尊厳死について

ここでは、「尊厳死について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

尊厳死予告の米女性が自殺 「さようなら、世界」



昨年末に、インターネット上で世界中の多くの人々に視聴され、話題となった動画があります。それが冒頭に掲げた動画です。

これは、アメリカ人女性のブリタニー・メイナード(Brittany Maynard)さん(当時29歳)が、末期の脳腫瘍を患い、インターネット上で自らの尊厳死を予告した動画です。

その後、メイナードさんを支援してきた尊厳死支援団体が、メイナードさんは11月1日、自宅で安らかに息を引き取ったと発表しました。



このメイナードさんは、結婚して間もない頃に激しい頭痛に襲われるようになったそうですが、昨年1月に余命6か月の宣告を受け、その時に侵攻性のがんで苦痛を伴う死になると告げられたそうです。

その後、米国内で「死ぬ権利」が認められている数少ない州の一つ、オレゴン(Oregon)州にご主人と共に移り住んで、昨年11月に自らの命を絶つと宣言して、上記の動画を公開されたわけです。

メイナードさんは尊厳死を実行する前に、下記のようなメッセージをソーシャルメディアに投稿していたそうです。


『さようなら、親愛なる全ての友人たちと愛する家族のみんな。今日、私は尊厳死を選びます。この恐ろしい末期の脳腫瘍は、私からたくさんのものを奪っていきました。このままでは、さらに多くのものが奪われてしまったことでしょう。この世界は美しい場所です。旅は、私にとって最も偉大な教師でした。最も偉大な支援者は、近しい友人や仲間たちです。こうしてメッセージを書く間にも、私のベッドのそばで応援してくれています。さようなら、世界。良いエネルギーを広めてください。次へつなげましょう。』



それにしても、29歳の若さで尊厳死を選んだことに対して、私などの第三者があれこれ申し上げることはありません。本人の自由意志で選んだ道ですから、その言動だけを見て善悪の判断をすることはできません。

唯、私の個人的な見解を申し上げれば、こうした尊厳死安楽死に関しては、大いに疑問を感じています。特に、人間は単なる肉体だけの存在ではないことを考えますと、尚更のことです。

又、人間はこの三次元世界で諸々の経験や体験を通して、自らの魂の進化向上を図っていることから考えましても、尊厳死や安楽死を認めることは宇宙の法則に敵わないと感じています。



但し、上記の女性の行動が多くの人々の心に大きな衝撃を与えたことは間違いないことでしょう。その結果、心ある人々に、尊厳死に対してあれこれ真剣に考える機会を与えたわけですから、それらの人々の意識も変化したはずです。その意味で、彼女の言動は、いいとか悪いなどと表面的に判断することはできないと思います。

この世の中では、何事も相互関連の中にありますので、個人の言動も周りや世界に影響を与え、世界の現象は個人にも反映されてきます。

このことから考えますと、上記の彼女の言動も私たち一人一人に影響を与えたことになり、私たちも人ごとと思わず、自分のこととして受け取り、考えていくことが大切です。



ところで、そもそも「尊厳死」とはどういうことなのでしょうか。以前は、尊厳死という言葉はなく、「安楽死」と言われていたはずです。

安楽死とは、「回復の見込みのない病に罹り、激しい苦痛に悩まされている患者に対して、生命を絶つことによりその苦痛を取り去る行為」だと言われています。

この安楽死は、消極的安楽死(延命治療を中止して死期を早めること)、間接的安楽死(苦痛を取り除くための措置が死を早めること)、積極的安楽死(積極的に死を招く措置を執ること)の3つに分類されています。

しかし、安楽死(積極的安楽死)に殺人という負の評価が付いたことや、1981年に世界医師会が「尊厳を保ち、かつ安楽に死を迎えるための権利」などを訴えた、リスボン宣言を採択したことなどから、尊厳死という言葉が使われるようになったわけです。



さて、尊厳死と安楽死の要件の違いについては、下記のようなことが挙げられています。

治療行為中止(尊厳死)の要件

1.死が避けられない末期状態にある
2.患者本人の意思表示、もしくは家族による患者の意思推定がある
3.薬物投与、栄養・水分補給など、すべての措置が対象


積極的安楽死(安楽死)の要件

1.耐え難い肉体的苦痛が存在する
2.死が避けられず、死期が迫っている
3.肉体的苦痛を取り除く代替手段がない
4.患者本人の明示の意思表示がある



ここで再度、冒頭の尊厳死を遂げた女性の話題に戻りますが、彼女の言動について海外の医療や医学に携わる人々の意見が紹介されていましたので、それを下記に引用させて頂きます。(「らばQ」の記事より)


ーー引用はここからーー

●がんセンターの集中治療室で働いています。

がんを奇跡的に克服したケースや、胸が張り裂けるような最期を多すぎるほど見てきました。そして自分は誰もが「自分の最期のとき」を決める権利があると強く信じています。

まだ若い家族が、命の質をとるか、長さをとるかで苦闘する姿も見てきました。心に強く残っているのは若い女性で、何年も赤ちゃんが欲しくてようやく授かり、ところが2度目の検診時に結腸癌の診断を受けました。彼女は無事に赤ちゃんを産むことはできて、延命治療をしないことを選択しました。

