甘酒を使った料理レシピ

ここでは、「甘酒を使った料理レシピ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


過日、甘酒「飲む点滴」と言われるほど、優れた効能があることを紹介しました。(「甘酒は飲む点滴・・・?」

最近では、甘酒は市販のものが簡単に手に入りますが、多少の手間がかかっても家庭での手作りの方が、本来の味が出るのではないでしょうか。

前回、「甘酒は飲む点滴・・・?」の記事の中ではヨーグルトメーカーを使った甘酒の作り方を紹介しましたが、今回は炊飯器を利用した作り方を記しておきます。下記の動画と説明文をご覧ください。



甘酒の作り方(米麹・炊飯器で作る)



【材料(約1リットル分)】

もち米(お米でも)‥‥1合
乾燥米麹‥‥200g
水‥‥400cc

必要な道具:炊飯器、温度計


【作り方】

1、もち米(お米でも)を洗って炊飯器にセットし、2倍の水分量(2合の目盛)にして-お粥状に炊く。
2、ご飯が炊き上がったら内釜を取り出し、水を1カップ位加えて混ぜ、温度を60度ま-で下げる。おかゆが熱すぎると、酵素が死滅して甘くなりません。目安として60℃ぐら-いまで冷ましましょう。
3、麹が塊なら砕いておく。
4、麹をお粥に加えて混ぜる。
5、残りの水は少し温めて(60℃を超えないように)から加え、混ぜる。
6、内釜を炊飯器にセットし、保温スイッチをオン。間違って炊飯スイッチを押さないで-下さい。
7、中の温度を50~60度前後に保ち、フタを開けた状態で竹ざるをのせる。炊飯器の-保温機能や室温に応じて、必要ならタオルをかけて下さい。
8、隙間から温度計を差し込んで、時々温度をチェックしましょう。
9、麹は50~60度で甘くなります。50℃以下では酸っぱくなります。60℃以上で-は甘くなりません。
10、2~3時間ごとにかき混ぜて発酵をよくする。
11、8時間後に味見をして、甘ければ完成です。
12、そのまま常温に置くと発酵が進んで酸味が出ます。出来上がった甘酒は内釜ごと冷-水に浸けて冷ますか、保存容器に移し、冷蔵庫に入れて冷ましょう。
13、冷蔵庫で一週間程度保存できます。1ヶ月間冷凍保存もできます。小分けして自然-解凍。
14、出来上がったのは甘酒の素です。糖度が高すぎるので、お好みに合わせて水で薄め-て飲んで下さい。
15、甘酒と同量の水で薄めて一煮立ちさせたら、生姜の絞り汁を入れて飲むと体が温ま-ります。
16、酸味が進むのを抑えたり、雑菌の繁殖を防ぐために加熱殺菌をすることを火入れと-いいます。火入れを望まれる方は、完成直後のまだ温かい甘酒を鍋に移し、焦げ付かない-ようにかき混ぜながら80度(沸騰直前)に上げ、5分ほど温めて下さい。
17、粗熱を取って消毒した容器に移し、冷蔵庫で10日間保存できます。

(注意):糖尿病患者の方は注意して下さい。



ところで今回は、この甘酒を使った料理レシピを2,3紹介したいと思います。甘酒は発酵食品ですから、調味料としても、あらゆる料理に利用できます。(「本格甘酒」の記事より引用)

甘酒には動脈硬化、がん、老化を防ぎ、整腸作用、肝機能の強化にも良いと言われています。また、食物繊維やオリゴ糖も豊富で、美肌効果もあり、弱った胃に代わって食べ物を吸収し分解する消化酵素や、酸化した身体を還元する麹酸なども含まれています。

甘酒を利用する時の目安としては、上白糖の倍の量で同じ位の甘さになるそうです。マクロビオティックなどでも甘味として、甘酒、メープルシロップ、オリゴ糖などを利用しています。



