シーラカンスの寿命は百年以上?

ここでは、「シーラカンスの寿命は百年以上?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

シーラカンス



本日は趣を変えて、「生きる化石」として知られている「シーラカンス」の話です。シーラカンスは、未だに多くの謎を持っている魚です。1938年にアフリカ沖で1匹のシーラカンスが発見されるまで、専門家の間ではこの魚は6500万年前に絶滅したものと考えられていたそうです。 

その後、インド洋西部と太平洋西部の一部の海域で、まとまった数のシーラカンスが確認されました。その後、ハンス・フリッケ氏という方が研究チームを立ち上げ、21年間にわたり調査を行ったそうです。

その結果、この原始の魚は100歳かそれ以上まで生きられるという、研究結果が報告されました。しかも、その姿は年月による衰えがほとんどなく、まさに不老というほどだったそうです。 何だか羨ましい気もします。



さて、このシーラカンスに関して、「カラパイア」では下記のような記事を載せています。


ーー引用はここからーー

これまでに信頼に足りるデータがまったくなかったシーラカンスを、フリッケ氏らのチームは21年に渡り徹底的に調査した。調査対象は、セーシェルとマダガスカルに挟まれた島国コモロの近海で発見されたシーラカンスの個体群だ。

シーラカンスは水深約160~200メートルのところに生息するため、チームは潜水艇を使って写真と動画を撮影し、この魚を研究した。シーラカンスの体側には個体ごとに特有の白い斑点があるので、数百回にも及ぶ潜水艇調査の中でチームは140匹以上の個体を識別できた。

ところが300~400匹の個体群の中で、未成熟の個体は1匹も見つからなかった。加えて、この魚がどのようにして生まれるかもほとんどわからなかったとフリッケ氏は話す。

「1匹の妊娠したメスにピンガー(追跡装置の一種)を付けて、この個体がさらに深くへ降下していくのを追跡した。それで、母親は出産のために非常に深くまで行くのではないかと考えている」とフリッケ氏は推察する。

さらに奇妙なのは、毎年3~4匹の個体しか死んでいないようと見られることだ。しかも、この死んだ3~4匹が個体群の中で占めていた位置は、どこからともなく現れた3~4匹の若い成体によって引き継がれる。

この個体群では毎年約4.4%しか死んでいないということになるが、この数値は魚類の死亡率としては、記録されている中では最も低いレベルだ。そのためフリッケ氏は、シーラカンスの寿命を約103年と試算した。魚類ではほかに、深海に住むメバル属の仲間も同様の死亡率で、寿命は約100年だ。

長寿であるにも関わらず、シーラカンスには年月による衰えがほとんど見られない。そのため、個体の年齢を特定するのはきわめて困難だ。しかも、魚の年齢測定に通常使われる、ウロコの年輪を測定するなどの方法は、シーラカンスには適用できない。

というのも、シーラカンスのウロコはほかの魚と違って経年変化しないようだ、とフリッケ氏は言う。「1989年にコロニーに到達した何匹かの成体の写真を撮影したが、まったく成長しなかった。シーラカンスは一目見て年齢を当てるというわけにいかない」。

ということで謎多き古代魚、シーラカンスの全貌が明らかになるのは、まだまだ時間がかかりそうだね。

ーー引用はここまでーー



ところで、シーラカンスは学名を「ラティメリア・カルムナエ(Latimeria chalumnae)」と言うそうです。これは、幻の化石魚を発見した人と場所に由来しているそうです。

ラティメリアはラティマー女史の名前から、カルムナエは、トロール船の船長グーセンがシーラカンスを捕らえたポイントのカルムナ川から名付けられました。この学名の命名者は、ラティマー女史が手紙でシーラカンスについて相談したスミス博士です。

アフリカのコモロ諸島の人々はシーラカンスを「ゴンベッサ」と呼ぶそうです。ゴンベッサとは「食えない魚」、「使えない魚」という意味だったそうですが、シーラカンスを釣り上げると、高く買ってもらえるということから「幸せを呼ぶ魚」という意味に代わったそうです。



さて、冒頭の動画でも分かりますが、シーラカンスは、まるで歩くように泳ぐそうです。陸地を歩くことができそうな、立派な胸ビレと腹ビレを持っているのが分かります。

このヒレには、ほかの魚では見ることのできない大きな骨と関節があるのが特徴で、そのため、魚類から両生類へ変化する過程のままの姿や特徴を継続しているのではないか、と言われています。

また、背骨がないことも大きな特徴となっています。固い背骨の代わりに脊柱(ギリシャ語でシーラカンス)と呼ばれるホース状の管が頭から尾鰭までつながっていて、その中は油のような液体で満たされているとのことです。



尚、シーラカンスは水深40メートルから600メートルまでの幅広いエリアで魚やイカなどを食べているそうです。漂いながら近寄るものをくわえて食べるタイプで、しばしば「逆立ち」をして海底にうごめく動物たちを食べるとも言われています。

また、シーラカンスは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の第I類に指定されています。

ですから通常、シーラカンスを商業ベースで展示することは許されていないそうです。唯、「沼津港深海水族館のシーラカンス・ミュージアム」では、正式に展示が許されているそうです。


生きたシーラカンスの生け捕り




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/646-de2eead9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。