厄年とは・・・?

ここでは、「厄年とは・・・?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


「厄年」を科学する! 分かりやすい厄年研究書!
男性の場合は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳とされる厄年(やくどし)。現代でも病気や災難を恐れて「厄除け」のために神社・仏閣を訪れる人は多い。それでは本当に人は厄年になると不幸に見舞われるのか? 日本人なら誰もが抱くそのような疑問に答える



今日のように物質科学が極端に発達して、正に科学万能と思われるような時代に於いて、未だに訳のわからないような「厄年(やくどし)」を気にしたり、信じたりしている人々が結構おられます。

私も子供の頃から、周りの大人たちが厄年の話をしたり、厄除けがどうのこうのという会話をよく聞かされて育ってきましたが、自分自身については一切、気にしないで今日まできました。

勿論、年齢を重ねるに連れて、ありとあらゆる不都合な現象に巡り遭ってきましたし、今現在も色々と問題を抱えています。しかし、それらを「厄」と考えたことはありません。



ところで、厄年とは一体、何を意味しているのでしょうか。一般的には、その由って来る所も何も、よく知らないのに、それに翻弄されている方が多いように見えます。

実は、私も厄年には関心がありませんので、何も知りません。そこで、「厄年は怖くない!」で解説されている内容から一部を転用させて頂き、皆さんの参考に供したいと思います。

どうやら、厄年というのは、陰陽道で教育、宣伝されているもので、その年齢になると厄災が降りかかるとされているものだと言うことです。日本では平安時代に、すでに厄年という概念があり、現在まで続いているというわけです。



尚、これを民俗学的に見ると、『役年』ということだそうです。これは、ある一定の年齢になると、神社やお寺で『役』をするという習慣からきているそうです。

『役』になると、それなりに身を清め、行いを慎まなければいけないそうで、その役を終えて始めて、一人前の社会人として、周囲の人から認められたとのことです。

唯、この『役』の年齢になる頃には、精神的なものや肉体的なことに変化が起こりやすく、身体を壊したり、思いも寄らぬ難を受けたりして、人生の節目でもあると理解されるようになり、厄年を『役年』とすることで、役についた者に様々な制約をもうけ、『厄』から逃れるようにしてき、とのことです。



この『役年』を決める際に、陰陽道をもとにして、方位、日時の吉凶が定められ、災いを招きやすい年齢として、厄年が決められたそうです。

尚、厄年が現在のような形になったのは、江戸時代に入ってからのようです。

その厄年ですが、男女によって違っているようです。例えば、男の厄年は、数え年で25歳、42歳、61歳とされています。現在は満年齢が常識ですが、未だに数え年で数える風習が残っています。

この中で、42歳は「大厄」と言われていて、最も注意しなければならない年齢とされています。また、厄年の前後3年は注意しなければいけない、とも言われているようです。



女の厄年は19歳、33歳、37歳だそうです。大厄は33歳で、男性同様、前後の3年間は注意が必要とされています。女性の場合は、妊娠や出産に関わる年齢でもありますので、身体の変化に伴って、厄年がやってくるとも言えます。

唯、今日のように男女ともに晩婚化が進んできますと、昔と違って厄年齢にもズレが生じてきているのでは無いでしょうか・・・。

この厄年齢の他に、厄年の前年は、厄の前兆が現れる年齢として前厄と呼ばれ、本厄を迎えたのち、厄が薄らいでいく年として、後厄というのがあるそうです。ですから、本厄を挟んで全部で3年は注意が必要だとされています。



さて、このように厄年という習慣そのものに、あまり信憑性がないように思うのですが、それでも厄年の人は、それを気にして、いわゆる「厄祓い」を行う方も結構あるようです。

年末年始のテレビのコマーシャルで、方々の厄除け神社などの宣伝をしていますが、殆んどの人が、そうした神社で厄払いを行うようです。

私には、どうして神社や仏閣が人々の厄を祓うことができるのか、理解できませんが、長い間の風習として人々の頭の中に刷り込まれている所為で、未だにこのようなことが続いているのでしょう。

また、この他にも全国各地に、その土地独特の厄落としの行事があるようで、そうした行事に集う人々も多いことが知られています。



ところで、この厄年の風習ですが、どうやら日本だけのものではなく、世界各地で同じような習慣が見られるようです。

例えば、中国では、自分の生まれた干支が厄年になるそうで、12年に1度、厄年が巡ってくるわけです。彼らは、厄除けという意味で、厄年の間、金色や赤いものを身につけるそうです。

また、イギリスでは一般に、男の人は年齢に4がつく年、女の人は年齢に7がつく年を厄年としているようです。厄払いの方法は、厄年の数だけ木の実を集め、外気に3日3晩さらした後に、近所の庭先で木の実を焼くのだそうです。

この他の国々でも、同様なことが行われているようで、人間、自分の難から逃れたいとする欲求は同じなのかもしれません。



ともかく、厄年を信じようと信じまいと、人それぞれですが、一番大事なことは、厄年齢の時だけ注意するというよりも、常日頃から健康に留意し、明るく楽しく生きるです。

実際のところ、「一寸先は闇」と言われるほどで、私たちは先のことは何も分からにというのが現実です。厄年であろうが、他の年であろうが、何が起こっても不思議ではないのが、この人生です。

何事も起こるべくして起こっているわけですから、厄年の時だけ特別なことが起こるわけではありません。「人生万事塞翁が馬」とか「難有りて有り難し」と言われているように、何事も自分にとって必要なことだけが起こっていることを理解する必要があります。



厄年とは 厄年について江原啓之が語る







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/627-aad0c4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。