楽器演奏で老化防止

ここでは、「楽器演奏で老化防止」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


楽器

音楽と言えば、クラシックを始め多くのジャンルがありますが、殆どの方が何等かの音楽を好んでおられるのではないでしょうか。

私は、主にジャズやカントリー、イジーリスニングの音楽などが好きで、よく演奏や歌を聴きます。楽器では、サックス、ドラム、バンジョー、ベースなどが主に好きです。

クラッシックは余り聴きませんが、キライではありません。また、昔はよく聴く機会がありましたが、ビッグバンドによるジャズ演奏なども好きです。



それから、楽器の演奏を見たり聴いたりしていると、自分も何か楽器の演奏を習っておけば良かったなと後悔することがあります。

何か一つでも楽器が弾けると、日常生活にも潤いがあるだろうなと思うからです。でも、生来の飽きっぽさが災いして、結局、何も手を付けずに今日まで馬齢を重ねてしまいました。

そうそう、楽器と言えば、「楽器演奏の練習により、加齢に伴う認知機能低下の影響が弱まる可能性がある」ことが、アメリカの大学の研究者によって明らかにされたそうですよ。



それに関する情報として、「Gigazine」では、下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

楽器の演奏は老化を食い止める効果があるということが、ある最新の研究結果によって明らかになりました。

特に9歳以前から楽器のレッスンを続けていた人と、生涯にわたって長く同じ楽器を演奏し続けていた人にその傾向が強かったようです。

研究者によると、45~65歳で楽器を演奏している人たちは、同年代のそうでない人たちよりも記憶力と、雑音の中でスピーチを聞き分ける能力が高かったということです。

これ以前に行われた学生を対象にした実験では、音楽の指導を受けた生徒は勉強がよくできる傾向があったという結果がでていたとのことで、音楽がよい影響を与えるのは若者だけではなかったということが証明されたようです。

特に雑音下でスピーチを聞き分ける能力は、同じくらいの年格好の人でも著しく個人差が出るとのこと。その理由として、高齢になると社会的に孤立してしまいがちであることや、気分の落ち込みが関連しているのではないかとも言われています。

その理由をさらに詳しく突き止めるため、アメリカ・イリノイ州にあるノースウエスタン大学の聴覚神経科学研究所は、音楽を趣味とする18人のグループと、そうでないグループ19人を対象に比較実験を行いました。被験者の年代は45~65歳でした。

すると、楽器を9歳より以前に始めた人や、1つの楽器を生涯を通じて演奏し続けている人は、楽器に触れていない人よりもずっと優れた聴覚・視覚能力を発揮したそうです。

この研究の共同執筆者であるNina Krausさんは「幅広い音域から意味のある音を選び取って奏でる経験は、聴覚を増強します」とコメントしており、楽器の演奏によって聴力が鍛えられることを明かしています。

しかし聴力が鍛えられるといっても、音楽を趣味にすることで音がよく聞こえるようになるというわけではなく、楽器で正しくメロディーを演奏しようとすることで、聴覚の神経系が微調整されるという方が適切なようです。

「音色というのは楽器を演奏する人にとってみれば、いわば画家が扱う絵の具のようなもの。曲を演奏するために正しい音を扱うことで、聴覚や記憶が鋭くなるのだと仮定できます。

音楽をたしなむことで、加齢によって起こる、コミュニケーションに必要な能力の低下を食い止めることができるのです」とKrausさんは解説しています。

ーー引用はここまでーー



そう言われると、世の演奏家の方々は長寿の方が多いようにも見えますが、それは音楽や楽器演奏のお陰なのでしょうかねぇ・・・。

ジャズの演奏家にしても、かなりの年配でも演奏中はとても若く見えたり、イキイキとして楽しそうですから、音楽による好結果が出ているのかも知れません。

だったら私も、今から何か楽器の演奏を習ってもいいなと思うのですが、何しろ、レイジィーな性格(怠け者)ですから、多分無理でしょう。何か他のことで、惚け防止をするしかありません。



ところで、同様な研究をしている他の専門家は、「脳が発達途中である子どものうちに楽器を学び、10年以上演奏し続けることが、後の人生におけるベネフィットの土台となるのかもしれない。ただし、中年期に楽器演奏を再開することも重要である。音楽活動は、何年もの練習を必要とする、難しい認知エクササイズである」と述べています。

まあ、私は先ほども言いましたように何の楽器も演奏できませんので、せめて下記の動画などを見て、自分がプレーヤーになったつもりで聴き入るしかありません。


A列車で行こう 原信夫とシャープス&フラッツ



ジョージ川口 親子ドラムバトル ドラム・ブギー



有馬徹ノーチェ.クバーナ エルマンボ ラテン音楽の魅力




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/62-4bd905cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。