孤独が及ぼす影響

ここでは、「孤独が及ぼす影響」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

kodoku.jpeg

私たち人間は社会的な存在です。ですから、私たちは社会や人との繋がりが無くなりますと、健全な肉体や精神を保てなくなる可能性があります。

孤独(と言っても、独身ということではありません)に陥りますと、どうしてもネガティブなことばかり考えたり、ウツになり兼ねません。そんな孤独状態は、喫煙や肥満と同じくらい人体に悪影響を及ぼしていることが研究によって分かってきています。

これは外国の研究によるものですが、例えば、下記のようなことが挙げられています。(「カラパイア」の記事より)


1.うつになる

孤独を感じて、人と没交渉になると、うつになる危険性が増す可能性がある。2009年に米コロラド州立大学で行われた研究によると、積極的に人と関わることによって、鬱病の被験者の症状が改善したという。

米ピッツバーグ大のブルース・ラビン医学博士によると、孤独なとき、コルチゾールのようなストレスと関係している脳内ホルモンが活発に放出されてうつを引き起こすことがあるという。実際、軽いうつ状態のときは、社会的なつながりをつくるほうが、抗うつ剤を処方するよりも症状改善に効果があるという。


2.不健康な習慣につながる

孤独だと、自分のことをちゃんとケアできなくなる傾向がある。独り暮らしの高齢者は、配偶者やパートナーと同居している人よりも、野菜不足、運動不足になりやすいという。


3.心臓疾患の危険性が増す

食生活の乱れや体を動かさない生活といったさまざまな要因が組み合わさって、心臓疾患の危険が増す。ハーバード大学の研究によると、独り暮らしの中高年は、家族と同居している人より心臓疾患で死亡するリスクが24%も高いという。


4.免疫システムが弱くなる

オハイオ州立大学の研究者は、孤独だと免疫機能が落ちて、炎症と関わるタンパク質の数値が高くなることを発見した。慢性的な炎症は心臓疾患、2型糖尿病、アルツハイマー病、関節炎のリスクが高まる可能性がある。


ナルホド、頷けるところですね。ところで最近、イギリスのロンドン大学の疫学者アンドリュー・ステップトゥー氏らが、50歳以上の男女6500人から、家族や友人との付き合いや、市民団体など地元グループへの参加の有無などについて質問するという、社会的孤立度調査を行ったそうです。

同時に、孤独感についても聞き取りを行って、その後7年間の健康状態を追跡した結果について、「カラパイア」の記事では下記のように報じています。


『その結果、社会的なつながりがない人は、死亡原因にかかわらず、死亡率が高い傾向にあるということがわかった。社会的に孤立している人は、そうでない人の26%も死ぬ危険が高いのだ。

もともとの健康状態、経済状態、性別、年令などほかの要素を合わせてみても、社会的孤立と死の相互関係は同じだった。

しかし、これは孤独感そのものが死に結びついているわけではないそうだ。孤独と感じようが感じまいが、社会的に孤立していれば、死亡率は上昇する傾向にあるという。

例えどんなに孤独を愛する人でも、自ら社会との接点を無くしてしまえば、自らの死亡時期を早めるということになる。

人間は社会性を持つ為の進化を遂げてきた。人間の体は、家族や親しい人との交わりを盛んに持つことで、健康状態が良くなるようなメカニズムとなっているようだ。

実際に、継続して他人と交わっていると、健康に有害なストレスの影響を減らし、免疫機能を向上させるという調査結果もある。他人からの影響(刺激)は健康を促進させる効果があるのだ。

医師、保健の専門家、教育者、公共メディアは、社会的な孤立についてもっと真剣にとりあげなくてはならない。こういった知識を万全にして、個人がなるべく孤立しないよう勧めるべきだ。

尚、この調査は50歳以上の人々を対象にしたものだが、他の研究からも、年令に関係なく、社会的孤立がすべての人にとって危険因子であることが示されている。』



どんなに孤独を愛する人でも、また一生を一人で過ごす人でも、生まれてから亡くなるまで、周りの人との関わり無く過ごすことはできません。

私たちはどんな環境や境遇にあっても、この3次元の肉体世界に生を受けて、家族は勿論のこと、周りの全ての人々との相互関連の中に暮し、色々な体験・経験を繰り返しながら自らの魂を磨く訓練をしています。

それなのに、周りとの関わりが面倒だとか、自分一人で生きて行けると思って、他との関わりを持たないで孤独に陥ったりすることは、折角の修行のチャンスを棒に振ることにもなり兼ねません。


そればかりか、上記の二つの記事にありますように、心身にも悪影響があるのですから、極端なことを言いますと、何のためにこの世に生まれてきたのか分からないことにもなります。

まあ、現在のような混沌とした世の中では、ありとあらゆるストレスに襲われ、他との関係を絶ちたいと思うこともあるかもしれません。

ですが、そうした孤独に陥った時こそ、積極的にボランティア活動に精を出したり、趣味の世界で普段とは違う人との付き合いをすることによって、新たな元気を得ることもできます。

先の東日本大震災などの大災害に遭って、落ち込んで孤独になっていた人々も、多くのボランティア活動に参加した人々との繋がりによって救われた人も沢山おられます。

人間は本来、互いに助け、助けあって生きていくよう存在です。人間は万物の霊長と言われている所以も、その辺りにあるのではないでしょうか。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/594-0397332f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。