霊界が本当の世界なのか?

ここでは、「霊界が本当の世界なのか?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



先日、フェイスブックの記事で、「高級靈の語る不変の眞理 [完全版] ~様々な疑問に対して~」と題した内容のものが目につきました。

インターネット上の、特にスピリチュアル系のサイトなどを見ますと、こうした「高級霊が語る・・・」などと題した記事を目にすることが度々あります。

ご自分で記事を書いたり、他から引用されていたりするケースが大半ですが、残念ながら「高級霊」とは何か、どういう存在なのかなどについて納得のいく説明がされていない場合が多いように見えます。



上記のフェイスブックの記事にしても、ご本人が高級霊と言われる存在と対話されたのか、どこか他のところから引用されたのかが明記されていません。

また、どうして、このような対話形式の問答がなされたのかの理由なども明記されていません。従って、内容について、あれこれ申し上げることは差し控えた方がいいのですが、一部、納得できるところと、そうでない内容がありましたので、そのことを少々述べて見たいと思います。

先ずは、下記の二点の内容については、成程と肯定できるものだと思います。



いまのスピリチュアルをどう思いますか?

すべてではないにしても、大半は間違えである。心靈能力と靈的能力は厳密には違う。オーラが視えたり靈が視えるからといって、靈的に優れているかと問われたらNOである。スピリチュアリズムを正しく理解しているか否かは実践である。行為を間違えている者が多いために靈的眞理が誤解されることがよくあるが、眞のスピリチュアルとはただただ人のために奉仕する利他の心の実践である。心靈能力があるからといって立派なわけではない。それがなくても靈的眞理に沿って生きている素晴らしい人々は沢山いる。それが本当のスピリチュアルであり、神の摂理である。 


動物問題をどう思いますか?

動物は神の創造物であり、人間に生殺与奪の権利はない。人間は動物より優れた靈性を持つ責任として、神が人間を神意(あい)するのと一緒で人間は動物たちを神意(あい)する義務がある。それを自分たちが霊長類の王だからと無造作に実験して苦しめたり、家畜と分類して食糧にするなど間違いである。それは神の定めた自然摂理の法を根本的に犯した行為であり、その問題は人類の靈性の低さを物語る蛮行である。動物たちにも理性も感情もあり、悲鳴をあげている。その摂理違反は人類にすべて跳ね返って様々な問題に繋がっている。せめて、氣づいた者から動物たちへの蛮行をやめるべきである。それが本当の神意(あい)である。



冒頭でも申し上げましたが、ネット上ではスピリチュアル系のサイトが五万とあります。それらの多くは、さもさも真理を語っているかの如く装っていますが、大半は眉唾ものの内容が多いように見えます。

要するに、上記の回答にあるように、霊能力と超能力の違いをわきまえていない場合が殆んどです。幾ら、霊が見えたり、オーラが見えたり、前世が見えたり、霊能力があると言っても、それらは本来の超能力とは本質的に違います。

日本のスピリチュアル系のサイトで紹介されている内容は海外からの内容を翻訳したようなものや、海外のチャネラーと称する人々が高い次元からメッセージを受けたと称するものを、そのまま検証もせずに紹介したものなどが氾濫しています。



例えば、アセンションという言葉にしても、地球が5次元の世界に生まれ変わるということを信じきっている方が多いようですが、一体、その次元について本当にご自分で理解されていのか疑問に思えるような方が多く見られます。

何となく、この世の3次元よりも、4次元、5次元の方が次元が高いから素晴らしいと単純に考えているのではないかと思います。

その前に、霊界のことや生まれ変わりのことなどに関しても、正しく理解されているのかどうかハッキリしていない方も多いように見えます。



さて次に、動物に関する回答も、その通りだと思います。残念ながら、人類は未だに「肉食の非」を理解するに至っていません。

他の動物や家畜を殺して、それを食することが当たり前のように行われています。そのような蛮行を続けながら、一方では戦争は嫌だとか、世界が平和になるように願ったりしています。

しかし、人類が他の動物や家畜を殺して、彼らに想像を絶する苦衷を与えて世を乱しておきながら、自分達だけは平和になりたいと願うことは、全く宇宙の法則に反することです。



世間では、野生の動物達を見て、彼らの世界は「弱肉強食」だと言っていますが、どっこい、弱肉強食なのは人間の世界です。動物の様子は人間界の反映に過ぎません。

今仮に、人類が一斉に肉食を止めたとしますと、一瞬にして野生動物の世界でも、互いに相食む姿は見られなくなります。また、毒蛇や猛獣の姿も消えてなくなります。

人類が肉食を続けている限り、世界中の紛争・闘争・戦争は無くなることはないでしょう。「他を侵す者は侵されん」ということを理解することです。



ところで、下記の回答は大いに問題があります。人々に間違った意識を植え付けてしまう恐れもあります。


死に対してどう思いますか?

喜ぶべきことである。ようやく肉体という鎖から解放され、苦しみの世界から眞の世界へと足を踏み入れたのだからおめでたいことである。靈性修行のためには地上世界を懸命に生きることも必要だが、あくまで霊界での生活のために必要であり、霊界が本当の世界である。悲しむという行為は、間違いなく無知からなる行為であり、本当はお祝いしてあげるべきである。地上世界は死を終わりと考える無知なる者が多すぎるのも、靈的眞理が行き渡っていない証拠である。正しい靈的知識があれば、死は極端に恐れるものではない。


この中の「靈性修行のためには地上世界を懸命に生きることも必要だが、あくまで霊界での生活のために必要であり、霊界が本当の世界である。」という表現は、全く受け入れられません。

何故なら、この不良星界の地球の霊界というのは、この地上の3次元世界と相対的に存在する魂の修行の場に過ぎないからです。

霊界は目に見えない世界、4次元だから、そちらの方が高い所だと錯覚している回答としか思えません。本来の霊界というのは、この3次元の肉体世界から移行して、次に肉体を持って生まれ直すまでの憩いの場所でした。

しかし、地球のような不良星では何時の間にか、地上でのその者の意識に応じて行くべき場所となってしまい、明るい所から、地獄(実際に地獄があるわけではありません)のような暗い所まで色々な階層ができてしまいました。



巷の宗教の中にも、この地上は仮の住いであって、、霊界こそ永遠の人類の住処(すみか)などと教えているところもありますし、一方、唯物主義者と称せらるる霊魂否定者達は、この地上こそ存在の全てだ、と考えています。

また上記のように、霊界を実在だとするものもいますが、そのいずれもが間違っています。先程も言いましたように、この地上と霊界は、私たちが魂を磨いて行く上で共に必要な修行の場です。霊界が上で、本当の世界だなどということはありません。

とにかく、上記の回答のような内容を真に受けないことが大切です。ネット上のスピリチュアル系のサイトや、巷に氾濫するスピリチュアルに関する書籍などにしても、いいことが書いてあると、簡単に鵜呑みにしたり、信じたりすることは避けるべきです。

どんな内容でも、自分の頭でよく考えて、冷静に判断する必要があります。例え99%正しいことを言っているようでも、残りの1%に真理に反することがあるとすると、そちらに影響されることが多々ありますので、何事も是々非々で対応することが大切です。



尚、こうしたスピリチュアル系の内容で問答形式で書かれているものとして、先頃『魂の法則』を紹介しました。こうした内容も決して鵜呑みにすることなく、自分で冷静に判断して、参考になるところは実践して行くという姿勢が必要だと考えます。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/547-a0a8ca11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。