植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

ここでは、「植物性乳酸菌と動物性乳酸菌」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


本書では乳酸菌がもたらすさまざまな健康効果を詳しく解説し、正しいヨーグルトの食べ方コラムなど役に立つ豆知識も紹介。乳酸菌の知られざるパワーがぎゅっと詰まった一冊です。


最近、「乳酸菌」が身体の免疫力を高める上で効果があることが認識され、健康に気をつける方々の間で評判になっています。

でも、日本では昔から免疫力を高める食べ物が根付いていました。例えば、漬物(ぬか漬け)、味噌、醤油、納豆などの発酵食品です。その発酵食品づくりに不可欠なのが植物由来の「乳酸菌」です。

最近、色んな乳酸菌を利用したヨーグルトや飲料が沢山、市販されていますが、それらの殆どが牛乳などの動物性乳酸菌を利用した物です。



そもそも乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生産することによってエネルギーを作る細菌の総称で、多くの種類があります。

ご存知のように、乳酸菌は色々の分野で利用されています。乳酸菌飲料やチーズ、バターなどの生産のほか、多方面に利用されています。

昔から乳酸菌は利用されてきましたが、科学的に究明されたのは、約100年ほど前だそうです。1899年乳酸菌の一つである、ビフィズス菌が発見され、そして20世紀初め、乳酸菌が健康や老化と大きく関係があると考えられるようになってきました。



ロシアの細菌学者が、ブルガリア地方の長寿の理由は乳酸菌食品と関係が深いことに着目し、長い研究を重ねた結果、乳酸菌が腸内バランスを改善し、整腸作用をもたらすことを突き止め、「乳酸菌による不老長寿説」を提唱したとされています。

彼は、腸内の悪玉菌(有害菌・腐敗細菌)が作る毒素によって老化が進むと考え、不老長寿を図るには、腸内腐敗を防止する乳酸菌などの善玉菌の摂取が大切だ、と説いています。

その後、腸内の細菌の研究が進むにつれ、現在では「乳酸菌には腸内細菌のバランスを回復する整腸作用や下痢や便秘の症状改善に加えて、免疫増強作用や発ガン抑制作用、更にはコレステロール抑制作用等がある」 、と言うことが解明されています。



この乳酸菌は、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に別けられます。

動物性乳酸菌は、動物の「乳」にいるものです。ヨーグルトや乳酸菌飲料の他、家畜の乳のチーズには沢山存在していますし、発酵した肉や、発酵水産物(魚を発酵させた「ひもの」など)でも動物性の乳酸菌が活躍しています。

動物性乳酸菌は「乳糖」だけを分解して生存する菌だそうで、糖が一定の濃度を保っていないと生存できず、栄養たっぷりの場所にしか存在できないそうです。また、強い塩分の中でも生きていけないとのことです。

例えば、日本に昔からある「くさや」、郷土料理の「鮒寿司」、カナディアンイヌイットの「キビヤック」(アザラシの腹に海鳥を詰め込み地中に埋めて発酵した食品)、スウェーデンの「シュールストレミング」(ニシンの塩漬けを缶の中で発酵させたもの)などを造りだしています。

ご存知の方もあると思いますが、スウェーデンのシュールストレミングは「世界一臭い食べ物」として知られていますね。その臭いこそが、乳酸菌が作り出す食品の特徴というわけです。



一方、植物性(植物由来)乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸に届くため現在注目を浴びています。植物性乳酸菌は、腸まで届くプロバイオティクス(腸内細菌のバランスを改善し、体の防御機能を高める)食品であり、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍であると言われています。

植物性乳酸菌の効果として,腸内細菌のバランスを回復する整腸作用、免疫活性作用、発ガン物質の排出・分解、便秘や下痢の解消、病原菌感染の予防、コレステロール抑制作用などが挙げられています。

伝統的な日本食である漬け物(ぬか漬け)や味噌、醤油などの調味料は全て、発酵食品ですが、これこそが「植物性乳酸菌」です。言えば日本は、植物性乳酸菌の宝庫です。



日本は、昔から様々な種類の漬け物を食べてきましたが、中でも日本特有の「ぬか漬け(ぬか味噌漬け)」の"ぬか"には、植物性乳酸菌が沢山含まれています。

乳酸菌や酵母のバランスがよいぬか床からは野菜に栄養がたっぷりしみわたり、酸味や風味もほどよく仕上がります。おふくろの味の代表のようなものですね。

また、日本の調味料の代表ともいえる味噌にも、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。ほんのりと香るアルコールのにおいも、乳酸菌によって生み出されているそうです。



ところで、植物性乳酸菌が豊富な発酵食品を好むのは、日本人だけではないようです。

例えば、韓国の伝統食としてもおなじみの「キムチ」です。乳酸菌の発酵によって得られる酸味と唐辛子の辛味が食欲を増進させてくれますし、酸味は疲れを癒すなど、唐辛子の発熱効果と合わせて風邪の予防にも役立つと言われています。

また、ドイツの家庭料理には「サワークラウト」というキャベツの塩漬けがあります。通常、煮込んだり湯がいたりと火を通して使うことが多いようですが、乳酸菌の整腸効果を利用して、便秘解消には生のまま食べることもあるそうです。

中国でも、ザーサイが代表的な植物性乳酸菌食品として有名です。冬の貴重なビタミン源となっており、生のまま食べたり、炒め料理やスープなどさまざまな料理の材料としても頻繁に利用されています。



さて、主な乳酸菌の働きとしては下記のようなことが挙げられています。

1.病原菌から体を守る
2.腸内の腐敗を抑える
3.ビタミンを作り出す
4.腸の運動を促し便秘を防ぐ
5.下痢の予防と治療
6.免疫力を高める
7.発ガン物質を分解
8.アレルギーの改善




最後に、何度も紹介していますが、植物性乳酸菌の代表とも言える、ヨモギ乳酸菌、「よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】」の効果の一部についてお伝えします。(「乳酸菌普及協会」より)


1.便秘が改善された。(これは平均的に10日前後で起こっています)
2.汗の臭いが消えた。(特に夏の暑い時期に多く聞かれました。この事は、接種開始から1週間程度で感じるそうです。)
3.抜け毛が大幅に減少した。(これは原液を頭皮に塗って3日目くいで実感したそうです。)
4.体臭(加齢臭を含む)が気にならなくなった。(これは個人個人によりますが、1か月くらいで気にならなくなったそうです)
5.肌がしっとりツルツルすべすべになってきた。
6.洗濯物の蒸れた匂いが消えた。
7.原液でうがいをしたら、口内炎が一発で治まり、続けていたら歯茎が締ってきて、歯茎からの出血が皆無になった。
8.目薬のかわりに蓬龍宝を点眼してみたら、目やにが出だし(デトックス効果と思われる)目やにが治まると同時に視界がすっきりとなってきた。
9.原液を塗り込んでみたら、水虫が治ってしまった。
10.犬猫の臭いにおいが、原液をスプレーしたら、くさい臭いが気にならなくなったと同時に、犬猫が元気になった。
11.20倍に希釈して植物に散布したら、とっても元気に勢いよくなった。
12.流しの生ごみにスプレーしておくと、生ごみが腐らなくなり腐敗臭も発生しなくなった。





あの【飯山一郎】先生が甲府で吼えた! 乳酸菌との共生セミナー







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/639-d2646462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。