日本人の女児を養子にした外国人

ここでは、「日本人の女児を養子にした外国人」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




近年、日本では不妊に悩む女性が増えています。唯、不妊の原因には夫婦のどちらかに肉体的、あるいは精神的な問題がある場合もあるでしょうし、どちらも正常で原因不明のケースもあります。

それから結婚年齢が高くなって、女性が30代後半や40代になってから出産に挑戦するケースも増えていますので、肉体的に無理があることも考えられます。

また、夫婦間の業・因縁などがあって、今生では子宝に恵まれないというケースもあるかもしれません。



通常は結婚後、2年以上経っても子宝に恵まれない場合を不妊症と称しているようですが、中には例外も沢山あります。

例えば、8年間も子供に恵まれなかった夫婦が指圧治療を継続的に受けた結果、その後、続けて2人の子供に恵まれた方たちもありました。

私の身近でも、結婚後4年以上も子供に縁の無かった夫婦が子度からに恵まれたケースもあります。その間、特別な治療を受けたりしたわけではありません。



それはともかく、子宝に恵まれない夫婦は「不妊治療」を受けることが多くなっているようですね。一般には下記の二つの方法があるようです。

1.人工授精:人工授精は男性から精子を事前に採取し、人工的に女性の子宮内に入れる治療法。人工授精を行う場合には事前に採取した精子を子宮内に注入する前に洗浄・濃縮を行うため 通常よりもより妊娠しやすいそうです。

2.体外授精:体外受精では男性から採取した精子と女性から採取した卵子とを培養液の中で受精させる方法。無事に受精が成功したら、受精卵の状態を観察しながら卵を8分割まで培養する。その後受精卵を女性の子宮内にうつして着床させ、受精卵が無事に着床すれば妊娠となる。



ところで、不妊に関して多くの方が悩んだり、深刻になったりしている理由は何でしょうか・・・。色々考えられますが、一つには、結婚すると子供ができるのが当たり前と考えているからではないでしょうか。

そのために、子宝に恵まれないと、「どうしてだろう」と焦ったり、悩んだりして、何とか自分達で方法を考えなくては、と思われるのではないでしょうか。

でも、よく考えますと、子供ができるということは、当たり前のことではなさそうです。実はそうではありません。先程も子宝と言いましたが、昔は「子供を授かる」という表現をされたように、子供は授かるものです。


この物質世界が全てと思っている方が多い今日、このようなことを考えるのはオカシイと思う方もあるでしょうが、そうではありません。この世のことは全て、与えられているのです。

子宝だけでなく、自分のこの世に生きていることも、全て大きな力によって生かされているわけです。自分勝手に生きているわけではありません。

ですから、子供ができるとか、できないというのも、人間の勝手な考えでは思うように行かないのが当然です。あくまでも、子供の授かりものです。


だからこそ、昔から「子宝」として、子供を授かると大事に育ててきたわけです。しかし、そうしたことが、すっかり失念され、近年では授かった子供を粗末に扱ったり、逆に子宝に恵まれないとが悪いことのように考える人々が増えているようです。

子宝にめぐまれるのも、恵まれないのも全ては神のお仕組みに他なりません。ですから、例え、今生で自分の子供に恵まれなくても、それはそれで、そうなるような理由があるわけです。

それを無視して、自分勝手に責任を感じたり、悩んだり、無理な不妊治療などをすることは、言えば宇宙の法則に反することにもなり兼ねません。もう少し大きな目で自分の一生を考えて見る必要があるように思います。