1.鮭の甘酒ゆず焼き


<材料>
鮭……80g×4切れ、塩……少々

<調味料>
うす口しょうゆ……大さじ3、甘酒……大さじ4、みりん……大さじ2

酢れんこん:れんこん……100g、赤唐辛子……1/2本
甘酢:酢……50cc、砂糖……大さじ3、塩……少々

<作り方>

1.茹でたけのこはくし切りにします。ふきは茹でて、2cmぐらいに切ります。
2.さきいかは細かく切り、生姜は薄切り、ねぎは斜め切りにします。
3.フライパンに胡麻油を熱し、弱火でねぎ、生姜、クルミを炒め、桜エビ、たけのこを炒めて調味料を入れて、さらにふきを入れて炒め好みで七味唐辛子をふり仕上げ、器に盛りつけます。
4.鮭の切り身を甘酒、しょうゆ、柚子のうす切りでしばらく漬け込んで焼きます。やさしい甘みが魚の味を引き立てます。



2.根菜ゆずコショウ炒め
konn.jpg

<材料(4人分)>
ごぼう……1/2本
れんこん……120g
さつまいも……120g
さやいんげん……8本
柚子……適量

<調味料>
しょうゆ……大さじ2
甘酒……大さじ4
みりん……大さじ1
柚子こしょう……小さじ1
みょうが:2個
木の芽:8枚

<作り方>

1.ごぼう、れんこん、さつまいもは乱切りにして水でよくさらし、水気を切って170℃の油で素揚げします。いんげんも4cm位に切り、素揚げします。
2.鍋に<調味料>を沸かして煮詰め、柚子こしょうを入れて混ぜて(1)を入れて炒め、さらしたねぎを添えて柚子をふります。



黒糖甘酒蒸しパン
kokuto.jpg

<材料(4人分)>
《A》
小麦粉……60g
ベ-キングパウダ- ……小さじ1
卵……2個
三温糖……20g

《B》
甘酒……70cc
生クリ-ム……適量
サラダ油……15cc
しょうゆ……小さじ1/2
白ごま……適量
ミントの葉……1枚

<作り方>

1.ボウルに卵、黒糖を入れ、泡立て器でよく混ぜます。
2.(1)に《A》をふるい入れてゴムベラでよく混ぜ、《B》を入れて混ぜます。
3.型に(2)を流し入れてごまを散らし、強火の蒸し器で30分蒸します。
4.冷めたら等分して器に盛り、ミントの葉を添えます。



4.春雨の甘酒すき焼き 「クックパッド」より)
haru.jpg

<材料 (2人分)>
長ねぎ:2本
きのこ(しめじ・えのき・舞茸など):200g
春雨(糸こんにゃくでも):80g
水菜(春菊・白菜でも):1束
ごま油:大さじ1
A しょうゆ:大さじ3
A 甘酒:50cc
A 水:100cc

<作り方>
1.長ねぎは2?3㎝幅の斜め切り、きのこは石づきを切り落とし小房に分けます。春雨はお湯で戻し、水菜は5㎝長さに切ります。

2.鍋を強火にかけ、ごま油を入れます。温まったら長ねぎを入れ、よく炒めます。この時、焦げ目がつくように、あまりいじらないで!

3.長ねぎに焦げ目がついたら、きのこを加え、さらに炒めていきます。

4.Aを混ぜ合わせたもの、お湯を切った春雨、水菜も加え、フタをして10分ほど煮たら完成!

(ポイント)
長ねぎは青い葉の部分まで使っています。甘酒は自家製の濃縮タイプを使用。市販のストレートタイプの場合は甘酒が100cc、水50ccくらいがよいと思います♪トップ写真は春雨を戻さず入れちゃったので、つゆ少な目のこってりマーボー春雨風です^^



とにかく、甘酒は飲んでよし、また万能の調味料として料理につかってもよしです。また発酵食品として免疫力を高める効果も期待できますので、大いに利用したいものです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/643-a50e390d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。