子供への向精神薬の投与が急増

ここでは、「子供への向精神薬の投与が急増」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

向精神薬を飲む子供



日本では近年、うつ病患者が急増して、その治療に「向精神薬」が大量に投与されている現実があります。更に最近では、その向精神薬が子供達にもドンドン投与されているようですから、先が思いやられます。

こうした現状について、「Yahooニュース」では下記のように報じています。


『子どもへの向精神薬の処方件数が増加し、13歳~18歳では、2002年~04年と08年~10年との比較で、注意欠如・多動症に使うADHD治療薬が2・49倍、統合失調症などに使う抗精神病薬が1・43倍になったことが、医療経済研究機構(東京)と国立精神・神経医療研究センター(同)などによる初の全国調査で分かった。

 調査は、02年から10年の間に、外来診療を受けた18歳以下の患者の診療報酬と調剤報酬の明細書約23万件を分析した。1000人あたりの向精神薬の処方件数などを算出し、統計解析で年齢層ごとの処方件数の年次推移などを比較した。

 02年~04年と08年~10年の処方件数を比べると、13歳~18歳ではADHD治療薬と抗精神病薬の増加に加え、抗うつ薬の処方も1・31倍となっていた。6歳~12歳でも、ADHD治療薬が1・84倍、抗精神病薬が1・58倍と増えていた。』



そもそも、向精神薬とは、脳など中枢神経(ちゅうすうしんけい)に作用して、精神の活動に効果をもたらす薬物ということで、主に精神科、神経科、心療内科などで用いられることが殆んどのようです。

主な向精神薬としては、下記のようなものがあります。


1.抗精神病薬(メジャートランキライザー):幻覚や妄想など知覚や思考の異常を抑え、病的な興奮状態を鎮静させる作用があるそうで、主に統合失調症、躁病、妄想などの精神病症状をともなううつ病、高齢者や手術後におこる意識混濁をともなったある種の興奮状態(せん妄)などにも用いられるようです。

代表的な製剤に、ブチロフェノン系(ハロペリドール、ブロムペリドールなど)、フェノチアジン系(クロルプロマジン、ペルフェナジンなど)、そのほか、リスペリドンなど。

2.抗うつ薬:憂うつで落ちこんだ気分をもち上げ、意欲ややる気を起こさせる働きがあります。うつ病や躁うつ病、気分変調症などの感情障害に主に用いられますが、強迫性障害、パニックディスオーダー、過食症などにも有効とされている。

代表的な製剤に、三環系抗うつ薬(イミプラミン、クロミプラミンなど)、四環系抗うつ薬(マプロチリン、ミアンセリンなど)やトラゾドン、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)など。

3.気分安定薬:これは躁とうつの波のある躁うつ病の治療薬で、波の振幅を狭めるような働きがあり、再発予防効果もあるそうです。主に炭酸リチウムが使われるが、カルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウムなども用いられる。

4.抗不安薬(マイナートランキライザー):不安、焦燥を鎮め、緊張をやわらげます。不安障害や軽度のパニック症状をはじめ、様々な精神疾患に幅広く用いられ、ベンゾジアゼピン系抗不安薬がほとんど。代表的な製剤に、ジアゼパム、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあり、また抗不安薬(タンドスピロン)も利用されている。

5.睡眠薬:不眠症のために用いる薬ですが、精神疾患の多くに不眠をともなっている場合が多いので、広く用いられている。代表的な製剤に、エスタゾラム、フルニトラゼパム、トリアゾラムなどがある。



実は、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など「向精神薬」の飲みすぎが自殺につながっている可能性があるとして、厚生労働省は、日本医師会や精神科病院の団体などに対し、自殺の危険性がある患者には長期、多量に処方しないよう呼び掛ける通知を出しています。

また、全国自死遺族連絡会が自殺者遺族1016人に調査したところ、約7割が精神科通院中に自殺していた、との報告もあります。

更に、被害者からの報告では、薬の服用前(治療開始前)には自殺願望はなかったけれども、薬の服用後(治療開始後)に、それが起きたということです。



こうしたことから、日本の自殺が多い原因は、向精神薬の乱処方とその副作用にある、とされています。特に、多剤併用という日本独自の悪習が、薬の相乗作用を起こして、副作用として自殺が増長される、というわけです。

私の知り合いの方も、或る時期、うつ病と診断され、10種類もの向精神薬を投与されたと言っていました。彼は、自分でオカシイと気付き、ネットで薬の副作用などを調べて、最低限の薬に減らしたそうです。

「多剤大量処方は世界ではまれな治療法。抗精神病薬を3剤以上使った場合の有効性は医学的に検証されたことがない」と、 慶応大精神科医師・稲垣中氏が語っておれます。



ところで、今回取り上げた子供への向精神薬の投与に関しては、アメリカの方がよりヒドイことなっています。何と、10人に1人のアメリカの子どもが「リタリン(コカインの派生物)」という向精神薬を服用しているというのですからね。

2010年1月号の『児童・思春期精神医学のアメリカアカデミー・ジャーナル』に発表された調査では、「リスパダール(ソ連で政治囚から情報を引き出すために利用された薬)」などの「抗精神病薬」が、わずか2歳の子供にまで投与されている事実が判明した、とのことです。

そして、2歳から5歳の子供に対してこうした薬が投与された回数は、近年2倍になったことも明らかになっているそうですから、その異常さが分かります。



何故このように子供達が向精神薬の犠牲になっているのかといいますと、それは巨大薬品業界とその仲間のバイオ(生命)テクノロジー業界、また精神医学界を中心とした医療関係者の僕大な利益に繋がるからです。

何しろ、子供の頃からクスリ漬けにしておけば、大人になっても、向精神薬を手放せなくなりますから、長期に亘って暴利をむさぼることができる、というわけです。

何とも悪魔的な所業ですが、これこそが国という概念を持たない、グローバリストの巨大製薬会社や医療関係者、また政治家や官僚までも含めた、医療マフィアの奸計です。



ともかく、基本的には子供の症状は親の在り方、特に夫婦仲の良し悪しに関係することが多いので、先ずは両親がその点を反省する必要があります。

特に子供の情緒が不安定であれば、尚更です。子供は両親の動向を常に気にしています。両親が不仲で、常に諍いなどを繰り返していますと、子供の受ける精神的なダメージは相当なものになります。

子供の情緒が不安定だからといって、無闇に病院、取り分け精神科には行かないようにすることです。先ずは、子供との接触を深め、夫婦仲良くすることが一番です。

何事も原因のない結果はありません。子供に向精神薬を飲ませて、親が自分達の言動を顧みないのは大いに問題があります。


驚愕!必聴!【現役医師が精神科の裏側を大暴露!】向精神薬は麻薬と同じ!『向精神薬をめぐる問題について』内海聡氏




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/633-7e89ae83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。