今でも彼女の言葉は忘れられません。「私はもう治る見込みはゼロで、死ぬことがわかっています。幸運でも1年の延命ができるかどうかで、それをすると赤ちゃんを抱く力はなくなり、限られた時間をこの子と過ごすことができません。私は自分の運命を受け止めて、これからの数か月を有意義なものにしたいのです」

そう言って、彼女はその通りにしました。彼女の娘が将来、母親の読み聞かせを聞けるようにするため、見つけられる限りの子供向けの本を読んで録音しました。娘の誕生日カードやクリスマスカードを買い、毎年のメッセージを書き、母親からのアドバイスを録音していました。やがて彼女は弱っていき、自らの最期を自分で選び、全ての痛み止めを服用したのです。


●自分も集中治療室で働いています。人は尊厳を保って死ぬ権利があると強く信じています。

政府の補助金が途絶えないために、患者を生かし続けるように主張する家族の姿を何度も見てきました。家族には訪問者用の食事が提供されるので、そのためだけに患者を生かし続けるように依頼する人までいます。

そうした人々は病院に来ると食事だけ要求し、患者にも会わずに帰って行きます。家族のことを気にもかけずに食事だけ求めてくるのです。ホームレスの人々がいるのも理解していますが、それが1か月も家族を訪ねない言い訳になるとは思えません。

むごい亡くなり方をする人々も見てきました。彼らは生きているとは言えません。とても人間とは言えません。肉の塊になっているだけのときもあるのです。チューブや点滴でつながれ、私たちが呼吸をさせ、血液をきれいにし、半永久的にそんな状態にし続けることができるのです。

だけどそれを生きているというのでしょうか。そして何が残るのでしょうか。しかし痛みは感じています。そんな死んだような状態で、とても苦しんでいるのを見ることができるのです。生かし続けるべきだという主張のために。本当に壊れた状態だと思います。それが自分の仕事で最もいやなところでもあります。

尊厳死を選んだこの女性は特殊であり、それは間違いだと言う人は、私の12時間の仕事に招待したいくらいです。私の仕事について、いろいろ見て、彼女がどんな苦しみを被ることになるのかを見ても、泣かずにいられるのかを体験してほしいです。怖いのは主張されたら生かし続けることができるところです。


●どうして他の人が苦しんでいてもいいと思える人がいるのか自分は理解できない。僕は救急医療士だが、想像を絶するような重病人を運んだことがある。

診療のために、どんな状態だろうと関係なく運んだ。苦しんでいるのがとてもわかり、そこには人生のクオリティというものがない。家族が「この状態が終わってくれればいいと思う」と言ったのを聞いたこともある。そして家族にも重い負担である。精神的にも肉体的にもだ。それが見てわかるんだ。そしてそれは悲しいことである。

正直に言うと、何度もこの人を楽にしてあげたらという考えが脳裏をよぎった。とてもつらいほどに。彼らの中で、心が落ち着いている人で、とても苦しんでいる人なら、本人に決めさせてあげてもいいと感じている。自分の選択であり、他の誰の選択でもない。動物は安楽死させるのに、人間は苦しませてもいいという考えが理解できないままだ。


●がんの研究が自分の専門だ。

1度、20代前半のとても若い患者を受け持った。胃がんで手の施しようがなく、モルヒネのポンプとともにホスピスへ来た。

憶測ではあるが、彼は私たちが何をしているかを常にわかっていたようだ。彼の痛みを和らげるために常に薬を投与していたが、彼の痛みはコントロールできないレベルまで来ていた。焼けるような苦痛が四六時中、彼を痛めつけていた。

ある日、新しく補充した直後に彼はポンプを離し、服用量の限度をリセットした。それから彼は自分が死ぬまでボタンを押し続けた。

彼に携わった全員が同じリアクションをした。「よくやったぞ」と。僕はいつも彼を思い出す。そのことだけでなく、彼が「いったいHo-spsice(ホスピスとホー・スパイスをもじっている)って何だったんだ」と尋ねたことを。

彼が笑顔だったときを覚えている。おそらく15年くらい前のことだが、彼のことが脳裏にこびりついているんだ。彼の名前はウィルだった。ウィル:ホー・スパイス・マンだ。安らかに眠ってほしい。


●ホスピスの看護士として、彼女の気持ちがよく理解できます。そしてこのことが合法になって、どこでも可能になるといいと思っています。

自分の患者への義務は、尊厳を持って亡くなるときのお手伝いをすることで、死が近いと知ることは幸運であると思っています。

自らの命を奪った彼女は、自己中心的だとか罪人だと呼ばれ続けるかもしれないけど、その本人の立場にいる人だけが本当に理解することができるし、今までに「全てを終わりにしてほしい」と患者に尋ねられたり、懇願されたりしてきました。

出来ることは痛みや苦しみをいくらか和らげる助けくらいで、最後に息を引き取ったときは自分の中の何かが安堵するのも事実です。だから彼女が生きて、自らそのときを選んだことを喜んでいます。


●私は腫瘍学の看護師をしています。膠芽腫の患者に、数えきれないくらい携わってきました。

この病気は人を別人に変えます。家族が知っている人はその目前で完全に消えていくのです。その苦しみは堪えがたいものです。彼らが感じる痛みがどれほどのものなのか、想像もつきません。

彼女のとった決断を支持します。同僚と私たちも同じことをしたと話し合っています。必要もない苦しみをずっと被り続けることに疑問です。最終結果は同じことになるのだから。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/641-12a0d7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。