ハチミツから、抗生物質の効かない耐性菌に有効な乳酸菌が発見

ここでは、「ハチミツから、抗生物質の効かない耐性菌に有効な乳酸菌が発見」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

hachimitu.jpg

あなたは蜂蜜がお好きですか。最近は健康志向の高まりなどもあって、蜂蜜を利用する方が増えているようです。しかし、大概はまがい物の蜂蜜や外国産の物を購入している方が多いようです。

よく知られているように、スーパーなどで売られている安価な蜂蜜の殆んどが純粋のものではなく、水飴などでごまかしたものです。

また外国産の輸入品は、幾ら純粋な物であっても、船で運ばれてくる内にその成分は劣化しているそうですから、高額な輸入品であっても、本来の蜂蜜の効能は期待できないようです。



ところで蜂蜜と言っても、その多くは西洋ミツバチによって作られた物だそうで、国産のニホンミツバチによる蜂蜜はごく僅かしか生産されていないようです。

このニホンミツバチの造った純蜜は、「百花蜜」と呼ばれ、非常に希少な純国産蜂蜜だそうです。残念ながら、私はこれまで、こうした貴重な蜂蜜を口に入れたことはありません。

この「百花蜜」について、「四国日本みつばちの会」の記事では下記のように語られています。


ーー引用はここからーー

イギリスでは、晩年は、養蜂などに精を出すのが理想の人生だ! といわれています。

あの「シャーロックホームズ」も晩年は養蜂家になったといいますが、現在、ヨーロッパでは家庭単位での養蜂が大変注目され大ブーム!。

近年、日本でも静かなに広がりをみせ始めているのではないかと思われますが、中でも『ニホンミツバチ』は、非常に注目されているようです。

百花蜜とは、ニホンミツバチの造った純蜜のこと。

一般的なミツバチ⇒セイヨウミツバチのハチミツとは種が異なり、体長は一回り小さな、日本国内の山奥に生息する日本の固有(野生種)の ミツバチによって作られる、非常に希少な純国産/ハチミツの名称です。


日本固有(トウヨウミツバチ:亜種 Apis cerana japonica Rad)

野生種の『ニホンミツバチ』から採取するハチミツ(通称:百花蜜)は、1~2年に掛けて1度程度しか収穫することの出来ない貴重なハチミツです。

採蜜までの期間を通し、地域特有の様々な地生の花の蜜を溜める事により、濃厚で味わい深く。独特の風味豊かなハチミツになります。


百花蜜とは、様々な花蜜を集める特有の習性を表し古来より伝わる名称。1匹のみつばちが生涯かかって蓄える事のできる蜜量は、小さなティースプーンで1/3程度といわれます。

そうして造られるニホンミツバチ「百花蜜」の一箱あたりの収穫量は、セイヨウミツバチに比較すると、五分の一~十分の一程度と収穫量が少なく、また飼育が非常に困難な為、養蜂事業としては採算が合わない事もあり、その純蜜(百花蜜)は一般流通では殆ど販売されておらず(巷では幻の蜂蜜といわれる)非常に貴重なハチミツです。

因みに、国内に流通しているハチミツの90%余りは、中国産によって賄われています。(流通の殆どです)

残りの10%弱が、国内での収穫によるハチミツとなりますが、その殆どの収穫量は “セイヨウミツバチ” によるもので、ニホンミツバチのハチミツの流通量は、その中のホンの僅か!

国内流通は、全体から言うと、0.5%足らずではないだろうかと思われます。(言い換えれば、世の中の殆どの方は、この蜜を食べた事がないともいえますね)

そんなニホンミツバチの蜂蜜には「ローヤルゼリー・みつばち花粉」などが自然に含まれ、古来より『滋養蜜』として珍重され、その栄養価は世界一といわれます。

ーー引用はここまでーー



ところで、蜂蜜の効能について、大変貴重な情報がありましたので、下記に紹介いたします。内容は「カラパイア」の記事によるものです。


ーー引用はここからーー

近年、抗生物質が効かない耐性細菌による感染症が広がっている。中でも、肉を蝕むことで知られるA群連鎖球菌や、同じく肉組織を破壊するメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などの被害は深刻だ。

そんな中、見直されているのがハチミツだ。ハチミツは昔から感染症対策として使われてきたが、これまで考えられていた以上に高い効果を持っているかもしれない。

ハチの体内にある生のハチミツから、13種類もの乳酸菌が発見されたそうだ。この乳酸菌をメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)・緑膿菌・バンコマイシン耐性腸球菌など、既存の抗生物質に耐性を持つ細菌に使用したところ、全てに対して効果があることがわかったそうだ。

この乳酸菌を発見したのは、スウェーデン・ルンド大学の研究者らがおこなった実験では、耐性菌に侵され、過去に幾つもの抗生物質を使用したが完治されなかった局所的な傷を負った馬10頭使用された。

乳酸菌をハチミツに混ぜ、ペースト状にしたものを耐性菌に侵された馬の傷に塗ったところ、全ての馬の完治が確認されたという。13種の乳酸菌が作り出す活性物質の薬効範囲は極めて広いと見られている。




研究チームの一人、トバイアス・オロフッソン博士は「従来の抗生物質のほとんどは、狭い範囲にのみ効果がある、一活性物質だった。

今回13種の生きた乳酸菌を使用した事で、病原体に対して適切な種類の抗菌性化合物を生み出しながら、広範囲の効果を得ることができたのだろう。

昔から我々は、自然界がもたらしてくれたこの治療薬の恩恵を受けていた。だが近年、スーパーなどで販売されているハチミツの多くは処理がされている為、生きている乳酸菌が含まれていないのが現状だ。」と説明している。

この研究は、新鮮な生のハチミツが手に入りやすい発展途上国の人々に有用な情報をもたらした。また、耐性菌が増えている先進諸国に新たな治療薬の可能性を見出してくれるかもしれない。

研究チームは今後更なる研究をつづけ、乳酸菌の幅広い使用方法を模索するという。また、ヒトを使った臨床実験の準備をする事を予定している。 (原典はこちら

ーー引用はここまでーー



この他、蜂蜜の一般的な効能に付いては下記のようなことが言われています。

1.強力な殺菌効果
2.擦り傷や火傷の治療に効果的
3.口内炎の治療に効果的
4.二日酔いの予防と解消に効果的
5.ノドの調子に効果的
6.不眠症に効果的
7.便秘に効果的
8.下痢の解消や防止に効果的
9.動脈硬化を防ぐ
10.疲労回復に効果的




徳島県の「とくしま特選ブランド」認定品!「海部の蜂蜜」は、今では希少な「(野生)日本ミツバチ」が自然一杯の徳島県海部郡の野山を自由に飛び回って、様々な花から集めてきた蜂蜜です。採取した天然蜂蜜の中、糖度76%以上の蜜に限定していますので、濃厚でまろやかな味と豊富な栄養分が含まれています。野生の「日本ミツバチ」が1年かけて集めてきた熟成した蜂蜜を遠心分離機を使わず、時間と手間暇をかけて採蜜するので、ローヤルゼリーや花粉が含まれています。また、酵素、ビタミン、ミネラルなどの成分が生きたまま入っています。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/565-f00077c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。