依存症に陥る人々

ここでは、「依存症に陥る人々」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



近年、日本では、危険ドラッグなどが蔓延して、それが元で依存症に罹っている人々が急増しています。それが高じると、今度は本格的な薬物に手を出し、薬物依存症に侵される人も増えています。

こればかりではなく、以前から依存症として大きな問題になっているのが、ギャンブル依存症アルコール依存症があります。その上、パソコンやスマホなどのIT依存症が急増しています。

こうした依存症の実態について、「毎日新聞」では下記のような記事をネット上に載せています。



ーー引用はここからーー

成人の依存症について調べている厚生労働省の研究班(研究代表者=樋口進・久里浜医療センター院長)は20日、パチンコや競馬などギャンブル依存の人が成人人口の4.8%に当たる536万人に上るとの推計を初めて発表した。

インターネットから離れられないIT依存の傾向がある成人は421万人となり、5年前から約1.5倍に増えた。また、アルコール依存症の人は初めて100万人を超えて109万人に達し、女性は2008年の8万人から14万人に急増した。

研究班は昨年7月、成人約4000人に面接調査を実施した。その結果、ギャンブルについては、国際的に使われる指標で「病的ギャンブラー」(依存症)に当たる人が男性の8.7%、女性の1.8%だった。海外の同様の調査では、米国(02年)1.58%▽香港(01年)1.8%▽韓国(06年)0.8%--などで、日本は際立って高い。

ギャンブル依存は、秋の臨時国会で本格審議されるIR推進法案(カジノ法案)が成立した場合の患者増を心配する声もある。研究班の尾崎米厚(よねあつ)・鳥取大教授(環境予防医学)は「パチンコなど身近なギャンブルが、全国どこにでもあることが海外より率が高い原因ではないか」と分析する。

IT依存は、国際指標で「問題使用者」に当たる人が男性の4.5%、女性の3.5%に上った。若いほど高く、20~24歳は男性の約19%、女性の約15%が該当した。スマホの普及が影響しているとみられる。

一方、飲酒は「1年間で1度でも飲んだ」という男性は約84%、女性は約63%で、10年前と比べて女性が横ばい、男性は約3ポイント下がった。だが、アルコール依存症の推計数は03年の83万人から増えた。樋口院長は依存症対策について、「啓発と学校などでの予防教育、治療や社会復帰のシステム作りが必要だ」と話した。
ーー引用はここまでーー



尚、アルコール依存症については、女性の罹患者が急増しているようです。それに関して、「Yahooニュース」では下記のように報じています。




ーー引用はここからーー

全国で推計100万人を突破したアルコール依存症患者。中でも女性患者の急増は深刻だ。背景には、女性の社会進出や、子育てや介護に追われて支援を受けにくい家庭環境に加え、女性の消費拡大を狙う飲食店やメーカーの競争があるとされる。専門家は「飲酒の問題を個人の責任にせず、社会全体で支えることが必要だ」と訴える。

依存症の女性を対象にした関東地方の自立訓練施設で生活支援員として働く女性(51)は、かつて自身も飲酒の問題を抱えていた。23歳で長男を産むと、育児不安などで昼間から酒に手が伸びるように。

間もなく夫と始めた自営業も忙しく、酒量が増えた。夜になると家事の前に「ガソリンを入れるように」焼酎を一気飲みした。手が震えて家事を満足にできなくなり、3人目を出産後、夫から離婚を告げられた。

「孤独感から酒に走り、周囲に迷惑をかけては孤立を深めた」と、当時の悪循環を振り返る。17年前、地域で当事者が経験を語り合う自助グループ「AA(アルコホーリクス・アノニマス)」(窓口03・3590・5377)に参加、ようやく自分を見つめ直すことができ、飲酒への欲求も消えた。

飲酒の相談に来る女性たちは、アルコールやうつ病、摂食障害など、複数の問題が絡み合うケースが多くなっている。女性が依存症になると、性被害やDV(家庭内暴力)などに巻き込まれる危険性も高まるが、対応できる窓口は不足気味だ。

依存症に気付かなかったり、認めたがらなかったりする女性も多い。東京都の元高校教諭(70)は、同僚と未明まで深酒しても「時代の先端にいる自立した女性」と自身をイメージし、対人関係に支障が出ても問題を直視しなかった。47歳で心身の不調が限界に来て退職したが、原因ははっきりせず、アルコール依存を自覚したのは15年後だったという。

飲酒する男性の割合は1980年代に9割に達した後、最近は約8割で推移しており、女性が新たな消費拡大のターゲットになっている。家庭内の飲酒が表面化しにくい側面もある。一方、6月には依存症の治療や防止に国の責務を明記した「アルコール健康障害対策基本法」が施行された。

NPO法人「アルコール薬物問題全国市民協会」の今成知美代表は「体格が小さい女性は男性よりアルコールの分解が遅く、依存症になりやすい。医療や行政は、女性特有の問題にも配慮した治療や相談体制を作るべきだ」と指摘する。

ーー引用はここまでーー



薬物依存症もそうですが、アルコール依存症も完治は難しいようです。例え、何年間も断酒ができていても、或る日、ちょっと一口だけアルコールを口にしただけで、再び依存症がぶり返すそうですから、なかなか大変なことです。

以前から、家庭の主婦がご主人に内緒で日中から台所などで飲酒する習慣のことを、キッチンドランカーなどと称していました。

最近では、女税の社会進出が当たり前になり、飲酒の機会が増えていますので、以前よりも更にアルコール依存症に罹る女性が増えているのでしょう。



私は殆んどアルコールを口にしません。というよりも、飲酒すると直ぐに酔ってしまいます。少々、酔って気分がよくなるのは好きですが、どうもその後が良くないんです。

人相手の仕事をしていますので、飲酒によって翌日にも影響があるようでは困りますので、どうしても飲酒は控えてしまいます。

でも、適量の飲酒は心身をリラックスする効果もありますから、飲酒そのものを否定するつもりはありません。逆に、飲んでも平気な人をみると羨ましくもなったりします。



唯、残念なことにアルコール依存症になる人達は、アルコール類そのものが好きと言うよりも、自分の鬱積感情などを発散するために飲酒する人が多いのではないでしょうか。

俗に酒は「百薬の長」などと言われていますが、何事も過ぎたるは及ばざるが如しで、過度の飲酒は身を滅ぼす元であることを普段から自覚しておく必要があります。

尚、アルコール依存症の他にも、タバコ依存症の方も多いのではないでしょうか。こちらも完全に完治する方法は無さそうです。幾ら長い間、禁煙できていても、一度、タバコを一服した途端に、依存症に戻ってしまうからです。

こうしてみますと、どの依存症も、一度罹ってしまうと抜け出すことが困難ですから、それらを過度に利用しないように心掛けるしかありません。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/549-26b02052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。