アンガーマネジメントとは

ここでは、「アンガーマネジメントとは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




先日、NHKラジオの深夜便を聴いていましたら、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会の代表者という方が、「アンガーマネジメン」に関する話をされていました。

最初は、「アンガーマネジメン」とは何のことだろうと思っていましたが、どうやら、アンガー怒りの意味ですから、その怒りをコントロールする方法について話しておられることが分かりました。

この一般社団法人日本アンガーマネジメント協会というのは、アメリカにあるナショナルアンガーマネジメント協会の日本支部だということでしたので、アメリカ直輸入の組織だなと気づきました。



先程も言及しましたが、アンガー(Anger)は怒りやイラ立ちといった感情のことを指しているわけですが、アンガーマネジメンというのは、衝動にまかせて怒りを爆発させるのではなく、上手にコントロールして適切な問題解決やコミュニケーションに結びつけることを目的としているようです。

要するに、自分自身の怒りやイライラと向き合い、その要因や傾向を客観的に把握することで、衝動性が高まっても自分で抑制できるように習慣づけることを指導しているわけです。

いわゆる、マネジメント関連の方法や書籍は殆んどがアメリカ直輸入のものが大多数です。このアンガーマネジメンも、一種の「ハウツー」ものとも考えられます。



一般社団法人日本アンガーマネジメント協会のホームページでも、アンガーマネジメントは、1970年代にアメリカで始まった心理教育の一種と紹介されています。

アメリカではすでに広く定着し、ビジネマンをはじめ、政治家や弁護士、医師、スポーツ選手、俳優など、さまざまな職業に従事する人が、よりよい生活や仕事、人間関係を手に入れるために、怒りと上手に付き合う技術(アンガーマネジメント)を学び、習得しているとのことです。

日本ではアンガーマネジメントの認知度は、まだそれほど高くないようですが、職場の人間関係のトラブルなどを背景に、企業からの注目が高まり、社員研修などへの導入も広がっているようです。



こうした背景には、最近の長時間労働や、アメリカ型の過度の成果主義弊害によって働く人々のストレスが増大し、「不機嫌な職場」と言われるるような職場のコミュニケーション不全が深刻化している現状がある、と指摘されています。

言い換えれば、それだけ複雑なストレスが増大しており、何時どこでも、人々の怒りや不満が暴発しやすい社会環境にある、と言うことに他なりません。

それならば、ストレスに満ちた職場環境や労働状況を見直して行けばいいと思うのですが、それは簡単なことではないので、取りあえずは怒りをコントロールする方法を身につけて、現状を乗り越えようとしているのが、アンガーマネジメントなのかも知れません。



このアンガーマネジメントの考え方では、 怒りの元は、私たちの中にある「コアビリーフ」(私たちが普段信じている、あるいは判断の基準にしているもの)に原因があるとしています。

言い換えれば、私たちは誰でも、大なり小なり、「~すべきだ」とか、「~して当然だ」といった決め付けや思い込みを持っているものです。

そうした思い込みが強いほど、その思い込み通りにならない時に怒りの感情が湧いてくるというわけです。しかし、それは自分の価値観や考えを当然のものとして相手に押し付けていることに他なりません。



自分の価値観や思い込みが相手に通じないからといって怒りの感情を露わにすることは、即ち、自分自身の優越感劣等感のなせる業です。

謂わば、幼児性が強いと言えるかもしれません。まあ、そう言い切ってしまっては話が続きません。この辺りのことを、アンガーマネジメントでは、自分が一体どのようなコアビリーフを持っているのかを知ることが重要だとしています。

アンガーマネジメントでは、自分のコアビリーフを知って、その歪みを修正していくために、まず怒りを感じたら「アンガーログ」をつける」ことを勧めています。



アンガーログとは、怒りに関する日記帳だそうです。一定期間つけて見返すことで、自分が怒る頻度や、どういうきっかけで怒りやすいのか、などのパターンを客観的に知ることができるというわけです。

そのアンガーログには以下の項目を記すようにするといいそうです。

1.怒った日時
2.怒った場所
3.怒るきっかけとなった出来事
4.その時の自分の言動
5.相手にしてほしかったこと
6.怒ることで起こった結果
7.その時の自分の感情
8.10段階での怒りの強さのレベル



尚、このログは、怒りを感じた時に、すぐに書くことがポイントだそうです。上記の8項目の他に、その出来事に対する自分と相手の捉え方を書いたりすることも、いいようです。

残念ながら、私はこうしたルーティン化した行動は苦手です。ついつい、こうしなければいけないと思ってしまい、それが余計なストレスにもなり兼ねませんからね。

私の場合には、イライラ・セカセカしたり、怒りの感情が起こった時には、一人の時に大声を出したり、相手を罵倒する言葉を発したり、身体を動かしたり、散策しながら自問自答することで解消しています。



ところで、アンガーログを付けても、やっぱりイライラが我慢できないことが多々あります、その時には下記のようなことを試みることも効果がある、とアンガーマネジメントではススメています。

1.朝日を浴びる

2.コーピングマントラ (Coping Mantra = 切り抜ける 行い・言葉):自分の反応を遅らせるために、怒るような事象が起きた時、ワンクッション入れます。例えば、肩を揉んだり、首を回す。自分オリジナルの呪文を唱える (「大したことない」「ここから何を学ぼう?」など)

3.ボールペン分解法:ボールペンをよく観察して分解するだけ。あるものに意識を集中させることで、怒りを瞬間的に沈めたり忘れさせることができる。

4.6秒ルール:怒りを感じたときに、6秒頭の中でカウントする方法。

5.ヤケ食いは絶対にしない。



安藤俊介「怒りをコントロールする技術」【9/13/12】講演







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/611-94785989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。