうです。

玉入れなど日本ではお馴染みの競技も、タイの子どもたちにとっては初めてで、大玉転がしでは、ボールがコースを大きく外れてしまうなど、なかなか上手くいかなかったようですが、子どもたちは興味津々の様子で挑戦していた、と報じられていました。

また、千葉県勝浦市の国際武道大の学生や教員が、カンボジアの小学校で日本式の運動会の競技を教えているそうです(2006年から)。



玉入れ、二人三脚、ボール運びなどの定番の競技は、ルールも簡単ですから、親しみやすく、内戦の時代の影響から、学校スポーツがいまだ盛んとはいえない現地の子どもたちにも大好評だそうです。

更に、青年海外協力隊員が指導している、別のカンボジアのクラチェ州にある中学校では、「Undokai(運動会)を通して生徒会活動を普及する」活動に取り組んでいるそうです。

生徒会を実行委員として、運動会を開催するそうです。日本の運動会と違うのは、3~4ヵ月の準備期間を設け、準備や運営全般を生徒が行うことと、競技種目がすべてグループ競技だそうです。



勿論、初めてのことですから、指導するにも色々と大変なことも多いようです。例えば、競う、ルールを守る、練習する、協力する、道具を大切にする、責任を持つなど、中学生にもかかわらず、初歩的なことから指導しなければならなかったそうです。

どこの国も文化や生活習慣が違いますから、日本式の習慣を持ち込んでも上手くいきません。でも、結果として「運動会だけでなく学校行事は子どもたちを大きく成長させる」こととなっているようです。

JICAでは100ページに及ぶマニュアルを作り、DVDも製作したり、ラジオ体操もクメール語に翻訳して、多くの隊員たちが全国へ広げているそうで、いまや運動会を開く中学校は約30校にもなっているそうです。



いわゆる勝ち負けに拘るスポーツ競技ではなく、運動会はみんなで楽しみ、相協力することを学んだり、和の精神を学ぶ機会でもありますから、それが世界各地に広まることは大変に有意義なことです。

ご存知のように最近、日本の和食を始め、日本文化に関わりのあることが多くの国々で評価されたり、興味を持たれたりしています。

残念ながら、日本の政治は世界の中では3流、4流ですが、日本の長い伝統に根ざした文化や習慣を通して、日本人の生き方が受け入れられるようになると、世界の状況も変わってくるかもしれません。

その為には、日本人の一人一人が、もっと日本のことを熟知し、大和民族としての誇りを持ち、地球の未来を明るいものにする努力をして行かなければなりません。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/664-cc17e5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。