さて今回、こうした話題を持ち出したのは、昨日、お子さん(7歳の女児)の指圧治療に付き添って来られた母親の話を聞いたからです。

実は、彼女はカナダ人女性で、ご主人も外国人です。既に日本に10年在住されているそうで、教師として働いているとのことでした。

そして治療に連れて来られた、7歳のお子さんは日本人女児で4年前に養子にされたそうです。多分、ご夫婦の間で子宝に恵まれなかったのだな、と感じました。


それだけでも素晴らしいなと思いましたら、何ともう一人の日本人女児(4歳)を養子にされているとのことでした。

残念ながら日本では、国内で親戚や縁のある者を養子にすることは多いのですが、外国人を養子にする夫婦は少ないように思います。

勿論、例外もあります。外国に住んでおられる日本人夫婦が外国人の子供達を沢山養子にされていることを伺ったことがありますし、同様のことをされている夫婦もおられます。


一方、アメリカでは昔から生活に余裕のある家庭では、何らかの事情で家庭を持てない子供を養子に迎えて育てる風習があります。

アメリカでは国境をまたがっての国際養子縁組も広く行われております。私が昔、指圧治療に伺っていたご夫妻は実子が4人もありながら、他にベトナムやアフリカなどの子供を4人も養子として育てておられました。

勿論、国によって諸制度の違いもあるかもしれませんが、日本人は未だに島国根性が抜け切らないところがあるのではないでしょうか。


どうしても自分の子供が欲しいという思いばかりが強く、外国人の子供を養子にしてまで育てようという考えにはならないようです。

また、日本社会の閉鎖性が、そうした外国人を養子にすることを妨げている面があります。日本人夫妻が肌の色の違う外国人を子どもとして育てていると、何かと色眼鏡で見るという悪癖が残っています。

一種の村八分のような対応をしたり、イジメの対象にしたりする人々が結構いますからね。国際化が進んでいる現在でも、こうした面は旧態依然たるものがあります。


さて、話を指圧治療にきた上記の7歳の女児ですが、便秘を始めとして色々と身体の不調があり、病院で検査もされたそうですが、仲々これといった原因などが見つからなかったそうです。

それで、そのカナダ人の母親は精神的な面に原因があるのではないかと考えられ、他の代替医療を受けさせて見ようと思われ、私の指圧のサイトをご覧になったそうです。

そこで、私のYouTubeの動画などもご覧になって、私の考えなども理解された上で、お子さんを連れて治療を受けに見えたわけです。


実際、その女児の指圧治療を行って見て、確かに下腹部が膨満していて便秘にもなっているだろうことが察せられました。

一般に、下腹部の膨満感は、自分の想いを発散出来ずに貯めこんでいる時に起こりやすいと言われています。昔の人は「物言わざれば腹ふくるる業なり」と言っていますが、正に腹部膨満を現した表現です。

精神的な悩みや強い鬱積感情を抱えていて、それを発散出来ずにいますと、下腹部の膨満を起こすことになります。例えば、オナラを我慢していると、そうした症状になるのと同じです。



この7歳の日本人女児も、3歳の時に現親のカナダ人女性の元に引き取られ、今日まで大切に育てられ、英語もペラペラになっているのですが、彼女自身の心の奥底に溜まっている感情は仲々癒えるものではない、と考えられます。

それが現在の身体の不調という形で現れているのかも知れないことを、母親に話してみました。すると、彼女もそれはよく理解出来ているようでした。

こうした点を考慮に入れて考えると、指圧の全身治療は心身ともにリラックスできるので、効果があるから継続的に治療にきてはどうかと話してみました。


また、母親が直に子供に手を当てることが一番有効だから、お母さんが指圧講座を受けて、指圧を身につけて子供の治療をされるのがいいですよ、とも話しておきました。

すると、指圧講座にも興味を持って頂きました。取りあえずは、そのお子さんの継続的な治療をしましょうということになり、数日中に再度お出でになることになりました。

尚、二人の帰り際に、母親に対して、その日本人女児とは前の世からの縁があってのことだから、決してこの世だけの縁ではないことを話しました。すると、それを聞いて、今日は来てよかったと言って、喜んで帰っていかれました。


最後に、外国人が日本人を養子にする場合には下記のような手続きがいるそうです。

1.成立要件は外国人の本国法により、方式はその本国法又は日本法によります。夫婦共同縁組及び日本人養子の保護要件は、日本人と外国人の夫婦の場合と同様です。

2.日本法の方式で成立させる場合には、戸籍に成立の届出をします。

3.養親の本国法の方式又は外国でその国の方式により成立させる場合には、戸籍に報告の届出をしなければなりません。この際に、外国政府発行の証明書を提出します。







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/624-0ba39023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。