「老前整理」とは?

ここでは、「「老前整理」とは?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


老前整理

若い方には余り関心を持たれないかも知れませんが、中高年以降には「老前整理」という言葉が浸透してきているようです。

この言葉は、元々あったものではなく、インテリア関連のコンサルティングを行なう坂岡洋子氏が考案した造語だそうで、既に商標登録もしてあるそうです。

そもそも、「老前整理」とは、自分が老いる前の、気力・体力が充実しているうちに、身辺を見直して、いらないモノを整理しようという考え方だそうです。

似たような言葉に、「生前整理」というものがありますが、こちらは相続問題も含めた身辺整理のことです。老前整理の方は、元気があるうちに、今一度暮らしを見つめ直そうということです。



この「老前整理」に関して、「ヨミドクター」では下記のような記事を載せていました。


ーー引用はここからーー

「4年前にバーゲンで買った洋服」「10年前の電子辞書」。テーブルの上に、家財道具に見立てたカードが並ぶ。それらを前に、50歳以上の参加者約30人が「これは捨てたくない」「でも本当に使う?」などと、片付け役や処分を勧める役などを交代で演じる。

大阪市内で今月3日に開かれた「わくわく片付け講座」の一コマだ。講師の坂岡洋子さん(53)は「それぞれの役を通して、片付けられない人の気持ちも客観的に見えてきます」と語る。

坂岡さんは、インテリアコーディネーターとして高齢者の住宅改修の相談を受けてきたが、「改修以前に、家に物があふれて足の踏み場がない」と痛感した。そこで昨年から、自治体や企業などの依頼で、50歳代以降の人向けに「老前整理」の講座を開いてきた。

受講生から強く感じたのは、「体力、気力、判断力が衰える老後に、たくさんの物を抱え込むことへの不安」だった。老人ホームに移る時やこの世を去る時、家族に迷惑をかけないか。あふれる物につまずいて転倒してしまわないか――。

老前整理によって、こうした不安が消えて身軽になり、死を見据えつつも充実した生活が送れるという。

まず行うのは、片付けたい物や場所、期限を決め、リストに書き出すこと。「2年以上着ていない洋服、1年以上使っていない日用品は捨てる」など、自分なりの基準を必ず作る。

さらに、物を「使う」「捨てる」「保留する」など三つの用途に分類。「保留箱」を作り、判断に迷う物はそこに入れ、半年や1年など自分で定めた期限内に使わなければ処分する。

大阪市内の印刷会社経営の男性(56)は、3LDKのマンションの一部屋に、10年以上前の洋服や古雑誌などを放置していた。

以前、80歳代の母親が転居した時に大量の物を処分、苦労した経験から、「自分もこのまま手付かずでいいのか」と漠然とした不安があり、昨年3月に講座を受講した。以来、1日15分、少しずつ処分し、部屋はすっきりと片付いた。男性は「先が見えてきて、気持ちも落ちついた」と話す。

坂岡さんは「テクニックだけでは片付かない」とも強調する。数十年前の高価な物、長年着た背広、亡き母親の形見など、人は個々の物に思い入れがあるからだ。それが理解できず、夫婦で対立することも多い。

「妻が『私も片付けるから、あなたも一緒にね』などと切り出しながら、夫婦で納得いくまで話し合うことが大事」と坂岡さん。

赤坂クリニック(東京)理事長で精神科医の貝谷久宣さんは「現代社会は物が過剰になり、知らずに依存していることも多い。片付けは、過去への執着や将来への不安を解消し、今を大切に生きることにつながる」と話している。

ーー引用はここまでーー


確かに、年齢を重ねるに従って、行動範囲も狭くなりますし、衣服や家財道具も必要でないものが増えて来るものですね。

唯、依然として物に執着している人々は、年齢に関係なく、家に物が溢れかえっている状態で暮らしておられるようです。

家に極力、物を置かないと言うことは、上記で言われているようなこともありますが、健康面から考えても大事なことです。



物が少なく、部屋にスペースが十分にあると、窓を開けても風がよく通りますから、新鮮な空気の入れ替えがスムーズに行えます。何時も部屋がリフレッシュした状態に保てますから、健康にいいと言えます。

また、物が有り余って置かれていると、そこにチリや誇りも溜まりやすくなりますので、幾ら掃除をしても隅々まで十分に手が回らないことになります。

上記でも指摘されているように、物が少なく、十分なスペースがあると自然に気持ちも落ち着いてきて、心身共にリラックスできます。



我が家でもこれまでにドンドンと家具や調度品、食器や衣服など、必要ないと思う物は捨てたり、人に差し上げたりしてきましたので、常に風通しのよい部屋になっています。

それでも、まだまだ処分したいと思うものが多々あります。中には多少大きい物もありますので、業者に依頼しないといけないかな、と思っていますが、できれば自分で解体してゴミとして処分したいと考えています。

ところで、「老前整理」の鉄則としては、下記のようなことが上げられています。

1.一度に片付けようとしない
2.最初から完璧を目指さない
3.家族の物には手を出さない
4.片付ける前に収納用具を買わない
5.「使える物」と「使う物」は違う



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。
そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/60-70d9cdce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。