尾道の巨石群(2)

ここでは、「尾道の巨石群(2)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

iwa.jpg

昨日に続き、今日も尾道の巨石群についての話題です。尾道大学の児玉教授の話では、尾道は風水都市、つまり陰陽理論にそって作られていると言われています。

上図のように、千光寺本堂内から、また西国寺仁王門を通して、そして浄土寺山門から向島の岩屋山が正面に見えます。これは三山の位置が方位を意識して建造されていると言われています。



下の画像は、千光寺本堂より向島の岩屋山の眺めたもの。冬至の朝日は正面の山頂から昇り、千光寺本堂内の奥まで光は達するそうで、この現象は明らかに意図されていると言われています


iwa2.gif

ということで、今日は岩屋山にある巨石群の中から少し紹介します。稲田教授の著書『隠された神話・歴史都市 尾道の謎』(発行:尾道市)には、下記のように記されています。

「何故違う場所にある三つの寺が岩屋山を向けて建てられたのか?岩屋山は不思議な山である。三古刹が向いている岩屋山。初めは岩が多い山というのが印象だったが、フィールドワークを重ねる度に新たな発見と出合った、四山の中でも特筆すべき山だ。」



岩屋山は標高約100mほどの小さな山です。尾道側の三山(千光寺山、西国寺山、浄土寺山)には、それなりに人が訪れる場所ですが、この岩屋山は人訪れぬ山とされ、隠された秘密の場所のようです。

岩屋山の巨石群までの道のりの途中には、下の画像のような数多くの摩壁仏が配置されており、この場所を守るかのように配置されています。

iwa3.jpg



そして巨石にたどり着くと、下の画像のように見事な巨石が真っ二つに割れており、その壁面には次の画像のような不動明王なのか、日本神話で天の岩屋を開いたとされる天手力男神(あめのたぢからおのかみ)なのか、とにかく男神が描かれています。

iwa4.gif

iwa5.gif



そして、割れて開かれた岩の向こうは、夏至の朝日の方向になっています。実は、この岩屋巨石は、冬至と夏至の朝日、夕日の交差する場所に配置されているそうで、線を結ぶと正六角形が表れるとのことです。

この正六角形は、亀甲の形でありますから、出雲大社の神紋、「二重亀甲剣花菱」とも読めるのではないかと言われており、そうなると、出雲の国で、須佐乃男命(すさのうのみこと)がヤマタノオロチを退治して大蛇の尾から引き抜いたとされる、草薙の剣を象徴しているのではないか、とも考えられています。

そして、千光寺山の玉岩、鏡岩と合わせると、尾道の地に「三種の神器」が表現されているのではないか、と言われており、もしそうであれば、このような巨岩を配置したのは、当時の日本の支配者ではないかと推測されています。



と言うのも、古代の日本の流通の中心は山陽道、瀬戸内海であり、山陽道のちょうど中央に位置する尾道に、時の権力者、支配者が、力の象徴を残したとしても不思議はない、と考えられるからです。

下の画像を見ますと、岩屋山が、日本神話にでてくる、天照大御神が隠れたとされる、「天の岩屋」そのものなのかも知れない、などど想いを馳せる方もいます。実のところ、日本各地には同様に「天の岩屋」と言われている所が何箇所もあるようです。

iwa7.jpg
岩屋山の名前はこの岩屋からきていると考えられています。



さて、この岩屋山には下の画像のような「ジョーズ岩」と呼ばれる奇岩もあります。

iwa8.gif

全く、海の巨大ザメのジョーズそのもののような奇岩ですが、どうしてこのような巨岩が山の頂上にあるのか明らかにされていません。海の海底が隆起して出来たのかもしれませんが、これも古代のロマンですね。

(上記の内容は、「方位と太陽(尾道巨石群)」「尾道歴史新聞」の記述を参考にさせて頂き、また画像も転載させて頂きました。)


岩屋巨石ミステリーツアー




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/652-ad4dc9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。