二日酔いになりやすいお酒

ここでは、「二日酔いになりやすいお酒」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

fu.jpeg


普段、酒を飲まない私が酒の話題を提供するのもオカシナことかも知れませんが、今日はお愛嬌だと思いってお付き合いください。

私は酒を殆ど飲みませんが、酒類が嫌いというわけではありません。どんなアルコールでも、一口飲むと身体が暖まったり、気分がゆるんだりするので、酒の雰囲気は好きなんです。

ですが、如何せん、酒は飲みますと言えるほどの量ではありません。ビールならコップ一杯で十分です。缶ビール一本を空けると飲み過ぎになります。



その他、ワインでも日本酒でも、焼酎(泡盛)やウイスキーなども口にしましたが、いずれも一口、ふた口でいいなという気分になります。

それ以上飲むと、顔が赤くなったり、少々、悪酔い気分になってしまいますので、もういらないという感じになります。

唯、泡盛やシングルモルトウイスキーはお湯割りや水割りにして飲むと、後口も良く、何となくほろ酔い気分になるだけですので、時々、泡盛のお湯割りやお茶割りを飲んでいます。



ところで、お酒好きな人でも時々、二日酔いになる方があるようですが、アルコールの種類によって二日酔いになりやすいものもあるようです。

勿論、酒の種類だけでなく、酒の度数、体質による個人差や体調のよし悪し、酒の飲酒量など、色々と関係していると思いますので、一概にいえない面があります。

これは信用に値するかどうかは分かりませんが、以前に何処かの国で行われた実験の結果によりますと、二日酔いになりやすいアルコール類の順番は下記の通りだったそうです。

赤ワインー>白ワインー>ブランデーー>ウィスキーー>ウォッカー>ジンー>ラムー>エタノール



この実験では、各酒類で一つの銘柄ずつしか試されていなかったようですので何とも言えませんが、一般的に色が着いたお酒より無色のお酒の方が二日酔いしにくいようです。

ここには日本酒もビールも含まれていませんが、私の場合は飲む量にもよるのでしょうが、ワインや日本酒がより悪酔いを誘う傾向にあります。

シングルモルトウイスキーや泡盛のような蒸留酒の方が、飲みやすくもあり、悪酔いをしないように感じています。勿論、飲酒量によっては結果は違うでしょうがね・・・。

また、私の場合は基本的にアルコール類に弱い体質のようで、続けて飲酒すると、軽い痔の症状が出たりしますので、それが嫌で普段は殆どアルコール類を口にしないことにしています。



さて私には関係ないことではありますが、二日酔いには色々な原因があるようですね。「二日酔いの原因と治し方」では下記のように分類した記事を載せておられました。


1.アデノシンが原因:アルコールには血管を拡張する働きがあります。この働きによりストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれるのもお酒を飲む楽しみです。

しかし、アルコール以外にアデノシン(日本酒に多く含まれる)やアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用があり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります。

2.脱水が原因:二日酔いで最も多いのがこの脱水を原因とする各種症状です。脱水症状は頭痛、身体疲労(だるさ)、吐き気、食欲不振などの様々な症状を引き起こします。

アルコールには利尿作用があるため、飲酒により摂取した水分以上の水分が失われます。ビールよりもアルコール度数の高いお酒なら飲めば飲むだけ水分が失われ脱水による二日酔いの原因となります。


3.低血糖症が原因:飲酒によるアルコールは全て肝臓で処理されます。アルコールを分解している間、肝臓はアルコールの分解を優先させ、他の働きを休ませてしまいます。その中でも二日酔いの原因となるのが、グルタミンによる糖(グリコーゲン)の生産不足です。

通常、肝臓は糖分を貯蔵し、必要に応じて供給しているのですが、この貯蔵量は多くても8時間程度しかストックがありません。そのため、アルコール分解に肝臓が使われることにより糖分が不足してしまいます。


4.アセトアルデヒドが原因:脱水症状と並んで多い二日酔いの原因の一つにアセトアルデヒドがあります。特に日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性、分泌が弱いため、 アルコールの分解は終わっているにも関わらずアセトアルデヒドが体内に残り二日酔いの原因になることがあります。


5.胃の塩酸分泌が原因:アルコールは胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こします。この胃酸過多による塩酸は吐き気や食欲不振、下痢といった二日酔いの症状の原因となります。


6.酸素不足が原因:二日酔いの治し方として体を休ませたり、二日酔いに良い食べ物を食べること、飲むこと、薬などに集中しがちですが、 酸素欠乏も二日酔いの頭痛と体のだるさの主要な原因となっています。


7.メタノールが原因:ウィスキー、テキーラ、ブランデーなどを飲むといつもとは異なる二日酔いになることがあります。その二日酔いはもしかしたらメタノールが原因かもしれません。



二日酔いを何度も体験している方たちは、それぞれに自分に合った解決法を持っておられるようですが、一般的に「二日酔いの対処法」としては下記のようなものが挙げられています。

1.とりあえず寝る:体を休めることで残ったアセトアルデヒドを素早く分解することになる。

2.水分補給:特にスポーツドリンクなどの、成分バランスの良い飲み物が有効。逆にコーヒーなどの刺激物は避けたほうが無難。

3.サウナやお風呂:汗を流して代謝を活発にするのも有効だと言われています。但し、水分補給は忘れないように。


ともかくも、年末年始はアルコール類を飲む機会が一番多いと思いますので、酒を楽しく飲んで、酒に飲まれて二日酔いにならないように、お気をつけ下さい。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/597-6fca4814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。