トイレットペーパーの備蓄を経産省が推奨

ここでは、「トイレットペーパーの備蓄を経産省が推奨」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



トイレットペーパーは日常生活の必需品です。普段は何気なく使っていますが、大災害など不測の事態が起きると、トイレが使えなくなったりして、同時にトイレットペーパーの品不足が起こり、一大騒動になります。

以前、第四次中東戦争が勃発した時には、原油が急激に高騰して、いわゆるオイルショックが起きました。その時に日本では、トイレットペーパーが店頭から消えるという前代未聞の騒動が起こりました。

その様子について、ウィキペディアでは下記のように記しています。


『1973年10月16日、産油国が原油価格を70%引き上げることを決定したため、当時の田中角栄内閣の中曽根康弘通商産業大臣が「紙節約の呼びかけ」を10月19日に発表した。

このため、10月下旬には「紙がなくなる」という噂が流れはじめ、同年11月1日午後1時半ごろ、大阪千里ニュータウンの千里大丸プラザ(現:ピーコックストア千里中央店・オトカリテ内)が特売広告に「(激安の販売によって)紙がなくなる!」と書いたところ、300人近い主婦の列ができ、2時間のうちにトイレットペーパー500個が売り切れた。

その後、来店した客が広告の品物がないことに苦情をつけたため、店では特売品でないトイレットペーパーを並べたが、それもたちまち売り切れ、噂を聞いた新聞社が「あっと言う間に値段は二倍」と書いたため、騒ぎが大きくなり、騒動に発展した。

当時は第四次中東戦争という背景もあり、原油の高騰により紙が本当に無くなるかもしれないという不安心理から、各地で噂が飛び火し、行列が発生したため、マスコミにも大きく取り上げられた。高度経済成長で大量消費に慣れていた日本人が急に「物不足の恐怖」に直面したために起こったとも言われている。新聞の投書だとする説もある。

ただ、この当時、日本の紙生産は安定しており、実際には生産量自体は同流言飛語が全国的に広まるまで、ほとんど変わっておらず、パニックが発生した後はむしろ生産量増加も行っていた模様である。』



大事件や大災害が起こると、どうしても人々は噂や流言飛語に翻弄されて、一大パニックに陥ったりすることが多いものです。

そうしたことを懸念してのことでしょうか、先頃、経済産業省がトイレットペーパーの備蓄を推奨する呼びかけをしました。コレに関しては下記のように報じられていました。


「9月1日の防災の日に合わせて、普段からのトイレットペーパーの備蓄を経済産業省が呼び掛けています。経済産業省本館1階で、9月1日~5日まで、トイレットペーパー備蓄を推奨するパネル展示も実施するとのこと。

備蓄を勧める理由は、大規模災害でトイレが不足する原因の1つに「トイレットペーパーの供給不足」があるからだそうです。

東日本大震災では、店頭から食品とともにトイレットペーパーもなくなるなど、被災地のみならず全国的にトイレットペーパー不足が発生しました。

さらに現在のトイレットペーパーの国内生産は約4割が静岡県で行われています。万が一東海地震などで静岡県が被災すると、トイレットペーパーが全国的に深刻な供給不足となるおそれがあるとのこと。

日本家庭紙工業会では「トイレットペーパー供給継続計画」を策定し、災害時にメーカーがトイレットペーパーの増産を行うことになっていますが、それでも1カ月程度の混乱が予想されるそうです。

そのため経産省は、日常用とは別に1カ月分ほどのトイレットペーパーを普段から家庭で備蓄するようおすすめしています。また備蓄用には、芯なし・長巻の省スペースで収納できるものを提案。

パネル展示では、推奨の備蓄用トイレットペーパーの実物を展示したり、日本家庭紙工業会やNPO法人緊急災害備蓄推進協議会の取り組みをパネルで紹介したりする予定です。 」



まことにご親切なことではあります。が、何となく素直には受け取れない面があることも否めません。何で政府がわざわざ音頭を取ってこんなことをするのか、が疑問です。

まさか、静岡県の製紙会社を儲けさせるつもりではないでしょうから、他に思惑があるのかも知れません。最近、盛んに東南海地震が起きるとか富士山が噴火するとかの情報が頻発していますので、それとの関連があるのでしょうか・・・?

もしかしたら、政府筋は近々、東海地方に大災害が起きることを承知しているのでしょうか。もしそうなら、それは自然災害ではなく、巷間囁かれている人工地震人工的な火山噴火が仕組まれている、と勘ぐられても不思議ではありません。



まあ、こうした見解は陳腐に思われる人々も多いことでしょうが、現実に何が起こっても不思議ではない事態に至っていることは確かです。

とは言え、こうしたことを心配したりすることは良くありません。それよりも、もう二度と大災害は起きない、という強い信念を持って、日々を楽しく明るく過ごすことが一番大切なことです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/579-611c15d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。