豆乳は身体にいいのか?

ここでは、「豆乳は身体にいいのか?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



最近は、人々の健康志向の高まりの所為でしょうか、豆乳を飲料として飲む方が増えているようです。特に、飲料メーカーが積極的に豆乳製品を売り出すようになってから、その傾向が強まっているようです。

私は豆乳を生で飲むことは、何となく身体が冷える気がして殆んど飲んでいません。唯、乳酸菌飲料(「よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】」)を使って、豆乳ヨーグルトを作って、それを食したりしています。



さて、豆乳は大豆を水に浸してすりつぶし、加熱してから絞ったものです。要するに、豆腐を作る工程にある液体に過ぎませんので、それを日常的に常飲するようなものではありませんでした。

1970年頃、豆乳が正式に商品化され、80年代前半には一時的に豆乳ブームが起こりましたが、まだ豆乳独特の青臭い味が残っており、なかなか普及しませんでした。

その後、飲料メーカーが糖類や乳化剤、安定剤、カラギナン(糊)などの添加物を入れることで飲みやすくした「調整豆乳」や、バナナ味やイチゴ味など様々な風味の「豆乳飲料」を製造販売するようになり、豆乳は親しみやすい飲料となってきました。



このように、豆乳を飲みやすく、一般人に受け入れられやすくするために、飲料メーカーが不要な糖分や添加物を加え、日本人の豆乳消費を推し進めてきたのです。

しかし調整豆乳を飲んでいても、たんぱく質は豆腐の二分の一しかないので、豆腐を食べていた方が効率的であるばかりでなく、体内に不要な砂糖や添加物の摂取量が増えますから、健康促進にはつながらないものだと言えます。

さて、大豆やその他の豆は「アンチニュートリエント」というファイトケミカル(野菜や果物などの植物が持つ化学成分)が含まれているそうで、この「アンチニュートリエント」は反栄養素と言われています。



反栄養素というのは、代表的なものはフィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)といったもので、タンパク質の消化と吸収を阻害して、亜鉛や、カルシウム、マグネシウム、鉄といった必要なミネラルの吸収も邪魔してしまう働きがあるそうです。

この「栄養素」を大豆は、他の豆類よりもかなり多く持っていると言われています。唯、アンチニュートリエントは、水に浸けることによって、浸けた水に移るので、大豆は特に、数日かかって、水を換えながら水に浸す必要があるわけです。

ですが、豆乳は、先程も言いましたが、大豆を浸けた、水ごと絞っています。水に浸けた豆汁自体が豆乳ですから、「アンチニュートリエント(反栄養素)」をたっぷり含んだままの液体だというわけです。



このように、豆乳の悪い点は、調整豆乳豆乳飲料に問題があるわけですから、豆乳を一切断たなければならないというわけではなく、「豆乳信者」のように、豆乳を毎日がぶ飲みをしなければいいだけです。

無調整豆乳であれば、料理の際に少量使ったり、嗜好品と考えて、たまに飲んだりする程度であれば問題はありません。

まあ、大豆には「アンチニュートリエント(反栄養素)」を沢山含んでいるわけですから、豆乳(特に調整豆乳など)として飲むのではなく、より栄養価も高く、大豆のいいところどりをした発酵食品を摂ればいいわけです。



昔の日本人は、こうした大豆の特徴をよく理解しており、より良く大豆を利用スつために大豆発酵食品を色々と製造してきたわけです。

今でも私たちの日常の食生活に欠かせない、味噌、醤油、納豆などを始め、インドネシアの発酵食品である「テンペ」なども市販されています。こうしたものを積極的に摂ることが大切です。



ところで、どうしても豆乳を利用したい方は、是非、乳酸菌を使った「豆乳ヨーグルト」をご自分で作って食されるといいと思います。

腸内の乳酸菌を増やし、免疫力を強化するのに最適です。作り方に付いては下記の内容を参考にして下さい。(「乳酸菌普及協会」の記事から引用)



『一昨日の夕方5時頃、調整豆乳の200mlパックを準備し、常温で置いておいたものに、中身を20cc抜き取って、白龍を20cc注入してみました。

100円ショップで買ってきた、化粧品用スポイド使って行いました。



これで、ストローを刺す口から針を刺して、中身を20cc抜き取り、その後このスポイドで、『よもぎ乳酸菌液:蓬龍宝「白龍」』を20cc注入しました。

そうしたら、針の穴をセロハンテープで塞ぎ、よく振り混ぜます。

そうしたものを、翌朝の5時までの間の12時間、冷蔵庫の上の暖かい場所に置いておきました。

朝の5時では、今朝は15℃という外気温のせいか、まだ固まった様子が伺えなかったので、会社に持ち込み事務所に置いておきました。

午後になって見てみたら、パックがだいぶ膨張してきていました。

そこで開封してみてみたら、見事に豆乳ヨーグルトになっていました。それがこの写真です。

tonyu.jpg

今までは、調整豆乳ではできなかった豆乳ヨーグルトが、白龍を使えば誰でも簡単にできるということは、画期的なことだと思っています。

当然調整豆乳ですから、味は調整されていますから美味しいです。

豆乳ヨーグルトになれば、乳酸菌が10倍以上になって、1gに何億個もの乳酸菌が摂取できるということで、だいぶ愛用者が増えてきています。

しかし無調整豆乳を探さなければならない事や固まったり固まらなっかたりと出来上がり状態が安定性にかけていたのが現実だったと思います。

それに数種類の材料が必要だった事も結構面倒な要素であったと思っています。

私自身もご多分に漏れず、実際のところ本当に初期の時しか豆乳ヨーグルトを作っていませんでした。(恥ずかしながら・・・)

いつからか、もっと手軽に即席でできる乳酸菌入り豆乳スムージーにして摂取していました。

でも今回の「白龍」の登場で、豆乳の種類を選ばなくても、糖分やミネラル入りの塩を用意しなくとも、誰でも簡単に豆乳ヨーグルトを造って摂取することができるようになりました。

3日分くらい一緒に作って、ちょうど良い発酵状態の時に冷蔵庫に移しておけばいつでも豆乳ヨーグルトをいただくことが出来るわけです。

そうすれば、1週間位2回くらい作っておくことで、毎日楽しめますよね。

ただ豆乳に「白龍」を10%混ぜるだけで出来ますので、是非ご自分で作って確認してください。』



よもぎ乳酸菌液:蓬龍宝「白龍」



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/576-39e52454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。