インフルエンザの予防に緑茶が有効

ここでは、「インフルエンザの予防に緑茶が有効」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



このところの日本列島は度重なる寒波の襲来で、日本海側は例年にないほどの大雪に見舞われていますし、全国的に温度も低くなっています。

こうした時期には一気にインフルエンザの流行が危惧されます。国はインフルエンザというと直ぐに、インフルエンザワクチンの接種を強制しますが、果たして効果があるのでしょうか。

折角、事前にワクチンを接種したのにインフルエンザに罹ってしまった、という方が結構おられます。また、インフルエンザの種類によっては全くワクチンが効かない場合もあります。



更に、インフルエンザワクチンの成分は不透明で、人体に危険なものも含まれているということはネット上などでも方々で指摘されています。

このように、インフルエンザに効くかどうかも分からないワクチンを接種するよりも、安心して利用できるのが「緑茶」です。以前から、緑茶を飲んだり、緑茶でうがいをすることは風邪の予防に効果があると認められています。

何故なら、お茶に含まれるカテキンが、ウイルスを退治してくれるからです。またお茶と一緒に、ウイルスが胃まで流れてしまえば、ウイルスは胃酸でやられてしまします。



お茶のカテキンには、抗菌・除菌作用があるので、風邪やインフルエンザ対策に有効だということは、先程も言いましたように、かなり前から知られていますので、学童にお茶を飲ませたり、うがいをさせている学校も沢山あります。

特にお茶の中でも、カテキンが多く含まれているのが緑茶だそうです。ですから、空気が乾燥して、ウイルス感染しやすい冬場は、緑茶をなるべく飲むことが、インフルエンザなどの予防になるわけです。

この辺りのことを、飯山一郎氏が「インフルエンザ・ウイルスを完全に撃退する方法!」と題して、下記のように語っておられます。



『きょうは,効くか効かないか? あやふやなタミフル(ワクチン)なんぞ足元にもおよばない…,インフルエンザ・ウイルスをバッチリと撃退する “お茶の効能” を科学的に説明したい。

なぜ? どういうふうに? お茶はインフルエンザ・ウイルスを撃退するのか? 結論を先に述べたい。

「ウイルス粒子は,茶ポリフェノールと接触すると瞬間的にウイルスのスパイクがポリフェノールに覆われて感染性を失ってしまう!」 ということだ。

このことは多くの科学者たちが実験によって証明してきた.論文も数百以上ある。

どんな実験をしたのか? まず,マウスを使った実験。

病原性の高いマウス・インフルエンザ・ウイルス溶液を,マウス鼻腔より吸入させる。すると,マウス群は1週間前後で100%死亡した。

このとき,茶葉抽出液を添加したウイルス溶液を吸入させたマウス群は,体重増加率,摂食量なども正常群と変わらず,ウイルスによる影響を全く受けないことが確かめられた。

これはウイルスが茶ポリフェノールとの接触により感染性を失い,発病が阻止されたことを示すとともに,茶ポリフェノールと反応したウイルス粒子が体内に取り込まれた後に感染性を取り戻すことがないということも示している。

どうだろうか? 茶ポリフェノール(カテキン)の効果は.絶大といっていい。おなじような動物実験は,大規模豚舎でも行われ,同様の結果が出ている。

じつは,動物実験だけでなく,“人体実験”,“生体実験” も行われてきた。

ヒトの実験としては,某職域集団を実験群と対照群とに分け,実験群にはお茶によるうがいを日々行わせたところ,インフルエンザ感染者が対照群に比べて有意に減ったことが認められた,と。

ようするに,茶ポリフェノール類には,インフルエンザウイルスの抗原型にかかわらずその感染を阻止し,かつ自然界におけるインフルエンザの流行を予防する効能があるということだ。

現実は,茶葉の活用は,“実験レベル” の話ではなく “実用の段階” になっている。

たとえば,数年以上も前から,静岡県の小中学校では,蛇口をひねると茶水が出る装置を校内各所に設置して,生徒たちにうがいを励行させてきたという。

結果は,周辺の学校では “学級閉鎖” で大騒ぎなのに,茶でうがいをしていた学校は,発症者ゼロ! だったという。

以上のような “お茶の効能” は,衆知の事実である。なのに,テレビ局は一顧だにせず,インフルエンザ・パニックを演出し…,あげくは,“タミフルの宣伝” まで行っている。

あ,言っとくけど…,いまバラまかれているインフルエンザ・ウイルスは,マスクなんかしても駄目だぜ!
目の粘膜に付着して,そこで増殖をはじめるからだ。』



私はこのところ、普通の緑茶ではなく、下記の「あらびき茶」を常飲しています。何故なら、あらびき茶は茶葉を丸ごと粉にしてありますので、余すこと無く緑茶の成分を取り入れることができるからです。

その上、このあらびき茶は鹿児島産で、完全に無農薬です。更に、放射能に対する防護効果もあるそうですから、現代の私たちの必需品です。


カテキン・アミノ酸・ビタミンCやB2やE、サポニンやミネラルなど、お茶は、まさに滋養の宝庫です。しかもその65%は湯水に溶けずに茶葉に残っています。まるごと飲んじゃおう、まるごと食べちゃおう。あらびき茶は、あなたの心身をさらにさわやかに、さらにすこやかにします。



さて、インフルエンザ対策としては上記の緑茶が効果があるのですが、それ以外にも植物性の乳酸菌を取り入れることが身体の免疫力を高めることになりますから、インフルエンザ対策としても万全です。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/613-9272186d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。